挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

325/366

北側会


 俺の名はロガーボ。

 五村の北側を裏から取り仕切っている。


 五村は小山をそのまま街……じゃなくて村にしたような場所だから、北側は日当たりが悪くて人気がない。

「ならば、日当たりを気にせぬ店を集めればよかろう」

 村長代行様の指示で、五村の北側には夜の店が集められた。

 主に娼館、カジノだ。

 それらがあれば、周囲に飲食店や酒場、宿屋が出店してくる。

 あっという間に賑やかになった。

 男性の間では、「北側に行く」は女の子と遊ぶという意味で使われている。



 俺の店も、北側を構成する店の一つ。

 酒場兼娼館をやっている。

 元はもっと西にある街で似たような店を持っていたのだが、人間との戦争によって店は焼かれてしまった。

 その後は、俺と一緒に行動するしかない女たちと共に各地を移動巡業。

 苦しい日々だった。

 五村の話を聞き、ここに来ることを決めて本当によかった。

 また店を持てるようになるとは。

 村長代行様には頭が上がらない。

 いや、感謝もあるが物理的にも。

 なにあの人、めっちゃ怖い。

 これまで、各地の名主や村長、街長、領主、それに裏を取り仕切る怖い人たちと出会ったけど、彼らが子供に思えるほど怖い。

 目を合わせちゃいけないタイプの人だ。

 ただ頭を下げ、命令を待つ。

 それが一番と本能が囁いている。


 その態度が良かったのか悪かったのか、俺は五村の北側を取り仕切るメンバーに選ばれた。

 他に九人。

“北側会”

 自身の店の利益の為ではなく、五村の北側を自主的に統治する組織だ。

 村長代行様は難しいことは言わない。

「村に迷惑を掛けぬよう、取り締まれ」

 それだけだ。


 夜のお店というか、酒と女を扱っていれば、当然ながらトラブルも多い。

 酔っ払いの乱暴や、客や女の取り合いでの喧嘩、金銭問題などは微笑ましいもの。

 ぼったくりや詐欺、怪しい薬の売買、場合によっては違法品の取引などが行われたりする。

 そういったトラブルが大きくならないように、各店は明朗会計。

 悪質な店には警告。

 警告が無視された場合は、警備隊に連絡する手筈となっている。

 これまで、それでいくつもの店が潰されている。

 五村でまっとうにやっていれば、それなりに儲かるのに馬鹿な連中だ。



 ある時、北側会で一つの提案がされた。

 代表者を決めようと。

 これまでは合議制だった。

 ただ、北側会にいるメンバーは、各自が店舗をもっているライバルでもある。

 話し合いでは利益がぶつかって進まないことが多々あった。

 また、十人全員が集まるのも難しい。

 その為、北側会の代表者一人に権力を集中させ、残り九人はその代表者の監視役ということではどうだろうと。

 悪くない考えだと思った。

 正直、北側会の仕事は大変だ。

 自分の店だけを管理していればよかったのが、北側全体に目を向けなければいけない。

 気苦労も多い。

 監視役だけですむなら御の字だと思うが……

 村長代行様はこの件は?

 勝手に体制を決めて問題はないのか?

 なに、すでに運営に関しては自由にせよとのお言葉をいただいている?

 よし、問題クリア。

 代表者を決めることに賛成。

 他のメンバーも賛成している。

 やはり、大変だよな。



 代表者はクジで決めることになった。

 クジに不正はない。

 何度も何度も調べた。

 なぜ俺が……

 頭を抱えずにはいられない。

 隣にいるメンバーが優しく肩を叩いてくれた。

 代わってくれるのか?

 逃げられた。


 とりあえず、お試しということで任期は一年。

 ええい、こうなれば絶対に問題なく終わらせる。




 現在、北側会には手足となる者を五十人ほど雇っている。

 トラブル解決や情報収集をしてもらうためだ。

 ただこの五十人。

 各メンバーからの推薦なのだが……子供や結婚退職した女性が中心。

 トラブル解決や、夜のお店の情報収集をするのに、相応しくない。

 頑張ってはくれているけど、力不足。

 物理的な。

 なぜ募集に男性がこない?

 いや、大っぴらに募集しているわけじゃないけど……

 俺自身が暇な時に見回らないといけない事態。

 大きなため息がでる。

 仕方なく、自分でスカウト。

 ほら、ちょうど良い男がいた。

 二十代ぐらいの男だ。

 昼間で閉まっている店が多い中、うろうろと。

 初めてこの辺りに来たのかな?

 珍しくはない。

 旅人や新しい住人は、北側の噂を聞けば一度は来るのだ。

 うむ。

 つまり、まだこの辺りで顔を知られていないということ。

 こういった男をスカウトし、部下として働いてもらいたい。

 スカウトは簡単だ。

 俺の店に招待し、ちょっとお願いするだけ。

 脅したりはしない。

 待遇面の話をするだけだ。

 まあ、彼の左右に店のナンバーワンと、ナンバーツーを配置するがな。

 ふふふ。

 逃さん。



 スカウトした男性は、村長だった。

 普通の農家の次男坊ぐらいにしか見えないけど、五村の村長だった。

 あの村長代行様が、村長に思いっきり頭を下げている。

 ……終わった。

 そう思ったが、村長からはお褒めの言葉。

「これからも五村の安全の為によろしく頼む」

 おおっ。

 なんと寛大な。

 ありがとうございます。

 しかし、村長。

 どうしてあのような場所に一人で?

 いえ、ご用命でしたらこちらに女性をお連れしますが?

 あの時、左右に座っていた娘でしたら、すぐに。

 遠慮されますか?

 俺は村長をみる。

 笑っておられるが……ひとみには確固たる拒絶の意思。

 むう、これは無理。

 残念だが諦めよう。

 余計な野心は身を焦がす。

 お言葉をいただけただけで十分だ。



 俺は村長代行屋敷を出……られなかった。

 複数の女性に取り囲まれている。

 え?

 なに、これ?

 色っぽい感じじゃないよね?

 殺気が感じられるもん。

「村長をお店に連れ込んだと?」

「ほほう。
 それで、村長はどんな娘に興味を示されたのかな?」

「詳細に話してください」

 ……

 俺の名はロガーボ。

 五村の北側を裏から取り仕切っている。

 早く一年の任期が過ぎて欲しいと思う。

 もしくは監視役からの辞任要求、待ってます。





遅くなってすみません。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ