挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結】魔王が勇者に恋をした 作者:ただみかえで
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/9

幕間3 そして幕が上がる

「なるほど。これで、これまでの色々が納得いったわ」
「ほうか・・・ほれはほはっ・・・・・・ユリン、ユリン。話しながら頬を引っ張るのをやめてくれないか」
魔王=マグ、にいまいち納得し切れないユリンは、話を聞きながら魔王の顔やら体やらをペタペタと触っていた。
さすがに、頬を引っ張ったところで魔王に手をつかまれ、制止された。
「ちょ、ちょっと、マグ兄。そんなに、強く握らないで」
「あ、いや、その・・・すまぬ」
とんだラブコメ空間と化しているが、紛れもなくここは魔王城(ラストダンジョン)である。
「しっかし、ユリン。魔王を惚れさせる勇者って、お前すげーなー」
やり取りを遠目に見ながら、スライクが茶々を入れる。
「ほ、ほれっ!?
スライクごめん・・・まだ、頭がついていってないからその話題には触れないで・・・」
「あらあら、あないに顔あかぁ〜くして、可愛いったらしゃ〜ないな〜」
「カキツバタもーー!あぅ」

「さて。このままこうしていても何も進展しそうにないですので。
ひとまずは、お部屋を用意いたしましたので、ゆっくりしてください」
一通りの事情説明も終わり、現在の状況はなんとなく見えてきた。
問題はこの後どうするか、である。
これまで魔王は倒すべき敵、としてやってきたものを、何もなかった、とするわけにはいかない。
かといって、改めて敵対する、という気が削がれてしまったのも事実。
(これが全部魔王はんのシナリオやとしたら、あてら完全におどらされてるわけやけど・・・
そうする利益があちらさんにあらへんのも事実・・・
念の為、注意だけしときましょかね〜)

案内された部屋は、最低限の家具しかない質素な部屋であった。
ただし、ベッドはこれまでのどの宿のものよりも柔らかく体を包み込んでくれる最高級品であり、緊張感と疲れから解放された体はすぐに眠りに落ちてしまいそうだった。
だが、ユリンは考えることがあまりにも多すぎて、なかなか眠ることはできなかった。
(久々にゆっくりお風呂も入れたし、お布団も柔らかいし、何かの罠にはまって幻でも見てるんじゃないだろうか)
だが、確かにあの時触ったマグの感触は現実であったとしか思えないし、Lv.98になる前には、状態異常完全防御のスキルを習得していたはずだった。
(マグ兄の言っていたことを本当だとして・・・う、一目惚れとか言われてもどうしたらいいのよ・・・た!確かにマグ兄のことは嫌いじゃない。
でもでも、10年会ってないのに急に言われても。てか、そもそも一緒にいたのも3日だけだし!)
一人百面相をしながら、ユリンの思考は進みかけてはすぐに戻ってきてしまっていた。
勇者、とはいえ、恋愛に興味がないわけではない。
(と、とりあえず、これは、置いておこう。
他のことが何も考えられなくなっちゃう!)

「とりあえず、もうマグ兄を倒すとかは考えられないし、どうしたらいいかなぁ・・・」
ポツリと、頭の中だけでは整理しきれなくなったユリンが、口に出してヒトコト漏らした。その時、
「んーーー、ユリン・・・さん?それだとさー、ちょーーっと困るんだよねー??」
神を名乗るいつもの声が響いた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ