挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

335/366

ex.山賊


「親分。
 獲物が来ましたぜ」

「そうか。
 どんなヤツだ?」

「農村の荷馬車っぽいですね。
 護衛もいません。
 楽勝ですよ」

「パスだ」

「え?
 なんで?
 どうして?」

「お前なぁ。
 あんなショボイのを狙ってどうするんだ?
 リスクに合わないだろ?
 それに、農村ってのは、大地を相手に戦っている方々の集まりだぞ。
 敬意を払え、敬意を。
 って、農村の馬車、坂道で困っている。
 手伝うぞ」

「え、えーっと……」

「さっさと来いっ!」

「は、はい!」





「親分、獲物です!」

「今度はどんなのだ?」

「男が一人、獣人族みたいですね。
 軽装です。
 というか……何も防具を付けてませんよ」

「持ってるのは木剣だけか……」

「やっちゃいますか?」

「パスだ」

「理由は?」

「どうみても貧乏そうなヤツだろうが!
 貧乏人は俺たちの味方!
 しみったれた事をするんじゃねぇや!」

「う、うっす。
 すみません。
 じゃあ、あいつはスルーって事ですね」

「そうだ」

「親分、参考までに……どういった獲物が理想なんですか?」

「金持ちだ」

「金持ちって事は……貴族ですね!
 わかりました!」

「待て待て。
 間違ってる。
 貴族って言葉のイメージで物事を進めるな。
 貴族の中には貧乏なヤツだっている。
 それに、貴族ってのは為政者ではあるが、民への奉仕者でもある。
 むやみやたらに攻撃するんじゃない」

「そ、そうなんですか?」

「ああ。
 孤児院とかも作ってる偉い貴族だっているんだぞ」

「あ、聞いた事あります。
 凄いですよね」

「だろ。
 だから、貴族じゃなく商人を狙う」

「商人ですか?
 連中は護衛とか多いんじゃ……」

「多少の護衛ならなんとかなる!」

「おおっ。
 流石、親分!」

「ははは。
 理解したら、ちゃんと見張ってろ」

「うっす!
 商人が来るのを見張ります!」





「親分、親分、親分!」

「獲物か?」

「うっす!
 商人です。
 護衛がたくさんいますけど、商人です!」

「どれどれ…………………………あれは駄目だ」

「え?」

「よく見ろ。
 商会の旗をかかげているだろ」

「ですね」

「あれはゴロウン商会。
 しかも、鉄の森に入る精鋭部隊だ」

「鉄の森に入る?
 そんな連中がいるんですか?」

「ああ。
 噂じゃ、ドラゴンの巣の近くまで行った事もあるらしい」

「すげぇ!」

「さすがの俺も、そんな連中を相手にはできん。
 スルーだ」

「うっす。
 ……あー、でもあの辺りで野営するみたいですね」

「だな。
 この辺りには詳しくないようだ。
 ちょっと行って、水場に案内してくる」

「え?」

「あそこに居座られても、俺達が活動し難いだろ」

「確かに。
 お供します」





「なかなか獲物が来ませんね」

「そうだな」

「獲物を待つ間の食料として作った畑、豊作ですね」

「ああ。
 なかなか美味いな」

「これ、村か街に持って行って金に換えますか?」

「そうだな。
 三食、ずっと同じ味ってのは嫌だしな」

「準備します」





「これはなんだ?」

「食料です」

「その横のは?」

「毛布です。
 夜はなんだかんだで冷えますから」

「その横のは?」

「苗です。
 次はこれを育てようかと」

「……俺達みたいな素人で育てられるのか?」

「大丈夫です。
 苗を売ってた人から、ちゃんと育て方を聞いてますから」

「そうか。
 よし、じゃあこの辺りに植えるか」

「ですね。
 頑張りましょう」





「最近、良く人が通りますね」

「そうだな。
 こっちに挨拶する人も増えた」

「薪、食料の販売をしたのが良かったですね」

「ああ、今作ってる縄も、なんだかんだで売れるしな」

「旅に出るなら、それなりの準備をして出て欲しいですよね」

「まったくだ。
 おっと、火がつかないみたいだな。
 手伝ってやれ」

「うっす」

「あと、夜はちゃんと見張りを立てるように注意しておけ。
 この辺り、少ないとはいえ魔物が出るからな」





「親分。
 山賊ですよ」

「だな。
 同業者だってのに、好き勝手に攻撃しやがって」

「やっちゃいますか?」

「ああ。
 手加減は無用だ」

「うっす!」




「ピンチっすね」

「ああ、最大級のピンチだな」

「山賊の次は、兵隊が来るなんて……」

「三十人以上か……
 さすがに厳しいな」

「あ、なんか隊長っぽい人がこっちに来ますよ」

「し、仕方がねぇ、覚悟を決めろ」

「う、うっす!
 どこまでも親分についていきますよ!」



「税金?」

「そうだ。
 お主たちはここで生活をしているようだが、ここを領有する貴族がいるからな。
 税の徴収対象だ」

「税の……あ、でも、金は……そんなに」

「ははは。
 慌てるな。
 本来なら、これまで払っていない分をまとめて払ってもらうところなのだが……どうやらお主たちはここで旅人をよく助けているようだな。
 調べている最中、色々な所からなんとかしてやってくれと言われた。
 上司と相談し、これまでの分は免除。
 そして今年の分は……山賊退治の報酬で支払った事にしよう」

「……」

「ん?
 どうした?」

「あ、い、いえ、わかりました。
 ありがとうございます」

「うむ。
 これからも励むように。
 困った事があれば、街の警備隊に声を掛けよ」

「はい。
 その時はよろしくお願いします」




「親分」

「なんだ?」

「よかったんですか?」

「なにがだ?」

「最近、この辺りに他の人が住みだした件っす」

「別に邪険にすることはない。
 隣近所とは仲良くやるべきだ」

「うっす。
 じゃあ、とりあえず、見張りを続けますね」

「ああ。
 鳥が畑を荒さないように、しっかりと見張れよ」

「了解っす」



リハビリ。
番外編みたいな感じで。

作品の時間的には、ガルフがシャシャートの街の武闘会に出たぐらいのイメージです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ