挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ラージアンの君とキス 作者:月宮永遠

3章:宇宙戦争

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/42

9

 ラージアンカップが終わり、手持無沙汰になった夏樹は夕涼みしようと、家の前にあるベンチで夜空を見上げていた。
 頭上には落っこちてきそうな、美しい満点の星空が見える。CGではなく本物の宇宙だ。コロニーでは夜になると天井部を覆う巨大なホログラフィーが消えて、宇宙そのものを見ることが出来るのだ。
 夜空には、信じられない大きさの土星が浮いて見える。迫力満点だ。
 くっきりとした土星の輪を眺めていると、シドが様子を見にやってきた。

「ナツキ。元気がないな?」

「そんなことないよ」

「いいや。気落ちしている周波を感じる」

「……気付かないふりをするのも、時には優しさなんだよ」

「何故だ。力になりたい」

 偽りのない真っ直ぐな言葉に、思わず笑みを浮かべた。シドは優しい。リリアンは別として、シュナイゼルといい、ラージアンは紳士のように優しい者が多い気がする。
 隣に座る大きなシドに、甘えるようにもたれかかった。

「シドは真っ直ぐだね。私も、そんな風に言えたらいいのに」

「何をだ?」

「教えてもいいけど……、シュナイゼルには、言わないでくれる? ラージアン達に共有もなしで……」

「判った」

「最初はすごく恐かったけど、今はシドのことも、ディーヴァのことも、シュナイゼルのことも……、好きなんだ。もちろん、地球に帰りたいんだけど、最近、皆とお別れすることを考えると寂しくて……」

「俺も、夏樹がいなくなると寂しい」

 シドの言葉が、胸に刺さった。

「寂しいって、思ってくれる?」

「思うさ。皆、そう思ってる」

「でも、シュナイゼルは……」

 平然と、記憶は消去される……なんて言ったのだ。視界が潤みかけると、大きな手が頭の上に乗せられた。

「泣くな」

「泣いてないよ」

「寂しいなら、ここに残ればいい。女王も喜ぶ」

 夏樹は力ない笑みを浮かべた。

「皆と離れるのは寂しいけど……、地球が恋しいんだ」

「地球がいいのか」

「うん……」

「地球のどんなところが、好きなんだ?」

「全部だよ。家族も友達もいるし……、ここに比べたら不便だけど、コンビニあるし、青空も、家の前の公園も、自分の散らかった部屋も……、全部懐かしい。大切なんだよ」

「たくさんあるんだな」

「うん……」

「故郷を想う気持ちは判る」

「ラージアンはここが故郷だって、前にシュナイゼルは言ってた。宇宙じゃなくて、大地で暮らそうとは思わないの?」

「我々は元々、戦う為に造られた生物兵器だからな。遺伝子改良と世代交代を繰り返した今も、その本質は変わらない。安らぎよりも闘いを求めている。だから女王も、どれほど銀河を制圧しても、満足しないんだ」

「皆強いもんね……」

 彼等がとても強くて、素晴らしい科学を手にしていることは知っている。それから、勝負ごとや戦いが大好きなことも。

「ナツキ、帰ってしまうのか」

「……っ」

 ぐっと言葉につまった。……ここに残りたい。いや、地球に帰りたい。合反する気持ちが苦しい。

「泣くな」

「泣いてないよ」

 ふっと力ない笑みが零れた。いつから、彼等の傍がこんなに居心地よくなってしまったのだろう。こんな風に、迷ったりするはずじゃなかったのに……。

「夏樹」

「――っ」

 シュナイゼルの声だ。
 シドに寄り掛かっていた身体をパッと起こして、慌てて振り向くと、シュナイゼルがこちらをじっと見つめた。

「――シド。何故、知らせない」

 いつもよりも低い、シュナイゼルの声に不安を覚えた。
 よく判らないが……、もしかして、さっき夏樹が共有しないで、とお願いしたせいだろうか。シドにとって不味いことが起きているのだろうか。

「相談に乗っていただけだ。俺も心配している」

 シドは夏樹の肩を引き寄せた。シュナイゼルの額の信号が、濃い紫に変色した。何だか怒っているみたいで怖い……。

「あの……」

「夏樹」

 シュナイゼルに呼ばれて、夏樹はおずおずと近づいた。シドの手が肩から滑り落ちる。優しい友達を見上げて、ありがとうと視線で伝えると、どういたしまして、というように頷いてくれた。

「夏樹」

 急かすようにもう一度呼ばれて、シュナイゼルの傍へ駆け寄ると、腕を取られて引き寄せられた。いつものように、片腕に抱きかかえられて、宙を滑るように飛行を始める。
 家までの短い距離だったが、沈黙をやけに重苦しく感じた。
 お休みと告げて、家に入ろうとする夏樹を、シュナイゼルは珍しく引き留めた。

「夏樹。ここ最近……、気落ちしていることは知っている。皆、心配している。もちろん、私もだ」

「ごめん……」

「謝ることはない。無理に聞き出すつもりはないが……、シドにどんな相談を?」

「え……」

「私は夏樹を守れなかった。こんなことを聞く資格は、もうないのかもしれないが……」

「そんなことない! その……、シュナイゼルは、いつだって私を守ってくれたよ」

「シドに話すことで、夏樹の気が休まるならいい……。だが、どうしても気になる。私には、話せないことなのだろうか?」

 ――だって、シュナイゼルのことなんだもん……。

 けれど、こうして心配してくれるということは、夏樹のことを一時の関係ではあれ、少しは大切に想ってくれているのだろうか。

「地球に帰ること考えたら……、少し寂しくなっただけだよ」

 誤魔化すように笑みを浮かべたが、嘘を言っているわけではない。シュナイゼルは夏樹の心を推し量るように沈黙した。

「それで……、シドは何て?」

「え?」

「夏樹は、シドと離れるのが寂しいのか?」

 どうしてそうなるのだろう。もちろんシドと会えなくなることは寂しいが……。

「どうなんだ?」

「シドだけじゃないよ、ディーヴァも、シュナイゼルも……、会えなくなるって考えたら、寂しいよ」

 今度はシュナイゼルが沈黙した。どう思っているのか、すごく気になる。

「シュナイゼルは……?」

「――私も寂しい、夏樹」

 心臓がドクンと音を立てた。
 嬉しい。寂しい。そして……。急速に膨れ上がる気持ちに、蓋をしなければならなかった。

 ――自覚しちゃだめ、後で絶対苦しむ……。言葉にしてもだめ。

 それでも目頭は勝手に熱くなり、感情が溢れて唇は戦慄わなないた。ぽろりと涙が零れる寸前、シュナイゼルに腕を引かれた。
 切なさを噛みしめながら、硬い胸に頬を寄せる。

 ――やっぱり、少しずつ距離を置こう……。これ以上、彼に依存したら、離れた時のダメージが、救いようのないほど大きくなってしまう……。

 そう思った傍から、離れ難くておずおずと硬い背中に腕を回した。

 ――もう、手遅れかもしれないけど……。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ