挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ゆめなか日記 作者:秋葉竹

第1章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/133

夢の中の日記ではなく、夢中在住中詩集てかんじですかね

くろーともすなる日記といふものを、とーしろもしてみむとてするなり。

それの年(平成二十九年)の神無月の朔日の、亥の時に門出す。そのよし。


おもうところはかずあれど
いちいちゆうてはせんなきことと
うつくしのくににすまいたい
あるひみたゆめかなしくて
おきるとこぼれためからみず
あるひみたゆめどんなゆめ
それはあたしのむねのうち
それはあたしのむねからいでて
とおくさまようこともある
とおくさまようゆめゆめを
ひろいあつめにでかけます
ひろいあつめるこのたびじ
はたしていづこへゆくのやら
はたしていづこへゆくのかと
とおたところでわからない
とおたところでわからない
いっしょにいってくれるかれ
みつけられないひとなので
ひとりつきりのたびをする
たびすることとなりまする
たびすることとなりまする

ちなみにこのぶんぶんごでは
ただしくないことしってます
それにかんするごしてきただけは
どうかごようしゃねがいます
そのたはさまざまごしてきごきょうじ
いただけましたらさいわいです

いただけましたら、感謝をするぜ。

それではまえおきこのへんで
はじめることとしますんで。


あ、そうそう
あたしのすまいはゆめなかなので
ゆめなかにきとなづけます。






+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ