挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/326

同居人がなんだかんだで増える



 ティアが同居するようになって、十日。

 ルーが体験した事を一通りやって、今ではかなり落ち着いた。

 ザブトンを見て気絶するのは、女性共通だろうか?

 そんなに怖い感じはしないのだけどなぁ。



「確かに身体が持ちませんね」

「でしょ。
 貴女が来てくれて助かったわ」

 急速に仲が良くなった二人は、おいしそうにキュウリとトマトを食べている。

 ティアはキュウリが気に入ったようで、ボリボリとカジッているのだが……

 可愛らしいティアのビジュアルだと、キュウリをカジる姿が似合わない。

「貴女は小さくなって逃げられるけど、私は無理ですから……対策を考えませんと……第一は相手を増やす事ですね」

「旦那様の性格は理解したでしょ。
 増やしたいけど、人間をさらってくるとかシャレにならないぐらいに怒られると思うの」

「でしょうね。
 大丈夫です。
 攫わなければ良いんです」

「心当たりがあるの?」

「ええ。
 ここに来る前に少し見かけました。
 しばらく、空けます」

「……逃げたら、追いかけるわよ」

「逃げません。
 ここには旦那様が居るんですから」

 ティアも、俺の事を色々な呼び方をした後、ルーと同じように「旦那様」で落ち着いていた。



 ティアが所用で出掛けて数日後、クロイチ達の子供が戻り始めた。

 何匹かは、ボロボロになっていた。

 うん、頑張れ。

 初めてここに来た犬は、俺やルーに警戒心を見せるが、クロ達が間に入る事で打ち解ける。

 大きな揉め事はなさそうだ。


 戻って来た子のうち、一匹が少し特殊だった。

 なんとパートナーを三匹、連れ帰って来たのだ。

 三匹かぁ。

 それはイリスの子で、オス。

 連れて来た三匹のパートナーはメスだ。

 気弱そうな感じがしていたが、特に怪我も無い。

 連れて来た三匹とも仲が良さそうだ。

 一夫一妻だと思っていたが……違うのかな?

 まあ、揉めないなら文句は無い。

 そして、フブキに続いて名前を付けた。

 マサユキ。

 前の世界で存在したヒロインがたくさん出てくるラブコメバトル漫画の主人公だ。

 特定のパートナーを決めずに、出てきた女性キャラ全員を妊娠させて終わった最終回は、ネットで大炎上していた。

 伝説のハーレム男、マサユキ。

 憧れはしないが、似た様な生き様をして欲しい。

 ……

 あれ?

 俺もルーとティアに手を出しているから……

 ……

 気にしない事にした。


 クロイチ達の子供達が全員、無事に戻って来ると、一気に密度が上がった気がする。

 用意していた長屋風の小屋の評判は悪く無いようだ。

 まあ、外で寝るよりは十分に良いだろうからな。

 そして、繁殖が始まるのだろう。

 揃って周辺の森に狩りに出掛け、獲物を咥えて帰って来る。

 俺は血抜きや内臓処理で大忙しになった。

 また、途中で何度か大きな猪を倒し、俺が運ぶ為に呼ばれる。

 畑の世話もしなければいけないので、なかなかハードな毎日を過ごしていると、ティアが戻って来た。

 七人の戦装束の女性を連れて。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ