挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

343/366

真・妖精女王


 自分の子供は労働力。

 遠慮なく使い倒せる。

 子供への教育は欠片も考えない。

 そんな時代に、一つの噂が流れた。

「子供を働かせると妖精が畑を荒らす」

 実際に、子供に重労働させている畑は、不思議な方法で荒らされた。

 畑に見張りを立てても無駄だから、当時の人々はかなりおそれた。

 だからなのか、今では子供の労働環境はかなり改善されている。

 それでも時々、酷い扱いをする者がでる。

 そんな者のところに現れては、いたずらを繰り返すのが妖精。

 そう、始祖さんが俺に教えてくれた。

 ……

「俺、別に子供に重労働させていないが?」

「なんでもないところに現れて、イタズラする。
 それも妖精の一面だ」

 迷惑な存在だ。

 しかし、始祖さんがそんな話をするのは、俺が妖精女王に畑へのイタズラを止めるように言ったからだろう。

 あれはあれで意味があると。

 なるほど。

「わかった。
 俺の畑に手を出さないなら構わないと言っておくよ」

「すまないね。
 ああ、言い方には細心の注意を頼むよ。
 変な言い方をすると、君のところ以外の畑なら、何やっても良いとか思うから」

 ははは。

 妖精女王とは短い付き合いだが、俺もそう思う。

 言い方には注意しよう。


 俺は牧場エリアで、山羊たちと遊ぶ妖精女王をみる。

 口にはサトウキビをくわえているな。

 悪い顔だ。

 んー……いつの間にか、山羊を統率している。

 何気に凄いな。

 あの山羊たち、俺の命令どころかお願いすら聞かないのに。

 でもって、山羊に乗って……牛たちのいるエリアに突撃?

 おいおい。

 普段はのんびりしている牛だが、怒ると怖いんだぞ。

 あ、牛たちの目の前で山羊たちが離反。

 牛の前に妖精女王を突き出した。

 そうだよな。

 山羊たちはそうじゃなきゃ。

 でもって妖精女王……逃げてる逃げてる。

 牧場エリアに設置したアスレチックの上にまで逃げたな。

 かなりビビッたようだ。

 そこで牛たちを挑発している。

 だが、牛はそこまで登るぞ。

 あ、ほら、追い込まれた。

 うん、俺に助けをもとめられても困る。



 他の妖精たちは、おとなしいものだ。

 花畑でまったりしている。

 ある意味、幻想的な風景。

 ただ、人の姿をした小さい妖精にお願いしたい。

 花弁はなびらの上で寝るならもう少しお淑やかな寝姿で。

 子供たちが真似するから。




 武闘会が近いので、村に来客が増えた。

 ドース、ライメイレン、ギラル。

 全員、妖精女王を見たあと、沈痛な表情をしてから見なかったことにした。

「知り合いなのか?」

「知らぬ仲ではないが、あやつとは話が噛み合わぬ」

 ドースの苦労を感じさせる言葉。

 昔、イタズラでもされたのだろうか?

 されたらされたで放置はしないだろうな。

 それでも生き残っている妖精女王ということだろうか?

 考えてみると凄いな。

「妖精の女王は、子供の味方。
 子供の相手をさせておけば一緒になって遊ぶのですが……夜中でも連れ出したりするので注意が必要ですよ」

 ライメイレンが、ヒイチロウには近づけないようにと俺に注意する。

 俺に注意されても困るな。

 あと、夜中でも連れ出すのは確認している。

 昼間でも眠そうにしているウルザをみてピンときたハクレンが、現場を押さえた。

 妖精女王には、二日ほど熱湯のお風呂に入ってもらった。

「あれはなんだかんだで強いからな。
 頭もいい。
 俺も二度ほど酷い目に遭わされた」

 ギラルの言葉が、誰を示しているのかわからなかった。

 それが妖精女王と理解して、驚く。

 妖精女王が強い?

 頭がいい?

 ……

 ひょっとして、今までの態度は擬態なのか?

「いや、あれはあれで妖精の女王の姿だ。
 どう言えばいいのかな」

 ギラルが困っていると、ライメイレンが助けを出した。

「実際に見てみるのが早いと」

 ライメイレンが妖精女王に頼んだ。


 妖精女王は地面から大きなつるを何本も召喚し、それに包まれた。

 そして何本もの蔓で球を作り、開かれる。

 中は……寝室?

 いや、玉座かな?

 そこに妖精女王が座っていた。

 姿は少し成長したか?

 雰囲気は明確に違う。

「人よ。
 私に聞きたいことでもあるのか?」

 ……

 誰だこれ?

 妖精女王?

 いや、確かに女王っぽいけど……二重人格?

「どうした?
 ほうけておっては、なにも答えられんぞ」

「えっと、じゃあ……どうして牛に突撃を?」

「その方が面白そうだったから。
 なのにあの山羊どもめ。
 私に忠誠を誓っておきながら、あそこで裏切るとは。
 許さん」

 ……

 うん、同一人物だ。

 なっとく。

 で、これがギラルがいう強い状態の妖精女王?

「どうして普段からこの姿でいないんだ?」

「この姿は子供受けが悪い。
 動物たちも嫌うからな。
 そうだ、思い出したぞ村長。
 前に作ってくれたパンケーキとやらをもう一度、食べたい」

 妖精女王は俺が返事をする前に蔓の玉座から出てきた。

 あ、縮んだ。

 雰囲気も元通り。

 蔓の玉座の中でだけ強いのか?

 俺の疑問にはギラルが答えてくれた。

「あれは蔓を伸ばし自分の縄張りを作る。
 そこでなら常にあの姿だ。
 こちらのブレスでも消滅しない面倒な存在だぞ。
 前に一度、やりあったが、もうやりたくない」

 ギラルにそんなことを言わせるとは。

 やるな妖精女王。

「こちらの攻撃を全て受け流しながら、延々と甘味の良さを訴えてくるのだ。
 頭がおかしくなる」

 ……

 うん、妖精女王だな。

「村長、パンケーキ」

 俺にねだるのも妖精女王。

 ……

 これは作るまで言い続けるな。

 まあ、いいだろう。

「わかった。
 今日のオヤツはパンケーキにしよう」

 妖精女王はやったと喜びながら、子供たちの元に走っていった。

 ウルザやアルフレートに伝え、俺が前言を撤回しないようにする為だろう。

 なるほど、賢い。


 ところでだ。

 この妖精女王の召喚した蔓はどうしたものか?

 結構な大きさで残っているが……

 ルー、ティア、フローラが喜んで切り刻み、持ち帰った。

 貴重な魔法の薬になるらしい。

 妖精女王、歩く薬草に思えるな。




遅くなって申し訳ない。
あと、日曜(月曜0時)の更新はお休みになります。
すみません。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ