挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

354/364

妊婦と牛


 妊婦を放置するのはよろしくないので、訪ねる。

 妊娠中の宝石猫、ジュエルの為の部屋。

 空いている部屋に火鉢を置き、鍋で湯を沸かす事で程よい温度と湿度を維持している。

 冬とは思えない快適さ。

 そんな部屋の片隅に置かれた大きめのクッションの上で、ジュエルは丸まっている。

 ジュエルは妊娠中に触られるのを嫌がるので、少し離れて見守る。

 代わりに俺のところにやってきたのが猫。

 甘えにきたのではなく、警告だ。

 わかっている。

 ジュエルに近付いたりはしないさ。

 立派に父親をやっているじゃないかと撫でてやる。

 ただ、できれば子育てにも力を入れて欲しい。

 ミエルたちはいまだに甘えん坊で暴れん坊だぞ。

 ははは。

 情けない声を出されても困る。

 ん?

 猫が俺からすっと離れた。

 どうしたと思ったら、部屋にミエルたちがやってきた。

 そして俺を攻撃。

 これは母猫を守っているのではなく、自分たちを放置して父猫や母猫にかまっていたからだ。

 悪かった。

 ここで暴れるとジュエルに睨まれる。

 ほら、部屋から出るぞ。

 部屋を出る前に、火鉢に掛けられた鍋をチェック。

 水を足しておこう。

 定期的に鬼人族メイドが見回ってくれるが、気付いた時にやっておくべき。


 別の部屋でミエルたちの相手をしていると、ザブトンの子供やクロの子供たちが乱入。

 結構な時間を取られた。

 そして、妊娠中のルーとティアが笑顔で俺を呼んでいる。

 はい、わかっています。

 別に放置していたわけじゃないですよ。




 牧場エリアでは、積もった雪を物ともせずに牛が移動する。

 大丈夫なのだろうけど、顔や背中に雪を乗せている牛は寒そうだ。

 牛を温泉に連れて行ってやりたいが、どうだろう?

 ダンジョンにさえ連れていければ問題ないか。

 問題は温泉だな。

 最近は入浴者が多い。

 そこに牛を入れるのは歓迎されないだろう。

 温泉地にいるライオンたち用に作った温泉を借りるとしよう。



 牛を連れて温泉地に移動を開始。

 山羊たちが自分たちもと突進してくるが、さすがに一気には無理だ。

 馬たちも、すまないが順番で頼む。

 事前に連絡していたので、ダンジョン内や温泉地でも無事に移動が完了。

 問題なく、牛たちは温泉に入った。

 気持ち良さそうだ。

 ……

 一緒にライオンが入っているのがビジュアル的に不安になるな。

 まあ、ちゃんと食べないで欲しいと伝えているので大丈夫だろう。


 ある程度温まったら、一頭ずつブラシで洗おうと思ったのだが……

 牛たち、温泉から出ないな。

 気に入ったのだろうか。

 寒いだろうと先に温泉に入れたのが失敗だったようだ。

 自主的に出てくるまで、待機。

 俺が寒い。

 仕方なく、建物の中に避難。

 温泉地を任せている死霊騎士たちや、転移門管理者のアサと情報交換をして時間を潰した。

 牛たちが温泉から出るのに、かなり時間が掛かった。





 後日。

 これまで一度も脱柵したことがない牛たちが脱柵した。

 そして、温泉地でまったりと温泉に入っていた。

 ダンジョン内を歩き、転移門を使って温泉地まで行ったのか?

 賢いな。

 いや、感心している場合じゃない。

 えーっとだな……

 脱柵は乱暴にしたわけじゃない。

 ちゃんと牧場エリアのドアを開けて出た後、そのドアを閉めている。

 その上で、クロの子供たちに護衛までさせている。

 その護衛の一頭が俺のところに報告に来たから、脱柵と居場所がわかったのだが……

 うーん。

 とりあえず、勝手に移動するのは止めよう。

 言ってくれたら連れて行くから。


 牧場エリアに、鐘が用意された。

 鐘には太いロープがつけられており、牛はそのロープをくわえて鐘を鳴らす。

 それを聞いて、牧場エリアの動物の世話をしているハイエルフか獣人族がドアを開ける。

 温泉地への移動は、クロの子供たちが誘導、護衛することになった。

 ……

 三日連続で鐘が鳴らされ、鐘は撤去された。

 手動ドアが、自動ドアになっただけの鐘だった。

 自分で開け閉めできるなら、牛に任せよう。

 温泉地で泊まるのはなしだからな。

 ちゃんと戻ってくるように。

 ん?

 ああ、わかった。

 開け閉めしやすいようにドアを改造しよう。

 冬だから、天気の良い日にな。

 あと、牛の護衛として動くクロの子供たちに仕事を増やしてすまないと謝罪。

 一緒に温泉に入るから気にするな?

 そう言ってくれると助かる。



 牛以外も温泉地に連れて行ったが、他の動物はそれほど温泉にはハマらなかったようだ。

 少し安心。

 ハマらなかった理由は個々にあるのだろうけど、山羊たちがハマらなかった理由はダンジョン。

 普段、傍若無人な山羊たちがダンジョン内ではビクビクしていた。

 何が怖いのか原因がわかればいいのだけど、とにかく怖いとダンジョン内ではパニック。

 その後、ダンジョンには入りたがらなかった。

 一体、何が怖いのか?

 牧場エリアの井戸は洞窟みたいなものだから、ダンジョン自体が駄目ってことはないよな?

 アラクネのアラコや地竜と共に、ダンジョン内を探索したけど怪しい箇所はなかった。

 謎だ。



あけましておめでとうございます。
今年も一年、よろしくお願いします。

補足)
山羊たちは、普段みないアラコと地竜を怖がっています。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ