挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結】魔王が勇者に恋をした 作者:ただみかえで
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/9

第0章 プロローグ それは一目惚れから始まった

「あれは、きっと一目惚れだったのだ」
彼女を前に、彼はそう語る。
彼――絶対にして不可侵の存在として恐れられ、その圧倒的な力の前に世界が屈した、あの魔王マグラニストが、である。
あまりにも唐突な話に、対峙していた者――勇者ユリンは言葉を失った。
「…一目惚れ??」
「ふ、なにがなんだかわからない、という顔だな。無理もない。
 覚えてはいないか?今から10年ほど前の話だ。
 俺は、貴様と一度会っているのだぞ?勇者よ」
圧倒的な存在感ながらも、まるで攻撃の意思を見せないその姿に、
(どうやら、こちらを油断させようとしているわけではないようだが…)
そう判断し、だが一切の構えを崩さず、ユリンは思考を巡らせる。

10年前と言えば、まだ自分が駆け出しの頃だ。
そんな時期に魔王と出会っている?
ありえない。
年月を重ね、多くの経験を経て、ようやく対峙するに至った今でさえ、本当に自分の力が通用するのか震えが止まらないくらいなのに。
もし、本当に出会っていたとしたら、1秒も保たずに殺されていた…だろ…

「いや、待って?ちょっと待って?
 今、10年前って言った??
 嘘うそウソ…そんな、そんなことって…」
記憶というのは、一つキッカケさえあれば芋づる式に出てくるものだ。
10年前、駆け出し、というキーワードから唐突に浮かんだ顔は、果たして今対峙している魔王そのものであった。
「…マ、マグ兄…!?」
「久しぶりだな、ユリン」
「ええええええええええええええええええええええええ!?!?!?」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ