挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

298/326

まったりとした夜


 夕食後。

 女性陣はなんだかんだと大半が、用事で不在。

 おもに温泉に行っている。

 久しぶりに一人だ。

 いや、一人にしてくれたのだろう。

 ありがとう。

 なので、俺は自分の部屋のコタツに入る。

 テーブルに布団を被せただけのコタツだが、それだけで十分に温かい。

 ぬくぬく。

 コタツのテーブルには、ミカンと干し芋、あとお酒を小樽で一つ。

 TVがあればバラエティ番組でも観ているのだろうが、ここにはない。

 ちょっと残念。

 だが、問題ない。

 退屈はしないのだから。


 まず、やってきたのは子猫たち。

 今年の春に生まれているから、九ヶ月ぐらいか?

 さすがにでっかくなる。

 後からコタツの中に潜り込んでおきながら、俺の足が邪魔だとペシペシ攻撃するぐらいは甘えん坊だ。

 はいはい、これでいいか?

 四匹とも大きくなったなぁ。

 すみませんと、頭を下げるように鳴いたのが子猫たちの父親。

 気にするな。

 お前はコタツの中には入らないのか?

 遠慮しなくて良いんだぞ。

 俺がコタツの一部をめくって誘うと、中の子猫たちが一斉に鳴いた。

 寒いからか、それとも父親が入って来るのを嫌がったのか。

 ……

 父親はつらいな。

 ほれ、俺の膝の上に来い。


 次にやってきたのはクロ。

 当然のように俺の傍で伏せるので背中を撫でてやる。

 わかっている。

 もう少し強くだな。

 クロが伏せの体勢から、横に倒れる。

 背中の次は脇腹か。

 甘えん坊め。


 おっと、いつの間にか酒スライムが来ていた。

 コタツの上で、俺の酒を狙っている。

 こらこら、直接、飲むな。

 そのコップは俺のだ。

 欲しければ、自分のコップを持って来い。

 ……あ、持って来てるのね。

 用意の良いことで。

 はいはい、ちゃんと注いでやろう。


 酒を注いでいると、テーブルの上に置いてある干し芋が空中に浮かぶ。

 よく見ると、糸が。

 俺が上をみると、屋根の梁にザブトンの子供たち。

 各自、保温石を持っている。

 干し芋を狙ったのではなく、存在をアピールしたかったのだろう。

 わかっている。

 俺がお前達を忘れるわけがないだろ。

 だから、そこでダンスしなくて良いぞ。

 ほら、端のヤツが落ちそうに……おわっ!

 糸でセーフ。

 イエーイ、じゃない。

 コントみたいな真似を。

 危ない事はしちゃ駄目だぞ。

 干し芋は持っていってもいいけど、仲良く分けるように。


 俺はミカンで……あれ?

 ドライムが俺の向かい側に入り、ミカンを食べていた。

 コタツの中で、子猫たちに攻撃されても微動だにしない。

 その為か、子猫たちが俺の方を攻撃してきたのだが?

 はいはい、足の位置を変えますよ。

「それで、どうしたんだ、お義父とうさん」

「孫を見にいったら、娘に邪険にされただけだ」

「……ミカン、もう一つどうだ」

「すまんな」

 ラナノーンが可愛いのはわかるが、まだまだ子供。

 あまり構いすぎない方が良いぞ。

 ラスティにすれば初めての子だしな。

 ヒイチロウに構うライメイレンは良いのかって?

 あれは半分、母親代わりだろ。

 ハクレンも気にしていないみたいだし。

 ヒイチロウを狙っているグラルには手強い母親が二人だ。

 大変だな。

 ははは。

 ヒイチロウは心配していないが、ラナノーンは心配だな。

 嫁にやる時……あ、やめよう。

 嫁にはやらん。



 おっと、気付けばヨウコが来ていた。

 遠慮なくコタツに入り、中の子猫たちを追い出す。

 かわいそうなことをするなよ。

 俺が文句を言う前に、追加の酒樽とツマミがコタツの上に置かれた。

 ……

 文句はない。

 すまない、子猫たち。

 抗議の鳴き声は俺が受け止めよう。

 コタツの中を追い出された子猫たちは、横になっているクロの上でくつろぎ始めた。

 大丈夫か?

 四匹は重くないか?

 よしよし、クロは優しいな。


 ヨウコは軽く五村ごのむらの報告をしてくれる。

 特に問題はなし。

 前に相談した文官の話は、五村に書類業務を処理する機関を作る方向で進んでいる。

 機関ができれば文官娘衆の仕事も楽になるだろう。

 フラウの方も、五村なら遠慮なく呼べる知り合いがいると喜んでいる。

 五村は魔王国領の村だからかな。

 重要なポジションになりそうな気がする。


 ヨウコの持って来たツマミは、茹でたホワイトアスパラにマヨネーズをかけた物とモチ。

 ホワイトアスパラは大樹のダンジョンで作っているから、こっちに戻ってくる時に収穫したものだろう。

 うむ、美味い。

 餅は、冬になった直後に搗いたものだ。

 小分けにしていたのを適当に持って来たな。

 焼いてない。

 はいはい。

 俺が焼きますよ。

 膝の上の猫をどかし、コタツから立ち上がる。

 と、俺のいた場所目掛けてクロの上で寝ていた子猫たちがダッシュ。

 俺が戻れる場所はなさそうだ。



 餅を火鉢の上の網で焼きながら、外を見ると夜なのに大きな灰色の物体が走っていた……

 フェンリルだ。

 あの小さかった子が、大きくなったものだ。

 三メートル超えだもんな。

 インフェルノウルフとの違いはサイズと頭の角の有無かな?

 そして、そのフェンリルが今年の夏の終わりに子供を産んでいる。

 二頭。

 母親似のフェンリル。

 色は二頭とも真っ白。

 生まれてから三ヶ月ほど経過したが、まだ小さい。

 猫ぐらいのサイズだ。

 その子フェンリルたちの世話をするのが、クロの子供の一頭。

 父親だ。

 前々から仲を噂されていたが、無事に種族の差を乗り越えたようだ。

 まあ、それを言ったら俺とルーやティアとかリアとかアンとか……あれ?

 同じ種族というか、人間というか、人族との間に子をなしていない。

 ……

 問題なし。

 子供の数はもう十分。

 いや、まだまだ求められているのはわかるけど。

 子供は神様からの授かりもの。

 運に任せよう。


 話を戻して。

 子フェンリルは、クロの子供たちの小屋の一角で育てられている。

 寒さには強いらしく、冬でも元気に外を駆け回るので父親は苦労してそうだ。

 ああ、今走っていたのは子供の一頭を追いかけていたのね。

 子フェンリルを口に咥えて小屋に戻っている。

 母親も苦労してそうだ。


 俺はチラリと、ドライムと酒を飲んでいるヨウコをみる。

 こっちは楽そうだな。

 いや、今だけか。

 きっと見えないところで苦労しているに違いない。

 うん、そうだ。

 焼きあがった餅をコタツのテーブルの上に置くと、ヨウコは遠慮なく手を伸ばして食べた。

 一気に二つ。

 ……

 美味そうに食っているから、まあ良いか。


 さて、次の餅をと思っていると、ドタドタと賑やかな足音が近付いてくる。

 部屋に入って来たのは、ウルザ、アルフレート、ティゼル、グラル、ヒトエ。

 女性陣と一緒に温泉に行っていたはずだが、一足先に帰って来たのかな。

 ヒトエはヨウコを見つけると、駆け寄った。

 尻尾が面白いほど振れている。

 それを見て、アルフレートとティゼルが俺のもとに。

 ははは。

 よしよし。

 ウルザとグラルは迷わずコタツに入る。

 子猫たちが再度、コタツの中から追い出された。

 抗議の鳴き声が大きい。

 ははは。


 まったりとした夜だった。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ