挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結】魔王が勇者に恋をした 作者:ただみかえで
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/9

第4章 魔王と勇者

1.時の回廊 Side???
魔王。
あれが魔王だとは、とても認められない。
和平、だと?
人間と共存?
全くもって意味がわからない。
なぜ、あんな脆弱なアホどもと馴れ合わなければいけないのか。
あのような下等な生き物など、我々と共に生きる資格などない。
魔族と違って無駄に増えるから、労働力としてなら使えないこともないが。
とはいえ、すぐに壊れてしまうから、結局はあまり役に立たないが。
…ふむ、そう考えると、なぜあんな生き物がいるのだ?
なぜ、あんな生き物が我が物顔で世界中に広がっているのだ?
滅んだ所でなんの問題もないだろう。

「お前の思想は危険だ!
 我ら魔族は闘争の歴史の上にあるが、その結果が今だ。
 もう、千年新しい魔族が生まれていない。
 これでは、滅びに向かうだけだ!」
「はっ?何をヌルいこと言ってやがる。
 俺らは数千年を生きる。千年生まれなかったから何が問題なのだ?
 滅び?そんなものは起こらん。どうしても起こるというなら…
 そうだな、俺が滅ぼしてやろうか?」
「…やはり、お前は危険すぎる」
「てめぇが無能なんだよ」

魔王と俺とでは、どう考えても俺のほうが力は上だった。
タイマンで負けるなど、考えられないほど実力差があったはずだ。
だが。
俺は負けた。
なぜだ。

――そして、俺は時の回廊に封じられたのだった。



あれから…いったいどれだけの時が過ぎただろうか。
今にして考えても、なぜあの時”私”が負けたのか理解できない。
だが、恐らく、私には何かが足りなかったのだろう。
力こそ全て、ではなかったということだ。

策略、か。

最も縁遠いと思っていたものだが、必要なものなのかもしれない。
ふむ、少し、頭を使ってみるとするか…。
なにぶん、時間だけはいくらでもあるからな。

さらに、1000年は経っただろうか。
気がつくと、私を封じた魔王は、先代魔王になっていた。
現魔王は…おおい、これは信じがたいが。
あの甘ちゃんマグラニスト、だと??
滅びに向かっている、というが、自ら滅びようとしているようにしか見えないな。
やれやれだ。

さて。
十分に時間は費やした。
なるほど、確かに”力”だけではないのは間違いなさそうだ。
それに、この時の回廊も、仕組みがわかればいくらでも抜け穴がある。
少し、試してみるか…。

2.勇者装備 SideY
「困る、って何がよ?」
唐突に神を名乗る者の声が聞こえることには全く動じず、ユリンは中空に向けて言葉を返す。
「何が、っていってもさ。
 ユリン…さんは、勇者なんだから、ちゃんと魔王を倒さなきゃ」
「そんなの、倒さなくても解決するなら、それでいいじゃない。
 マグ兄は私と争う気はないみたいだし、私だっても戦うつもりはないし」
「ん~~、だからさ~。それだと困るんだよね~」
ユリンの返答に、自称神が本当に困ったように返す。
しかし、困る、というだけで、全く要領を得ない。
「だからー、何が困るのよ。誰も困らないじゃん」
煮え切らない声にイライラが募る。
「ふーー」
大きく息を吐き、体を起こすユリン。
そんなことより他に考えなければいけないことが一杯あるのだ。
よくわからない自称神の事情になんて付き合っていられない。
「だから!なんなの!?はっきり言ってよ!」

「んーっとさ。そもそも、どうしてユリンさんは魔王の言ったことを頭から信じてるの?一目惚れ、だっけ?どう考えても胡散臭いじゃん?」
少しの間を置き、自称神が続ける。
説得にかかっているような声音だ。
「どうもこうも。
 少なくとも、何かの罠だとしたら、わざわざあんな力を封印した姿でなんて出てこないでしょ?」
そう。あの瞬間であれば、ちょっとユリンがその気になれば、いくらでも魔王を倒すことができた。
だからこそ、あの姿を見せたということが、信用に値する、と思ったのだ。
「それがさー、向こうの作戦なんじゃないの?
 ユリンはお人好しだから、ああしたら信じると思ったんでしょ?」
「…ユリン、さん、ね?」
「あ、はい、ごめんなさい」
それはそれで一理ある話。
だが、余りにも危険だし、そうまでして信用させる意味がわからない。
最初に対峙した瞬間、レベルアップしてなお大きな力の差に死を覚悟したほどなのだ。
何のトクがあって、あんな回りくどいことをする意味がある。
さっさと殺してしまえばいいだけなのに。
「あ、その顔は、そうまでして信用させる意味がない、って思ってる顔だね?」
「…そうだけど、そう指摘されるとなんだかムカつく」
「ユリンさん…そこまでボクのこと嫌い?」
上目遣いで目をキラキラさせながら…といった姿が浮かぶような猫撫で声。
「え?知らなかった?」
「……き、聞こえなかったことにしていい?」
「ご自由にどうぞ?」
「…うん、そうする」
気まずい(と思っているのは自称神だけだが)沈黙がしばし。
「えっと、それで。なんで、そんな回りくどいことをするか、っていうと。
 勇者にしか魔王が倒せないから、だと思うんだよね」
「…えっと、それこそ、私を殺せばいいだけじゃない?バカなの?」
「うぐ、バカって…ボク、負けない!」
自称神は、今回は健気なショタキャラでいくつもりだろうか。
「いや、そうじゃなくて。勇者を魔王が倒すと、また新しい勇者が出て来るじゃない?」
「あんたのせいでね?」
「そ、そうだけど…。
 と、とにかく。魔王はそれがうっとおしくなったんじゃないかな、ってこと。勇者を取り込んでしまえば、新しい勇者は生まれないし、煩わされることもなくなる、って」
「…………なるほど」
確かに筋は通っている。
勇者システムを壊せない以上、止めてしまうしかない、と考えるのは間違ってはいない、だろう。
でも……

「ねえ、ユリン…さん?
 信じられないと思うけど、恐らく間違いないと思うんだ。
 念のため、全部集めた勇者装備、準備しておいた方がいいと思うよ?」
「勇者装備を?」
「きっとこの後魔王の使いがやってくるはずだ。
 うまいこと言いくるめてユリンさんを封印してしまおう、とね。
 26の勇者装備はね、魔王のもつ力を全て無効化することができるんだよ。だから、そうなった場合に封印から逃れることができるんだよ」
「…いや、そんなこと…ありえない……」
自称神の声に、ユリンの心は揺れていた。
自分の目でみたマグ兄は、確かにあの時のままだった。
でも。
好きか嫌いかといった恋愛心理には疎いから、そういった話を急にされて正しく見れなくなっていた、と言われたら否定もできない。
「まぁ、念のためだよ。身につけなくても、すぐに手の届く所に置いておいて損はないと思うんだ」
「う、うん。そうだね。念のため、ね、念のため」
鎧や武器といったものを部屋でくつろいでいる時に身につけているのは不自然だが、指輪などのアクセサリーや、インナー類などは身につけておいてもいいかもしれない。

自称神の言葉に、疑心暗鬼を募らせていくユリン。
それでも、マグ兄を、自分の心を信じたい、そう思っていたが…

コンコン

「ユリンさん?少しよろしいでしょうか?」
扉の外から、ラジー(魔王の側近)の声が聞こえて来たのだった。
「ほら、ユリンさん。ボクの言った通りだろ?」
3.勇者装備 SideM
魔王城内に突然現れた、本来あるはずのない気配。
(まさか、ありえない!)
だが、頭に浮かぶのはたったひとつの名前。
ありえない、が、このような魔力を持つものが他にいくらもいてはたまらない。
「ラジー!」
「はっ、心得ております!」
同じ気配を感じ、同じ考えに至った副官。
ただ、名前を呼ぶだけで全てが通じた。
やはり、ありえないことが起こっている、と。

「これは…まさか、ユリンの部屋か!」
「恐らく!」
言うや否や、魔王はユリンの部屋へかけていく。
追う副官は、すぐに魔王を追い抜く。
「魔王さま、お気持ちは察しますが、何が起こっているかわかりません。
 私が先に行きます!」
「だが…!」
「何か不足の事態が起こっていることは間違いありません。万が一の場合に、魔王さまが先行では、対応しきれないことだってあります。
 お願いですから!」
「……そう、だな。すまぬ。頭に血が登っていたようだ。
 冷静な副官がいてくれてよかった」
「ありがたきお言葉」
走る速度を緩めることなく、二人は駆けていく。

(この魔力…やはり、そうなのか)
ユリンの部屋の前まで来て、疑惑は確信に変わる。
間違いなく、ヤツの魔力だ。
ラジーを見ると、大きく頷く。
そして

コンコン

「ユリンさん?少しよろしいでしょうか?」
「…………」
返答はない。
「ユリンさん?もう、おやすみになっていましたでしょうか?」
再度声をかける。
「…………」

ギィ…

「…………ああ、ラジーさん?
 ………どうぞ」
長い沈黙のあと。
ゆっくりとドアが開く。
明らかに先程までのユリンとは違う雰囲気だった。
「ユリン…」
「ああ、魔王も一緒ですか…」
見た目に変わった所はない。
謁見の間で対峙した時のまま、鎧や武器なども全て身につけたままだ。
いや。
自室で『鎧や武器を身に着けたままでいる事自体』がおかしい!
そして、
「今、俺を『魔王』と呼んだ、な?
 ユリン、何があった?」
「…………」
顔をそらしたまま、再びの沈黙。
「やだなぁ、マグ兄。
 なんにもないよ?」
再び振り向いた時には、不自然な笑顔でそう答えるのであった。

「ラジー?」
「ええ、間違いない、というか、これは間違えようがありません」
ユリンから若干距離を置いたまま、対峙する二人。
魔力探知に長けたラジーが解析の結果を告げる。
間違いない、と。
「何がどうなってこういうことになったのかはわからんが。
 出てこい!シグラニストール!!貴様の仕業だな!?」
はるか数千年前。
先代魔王の統治時代に、時の回廊と呼ばれる異次元の牢獄へ幽閉された者がいた。
先代魔王の実の弟であるその者は、破壊王の名を冠していた。
全てのものを破壊しつくさんとする暴走っぷりに、封じられる事になった存在。
数千年の時をかけ、少しずつ力を削られ、最後には塵になり滅びるはずのもの。
「あらら、さーすがにここで力を使ったらバレちゃうねぇ」
自称神、を名乗る声が、魔王の呼びかけに答えた。
「隠れてないで姿を現せ!」
虚空から声がしたが、声だけで姿は見えず。
「いーやいや、なに言っちゃってんの?
 ボクは時の回廊に幽閉中なんだから、出てこれるわけないじゃん?
 それとも、出してくれるの?『マグ兄』」
あくまでもおちょくる態度を崩さない自称神、こと、破壊王。
「ならば、回廊ごと滅してくれる!!!」
そう言うと、魔王は虚空から巨大な両手剣バスタードソードを掴みだし、魔力の最も濃い空間へ向かって切り付け……

ガキィィィィィン!!!!!

次の瞬間。
ユリンによって、その斬撃は弾かれていた。
「おお、あぶないあぶない。
 ほらね、ユリンさん。言ったとおりだろう?
 倒すべき魔王なんだって、これでわかったろう?」
「…そう、ね。ここで倒しておかなければ、いけない…」
生気を失った眼で、だが、力強い構えで武器を握り直し、ユリンが立つ。
「くっ、おのれ!!」
「あっはっはっは。
 ユリンの身につけている26の勇者装備はね、全てボクの力が込めてあるんだよ。
 そして心には、キミへの疑心暗鬼を植え付けておいたからね。
 もうユリンは、ボクの操り人形(おもちゃ)さ!!」

レベルで言えば。
魔王マグラニストは150を超える。
レベル98となった勇者ユリンと比べても、単純な力比べであれば負ける要素がない。
だが、破壊王の力を込められた26の装備に身を包み、そもそもが反撃ができない状況に、魔王は疲労をつのらせていた。
もちろん、副官ラジーの援護もあったが、誤って攻撃がユリンに当たりそうになるたびに魔王がユリンをかばうため、回復などの単純なサポートしかできなくなっていた。
(ん??26の装備、と言ったか…?)
「ラジー、限界まで加速付与ブーストエンチャントをかけてくれ!」
「魔王さま?しかし、わざわざ加速せずとも対処しきれるかと…?」
「いや、受けきれない、というのではないのだ。
 少し考えがあってな」
「わかりました!」

多重加速付与マルチプルブーストエンチャント

ラジーのありったけの魔力を乗せたブーストに、魔王は次の瞬間。

音速を超えた。
4.ラブコメ展開は突然に
ゴオォッ!!!

魔王城内、ユリンのために用意されていた部屋は広い。
広い、のだが。

「そうは言っても、音速で動くには向かんな」
言う魔王は、奥の壁に肩から半分めり込んでいた。
「っと、後で直しておかねば」
瓦礫を払いながら、壁から抜け出しユリンに向き直る。
「いやいやいやいや、マグくんさ。
 音速で動いて、で、なに?いや、ほんと、キミ、何がしたいの??
 あ!わかったわかった!
 愛しのユリンちゃんに攻撃され続けて、おかしくなっちゃったんでしょ!
 あはははははは」
虚空から聞こえる声は、突然音速で壁に突っ込んだマグの行動についていけず、おかしくなったものと笑いを堪えられないようだった。
姿は見えないが、お腹を抱えて床を転がっている姿が容易に想像出来るほどだ。
「や……」
そんな中、魔王に注目を奪われていたユリンの口から、小さな声が漏れた。
「『や』???
 どうしたんだい?ユリン…さん?」
次の瞬間――

「きゃああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」

絹を裂くような悲鳴が響き渡ったのだった。

「え?え?いや、え?
 何が起こったの?ユリンさん???」
「こ、こっち見んなーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」
この際、本当に見てるかどうかなどは関係なく、ちょっとした声にもこの反応である。

ふぁさっ…

突如として叫び声をあげ、体を抱えるようにうずくまったユリンに対し、魔王が羽織っていたマントを上からかけた。
「あー、うん、ユリン、申し訳ない。他に手が浮かばなくてな。
 あ!俺は!見てないぞ!!!」
「うう…マグ兄の…えっち……」
そこには。
音速の衝撃波(ソニックブーム)により、鎧の下のインナーが全てビリビリに破け、裸鎧、というとてもマニアックな格好の上から魔王のマントをはおり、涙目で魔王を睨みつける勇者がいた……。



「そもそも、勇者装備というのは非常に特殊な作りでな。
 当の貴様もよく理解していないのか無視しているのかはわからんが。
 基本的に『魔力の乗っていない』攻撃に対しては、さほど強い耐久性を持っていない、と思われるフシがあってだな。
 賭けではあったが、うまく行ったようでよかった」
ユリンを後ろにかばって立ち、破壊王の魔力濃度の最も高い虚空をにらみながら魔王が話す。
「そ、そんなことが…」
「恐らく盲点なのだとは思うが。そもそも我ら魔族が勇者と戦う際に、攻撃に魔力が乗らない事はありえないからな。
 特に幽閉されて時間の長い貴様ではそういったことを思いもしなければ、試しもしていないだろう」
「…………」
虚空からは答えはない。

―――――

そもそも、魔王がそれに気づいたのも、ユリンと食事をしていた時のことだった。
「ユリン、非常に言いづらいんだがな。
 その、鎧下に着ているシャツの脇のところに穴が空いているぞ?」
そして、その下の下着が見えているぞ、と続けられなかった魔王は、糊塗恋愛ゴトにおいてはタダのヘタレだといえるだろう。
「あ、ほんとだ?
 なんだろ、普段の戦闘でどんだけ攻撃を受けても破けもしないのに。
 木の枝にでも引っ掛けたかな?」
「おいおい、ユリンよ。
 なぜ戦闘でダメージを受けないものが、木の枝ごときで穴が空くんだ?」
「うん、たしかにそうだね。変なのー」

―――――

そうして、魔王が目論んだ通り。
26の呪縛を破り、羞恥心、という強い心の力を伴うことで、ユリンは支配を免れることができたのだった。
「ま、これでダメなら、強引にキスでもしてやろうかと思っていたがな!」
「いたがな!じゃないよ!マグ兄!!!」
顔を真っ赤にしながらユリンは魔王を睨みつける。
「ふぅ……」
しかし、このままいつまでも蹲っていても始まらない。
ユリンは軽く息を吐くと、マントを掻き抱きながら、短い呪文を口走る。

巻き戻れ(リターン)

一陣の風と共にビリビリに破かれていたインナーは元に戻っていた。

「マグ兄、後で説教ね」
「な、なぜだ!?」
「だって…見たでしょ…?」
「み、見てない!!」
「ホントに~??」
「ほ、ほんとだ…」
「あ!目をそらした!あ~やし~~~」
「…いや、その、ほら。鎧でな?隠れてるだろ?
 だから…」
「見たくても見れなかった?」
「そうそ……はっ!!」
「へ~、見たかったんだ~~~」
「…そ、そりゃ惚れた女の裸ならみたいに決まってるではないか!」
「う…や、うん、そう正直に言われると照れるよ~…」
「ユリンが言えといったようなものだろう?」
「そ、そうだけど…。開き直るのずるいよー」
「ずるい、と言われてもだな」
「はぁ、そうだよねー、マグ兄だって男の子なんだよねー」
「お、男の子!?!?!?
 …ユリン、俺は、数千年生きてるぞ…?」
「えー?それでも男の子には違いないでしょー?」
「うぅむ、そういうものなのか」
「そういうものなのです」
そうして、二人はイチャイチャと…

「イチャイチャしてんじゃねーーーー!!!」
もちろん声の主は破壊王。
「なんなんだ、なんなんだこれは。
 いつからラブコメになった?
 『男の子なんだね~』じゃねええええええ!!」
ごもっとも。
離れた所でラジーも頷く。
「ああ、いたな、お前」
「はぁ、自称神、が黒幕だったなんてねぇ」
言いながら体制を整えたユリンは、改めて武器を構える。
「ほんとうだな。
 今更になってこの男の名前が出て来るとは思わなかったぞ。
 どおりで色々穴が多かったわけだ」
同時に、魔王も両手剣バスタードソードを構え直す。
「あーーもーーーーー!」
その光景に、破壊王のイライラは限界を突破。
魔力反応が膨れ上がったかと思えば、

カッ!!!!

まばゆい光と共に、ついに破壊王が現界していた。
「ふぅ…あまりの怒りで、時の回廊から出てしまったではないか。
 もう少し力が回復してから、と思っていたのだが。
 ま、正体もバレていたことだし構わんか」
身長は2mをゆうに超え、4本の腕にはそれぞれ異なる武器を持っていた。
回復が足りない、と言う割には魔力量も底が知れず、対峙しているだけでものすごい圧力であった。
「なるほど、破壊王の名は伊達ではないということか」

バタバタバタバタ

「ユリン!何があった!?」
「こん魔力はどういうことや?」
「ユリン~生きてる~?」
その魔力反応に、部屋で休んでいた仲間たちも駆けつける。
「みんな!」
「ラジ―!お前も加われ!!!」
「はっ!」

勇者・魔王連合軍vs破壊王の最終決戦が始まる――

5.神殺し
「マグ兄!!」
「ああ、ユリン!!!」

『これで決めるぞ!!!!』

「おのれおのれおのれおのれおのれええええええええ」
ドゴアアアアアアアア!!!!!!

大規模な爆発と共に、ついに破壊王は滅び去った。
決戦開始より、3日。
半分以上を瓦礫の山となった魔王城を背に、勇者と魔王は互いに顔を見合わせる。

「ふーーーーー。や~っと終わった…」
「ああ、なんとか、終わったな」
「マグ兄の部下の人たちが来てくれなかったら危なかったねー」
「そうだな。ユリンを迎え入れるために、一旦城から離れさせていたからな。間に合ってよかった」
「うんうん。
 やー、でも。
 本当に神殺しをすることになるとはねー」
「神殺し、か。
 まぁ、神、と言っても、自称神、だったがな」
「ふふ、たしかに!」
そうして笑い合う二人。
力を使い果たしたか、その場にへたり込んだままではあったが、その顔にはやり遂げた達成感が見て取れた。

「とりあえず…」
「うむ。色々と考えなければいけないことはあるが…」
「しばらく何もしたくなーーい!」
「…だな!!」

――――

破壊王が滅び、勇者システム(呪い)の力は失われていった。
(寝て起きれば全て回復するのって便利だったなー)
ベッドに横になりながら思う。
あれから1週間、ユリンは勇者システム(呪い)の消失と共に勇者の力を失っていた。
とはいえ、これまでに鍛え上げてきた剣技などのスキルは覚えているし、魔法の全てが使えなくなったわけではない。
ただ、勇者システム(呪い)による特殊能力はユリンに多大な負荷をかけるものであったらしく、ベッドの上で生活をするはめになっていた。

コンコン

「ユリン、調子はどうだ?」
「あ、マグ兄…」
マグの訪問に体を起こそうとしたがうまくいかず、再度ベッドに沈む。
「ああ、無理に体を起こさなくてよい」
「ごめん」
「仕方あるまい」
そう言うと、マグはベッドの横に座り、ユリンの頭を撫でる。
優しい空間。
しばらく、お互いに何も話すことはなく、無言で見つめ合っていた。
「ユリン…」
「マグ兄…」
そのまま顔が近づき……

「さ、さて。あまり入り浸っていてもラジーのやつに怒られてしまうからな。
 また、くるよ」
「う、うん…」
真っ赤な顔のユリンを残し、マグは部屋を出…ようとして、戻ってくる。
「ユリン」
「な、なに…?」
いつになく真剣な顔に、何事かと身構える。
「これを…」
そう言って、マグは懐から小さな箱を取り出す。
「人間の風習なのだそうだな。ラミーから聞いた。
 これからも、ずっと俺と一緒にいてくれないだろうか?」


(うーん、これからどうしようかなー。戦いはもう終わったし、ていうかもう戦う力も相手もいないし。
 元々国のバックアップなんてなかったわけだし、魔王倒したわけでもないしなー…あ、神は倒したな!
 …うん、報告しようがないな!
 マグ兄もどうするんだろ。

『ユリンさえいれば、魔王でいる必要すらないんだがな。
 まぁ、俺の力で押さえていないと暴れたいだけの奴らが野放しになってしまうんで、力を捨てるわけにはいかんが』

 とかって言ってたっけ。
 共存、出来ないのかなぁ。
 出来ると思うんだけどなぁ…………)
左手の薬指にはめた指輪を眺めながら、ユリンはそんなことを考えていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ