挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

344/366

いつもの武闘会


 大樹の村で武闘会が行われる。

 今年も文官娘衆が主導でやってくれるので、俺はかなり楽をさせてもらっている。

 その代わりではないが、今年も食事関係に多大に協力した。

「今年は甘味が多いな」

 ドライムが生クリームとフルーツを乗せたパンケーキの皿を手に取りながら俺に言う。

 子供たちが喜ぶからな。

 あと、妖精女王が。

「妖精の女王か……
 この甘味を味わったら、しばらく帰らんのではないか?」

 しばらくどころか、花畑に自分の家を作って居ついている。

 でっかい花のような家で、ファンシーだった。

 まあ、常にそこで寝ているわけではなく、村に居たり居なかったりする。

 ちなみに二軒目。

 一軒目は子供たちが面白がっていじり、枯らしてしまった。

 勝手に建てられた建物だが、さすがに枯らすのは可哀想だと俺は叱ったが、妖精女王は大笑いして許していた。

 心の広さで負けた気分。

 いや、しつけはしっかりしないといけない。

 甘やかさないようにと妖精女王に言ったら、子供のやったことは親の責任と矛先が俺に向いた。

 色々と納得できなかったが、大人な俺は黙って叱られた。

 子供たちが、叱られている俺の姿を見て行動を反省してくれたらいいな。

 そう思ったが、子供たちは楽しく遊んでいた。

 ……

 父さんが、君たちの所業で叱られているのに何も思わないのかな?

 そうか、妖精を追いかけるのが楽しいか。

 ん?

 全然、俺と視線が合わない。

 まるで俺が見えていないような……

 あ、何か魔法で俺を隠しているな!

「当然であろう。
 子供たちに心苦しい思いをさせてどうする」

 どこまでも子供中心。

 しかし、子供たちのことを考えるなら、今はちゃんと反省すべきところ!

 子供の教育に関して、俺と妖精女王は熱く語りあった。

 まあ、どこまでも平行線だったけど。


 その妖精女王は、会場の裏の食事スペースでヌシのごとく注文をしている。

「次は四枚、いや五枚重ねで頼む!
 白いヤツもフルーツもタップリだぞ!
 ソースは……イチゴで」

 周囲には子供たち。

 普段の行いから、妖精女王は子供たちに人気がある。

「女王、ジュースもらってきたよ」

「女王、こっちも甘いよー」

 ……

 子供たちよ。

 妖精女王をあまり甘やかさないように。


 休憩時間も終わりそうなので、ドライムと一緒に指定された席に向かう。

 ドース、ライメイレン、グラッファルーン、ギラル、始祖さん、魔王、ユーリ、ビーゼル、ランダン、グラッツ、ホウ。

 今年はマイケルさん、五村にいる先代四天王の二人も見物にきている。

 やはり転移門は便利だ。


 俺の席は武闘会の舞台の正面。

 俺の席は少し装飾が派手で恥ずかしい。

 一般の部、戦士の部は終了し、それぞれ白熱した戦いを見せてくれた。

 これから始まるのは騎士の部。

 前回、五村関連で不在だったルーとティアが復帰するので、盛り上がりそうだ。

 騎士の部一回戦の見所は、二年連続優勝者のキアービットと、ティアの戦いだろう。

 決勝戦でもおかしくないカード。

 勝敗はどうなるか。

 そう思っていたが、ティアの圧勝だった。

 ヨウコの解説によると、キアービットとティアは特性から戦法までほぼ一緒で、ティアが全てにおいて一枚上なのでこの結果は当然だそうだ。

「番狂わせが起きにくい。
 キアービットは独自の技を見つけないと厳しいな」

 本当に厳しそうだ。

 だが、キアービットは妙に晴れ晴れとした顔をしていた。

 なぜだろう?

「キアービットは……ある意味、ティア様のファンですから」

 グランマリアがそう教えてくれた。

 なるほど。


 試合が進む。

 毎年やっているからか、強者に対する策がみられて楽しい。

 番狂わせはなかなか起きないが、戦い方を工夫しているのは素人の俺が見てもわかる。

 みんな、頑張っているなぁと感心。


 決勝は、ルーとリアの戦い。

 キアービットに勝利したティアは準決勝でルーに敗北していた。

 その直前に、ザブトンの子供との戦いがあったのが大きかったらしい。

 ルーは相手がグランマリア、クーデルと天使族が続いた運の良さがあった。

 だが、その運の良さも準決勝まで。

 ティアとの戦いでかなり疲労しているルーに比べ、リアは元気というか万全。

 これまでの戦いを、一方的な弓で勝ち抜いてきた。

 これはリアの方が有利かな……

 そう思ったのだけど、違った。

 リアの放った矢を避けて接近戦に持ち込んだルーが、そのまま殴り勝った。

 おめでとう。

 リアは大丈夫か?

 気絶してるだけ?

 それって大丈夫なのかな?

 フローラに治療を頼む。

 そして自分が戦闘に向かないことを実感。

 予想、全然当たらない。



 騎士の部が終わった後は、フリーバトル。

 戦いたい者が舞台に上がり、ファイトする。

 ドースとギラルが先陣を切った。

 激しい戦いだが、人間の姿なので少し安心。

 いつもの祭りだ。

 たぶん、フリーバトルは夜通し行われるだろう。

 怪我のないように。

 ヨウコ、俺は戦わないぞ。

 ん?

 魔王はどうしてそんな格好を?

 髪型まで変えて、変装か?

 変装じゃない、気分転換?

 いや、別にかまわないが……

 魔王の後ろに妖精女王が現れたと思ったら、魔王の姿が消えた。

 え?

 魔王は舞台の上にいた。

 正確には、舞台の上で戦っているドースとギラルの間に。

 そして戦いに巻き込まれた。

 大丈夫か?

 いや、大丈夫だ。

 ドースとギラルの攻撃を避けている。

 凄い。

 さすが、魔王だ。

 大笑いする妖精女王を捕まえつつ感心していたら、ドースとギラルが本気になったのか同時にドラゴンの姿になった。

 おいおい、こんな狭い場所で……って、みんな慣れてるな。

 手に食事や飲み物を持って避難している。

 避難できていないのは魔王だけ。

 顔が引き攣っているな。

 大丈夫か?

 ……無理っぽい。

 逃げ出した。

 頑張れ。

 俺は避難しつつ、妖精女王を叱っておく。

「人を勝手に移動させないように」

「はーい」

 素直に謝るので、許してやった。

「いや、待って。
 私が死にかけたのだから、もう少し厳しく」

 逃げ切った魔王が不満そうだったので、もう少しだけ厳しく注意しておいた。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ