挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

236/324

夏でも頑張る村長とハイエルフ


 祭りが終わり、夏が本格的にやってきた。

 村人はなんだかんだとプールで水遊びをしている。

「ずいぶんと綺麗に使っていたんだな」

 リザードマン達は年中利用するので管理を任せていたのだが、驚くほど綺麗だ。

「一ヶ月に一度は水を抜いて洗いましたから」

「感心だが……ほどほどにな」

 あまり無理する事はないぞ。


 俺もさっそくプールにと思うが、やらなければならない事が多い。

 各村の希望に応えたり、温泉地の設備を増やしたりだ。

 ああ、シャシャートの街のお店の相談も、マイケルさんとしなければいけない。

 小型ワイバーン通信だから、時間の掛かる文通だ。

 おもむきがあっていいが、同じ内容の文章を残しておかないと何を書いたか忘れてしまう。

 結果、二通書かなければいけないという労力。

 字を書く練習になって良いと思うか、面倒と思うかは個人の差だろう。

 俺は面倒と思う。

 コピー機が欲しい。

 文官娘衆達は、慣れているのか苦もなく、当たり前のように二通書いている。

 一部、サボって下書きを残すだけの者もいるが……

「下書きが清書レベルでちゃんと書けているんだよな」

 羨ましい。



 俺はハイエルフ達と共に各村を回り、希望に応える。

 一村にキノコ畑。

 うん、わかってる。

 トリュフね。

 トリュフは木の傍じゃないと駄目かと思ったけど、普通に地面で大丈夫だった。

 なので、がっつりこの辺り一面に……

 そういえば、黒トリュフ以外に、白トリュフもあったな。

 それもこっちで評価されるのかな?

 余計な事を考えながらやったから、黒トリュフと白トリュフが混じるかも。

 まあ、同じトリュフだ。

 キノコ系は、一回収穫できた場所からまた何度か収穫できる。

 頑張って収穫して欲しい。

 あと、個人的な好みで申し訳ないが、木材を組みシイタケを。

 キノコ類の世話……一番しなければいけないのが虫や鳥、獣などの外敵退治なんだが、それらは一村にいるザブトンの子供達が任せろとジェスチャーしてくれているので、お願いする。



 二村には農具を追加で提供。

 クワ、オノ、カマ。

 あと、希望されたのでフォーク。

 飼葉などを集めたり運んだりする三つ又の槍だ。

 二村のミノタウロス達が扱う農具となると、ビッグサイズ。

 しかし、フォークをそのままビッグサイズにしても役に立たない。

 作物が通常サイズだからな。

 フォークの隙間から全部落ちてしまう。

 ははは。

 反省。

 新しく作る。

 今度はフォークの串を増やした。

 あ、農具製作はガットが頑張ったから、お礼は俺よりもガットに。

 失敗したフォークは……飾る?

 構わないけど、ちょっと恥ずかしい。



 三村に新しい家と、村の外周を取り囲むようなコース。

 新しい家は、ハイエルフ達と共に数日で。

 村の外周を取り囲むコースは、俺が【万能農具】で道を作る要領で。

 村を作った時に比べると、道を作るのも速くなった。

 コースの硬さはこれぐらいで良いかな?

 ちょっと柔らかいかなと思うんだが……踏み固めるから大丈夫と。

 了解。

 さっそく完成したコースをケンタウロス族が走っている。

 ケンタウロス族は速度を出せるなら戦闘力はなかなか。

 三村の防衛を考えても、これは正解だな。

 で、えーっと……

 あの壮絶なレースが始まったけど、あれは?

 あ、求婚の儀式的なヤツ?

 コースが出来るのを待っていたと。

 遅くなって申し訳ない。

 お幸せに。



 太陽城こと四村は……

 調味料関連を育てさせてもらう。

 希望は特になかったが……料理を作ってやろう。

 なにが良い?

 鍋?

 あー、まあ、ここは季節を気にしないからな。

 では、鍋で。

 足りない食料は、気球で運ぶ。

 気球の数は増えたけど、一回で運べる量は少ないからな。

 なんとか改善したいが、今は手がない。

 要研究。

 料理の後、太陽城の缶詰工場を見学。

 本格的な工場ではなく、お土産を保存する為の設備らしい。

 ただ、性能は凄い。

 缶の原材料を送り込むだけで、缶を作っている。

 缶はとても薄い。

 それでもって錆にくい加工がされている。

 俺の知っている缶詰の缶と大差ない。

 ただ、残念ながら缶以外は作れないみたいだな。

 缶の中に物を詰める作業も自動だけど、詰める物はこっちで用意しないといけない。

 初めて試作してもらった缶詰には、いていないミカンが入っていた。

 しかもシロップもないから、振ったら缶の中でミカンが当たって傷む。

 凄いシュールな缶詰だ。

 フルーツ缶を作る場合、フルーツをカットしてシロップに漬けた状態で渡さないと駄目みたいだ。

 まあ、日産量が少ないから商売には利用し難いだろう。

 ベルの話では、この装置に詳しい者が起きれば、もう少しなんとかなるらしい。

 缶詰が利用できれば、調味料などの保存が利いて良いなと思ったりする。

 期待したい。




 温泉地に向かい、施設を増やそうと思う。

 夏場でも、なんだかんだで温泉は気持ちが良い。

 問題は出た後だな。

 暑い。

 ライオンが魔法で氷の塊を出してくれた。

 そうか。

 魔法が使えるのか。

 凄いな。

 さて、来たからにはしっかり働こう。

 まずは始祖さん用に施設の充実。

 と言っても、小屋を新しく……

 思ったより痛んでいないな。

 温泉地だから、それなりに傷むと思っていたのに。

 木材が丈夫なのだろうか。

 じゃあ、新しい小屋を作ろう。

 ここの警備をしている死霊騎士達の専用の小屋も同時に。

 木材を俺が用意した後はハイエルフ達に任せ、俺はライオンの希望を叶える。

 ライオンの希望は、雨を避ける場所だ。

 ただ、今の季節だと太陽も厳しいだろう。

 なので、温泉地に程良く近く保温石の出ない辺りの岩壁をえぐり、雨と日光から逃れる場所を確保。

 そこを小山のようにしておけば、雨が降っても濡れる事はないだろう。

 動物園の一角のようだが……

 ライオン達はこれで良いかな?

 まずはお父さんライオンがチェック。

 次にお母さんライオンがチェックして、子供達が続いた。

 問題はなさそうだ。

 ああ、まだ、この辺りが硬いか。

 少し柔らかくしておこう。


 温泉地に増えたのは、宿泊用の小屋が二棟。

 一棟は死霊騎士達用だ。

 木製の板を壁にして、入浴中の日除け。

 近くの川から新たに引いた水道。

 あと、ライオン達用に大きめの屋根と床だけの場所を作っておいた。

 なんだかんだでライオン達、死霊騎士の傍にいるからな。


 ライオン達の食料は、死霊騎士達によって退治される魔物、魔獣で十分というか余っている状態。

 腐らせた物を捨てる場所を用意しておこう。

 俺が来た時に処理すれば良いだろう。

 こんなものか。

 感謝の踊りは別にしなくて良い……新しいバージョンだな。

 練習していたのか?

 子ライオン達も参加か。

 くっ。

 付き合うしかないのか。




 大樹の村に戻ると、もうすぐ収穫時期。

 頑張らないとな。

 しかし、今は……

 ちょっと遊ぶ。

 俺の手には太陽城でもらって来た空き缶。

「缶蹴りやるぞ」

 俺は子供達を集め、缶蹴りを楽しんだ。

 ……

 子供達の体力を侮っていた。

 凄いな。

 そして、このままでは俺がずっと鬼。

 数人捕まえた後に、缶を蹴られるダメージが果てしない。

 仕方が無い。

 鬼を増やすか。

 見れば、参加したそうにしている者達がいるしな。

 ルールは明確に。

 暴力、魔法は禁止。

 村の外に出るのも駄目だぞー。

 ニュニュダフネ、木になるのはやめてくれ。

 ハクレン、全力で蹴るのは無しだ。


 日が暮れるまで缶蹴りを楽しんだ。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ