挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

110/326

慣れた?



 ニュニュダフネ達は、こちらが考えていた以上に自給自足が可能だった。

 食料を特に必要としないのが一番良い。

 いや、食べたり飲んだり出来るが、水や日光で十分なのだそうだ。

 そして、待ち姿勢の狩り。

 獲物が狩れるまで、何日でも同じ場所で待機できる持久力。

 簡単に言えば、世話が不要だった。

 必要なのは許可。

「この辺りで日を浴びるのは構わない」

「人の姿をしている者は、全裸で動き回らないように」

「木に寄生しているように見えるが……本当か?
 まあ、その木なら構わないが村の中央の木に何かしたら……」

 世話は不要だが、手間が掛からないわけではない。


 ニュニュダフネ達には二村周辺で狩りをしてもらっていたが、二村の建築作業が始まると護衛のクロ達がいるので一村周辺に場所移動。

 でも、一部は大樹の村や二村で待機してもらっている。

 待機の理由は、警報と光源。

 ニュニュダフネ達は、ある程度の距離の同族に対し、念話が出来るらしい。

 念話と言っても細かい事を伝えられるワケではなく、現在の位置や「満足」「不満」「安全」「危険」などのシンプルな内容をふんわりと伝えられる。

 注目したのは位置と「危険」が伝えられる事。

 つまり、村に居る時に「危険」を発信したら何かあったと判断できる。

 精度的にはイマイチだが、気付けば他の村が魔物や魔獣に襲われて全滅していたという事態は避けられると思う。

 これが警報。

 光源に関しては、ニュニュダフネ達は切り株姿の時に発光する事が出来た。

 切り株から、植物を伸ばし、程よい高さで花が咲き、それが幻想的な灯りとなった。

 野外を好む事と合わせ、夜の街灯ならぬ村灯としてのポジションを確立したのだ。

「マム。
 ニュニュダフネ達から要望があったりはしないのか?」

「いくつかありましたが、私で対応できる内容でした。
 問題は……服の習慣ですね」

「ああ」

 ニュニュダフネ達は、本来は全裸の種族らしい。

 それは人の姿の時も同じ。

 話を聞くと、いま着ている似合わない服は、マイケルさんが贈ったものだそうだ。

「マイケルさんに感謝だな」

「はい。
 それで、どうしましょう?
 一応はその辺りの指導を重点的にやっていますが……」

 切り株姿になった時に服が脱げるらしいので、狩りに行っている間は全裸。

 スタイルが良いのが目の毒だ。

「人の姿で村にいる時は、着用義務。
 自分の家の中なら、強制はしないという感じで」

「わかりました」



「今更だが、ミノタウロス達がこの村に来た経緯は聞いているか?」

 忙しくて忘れていた。

「はい。
 聞いています」

 ミノタウロス達の世話役のナーフが答えてくれる。

「ゴードンさん達が、以前住んでいた場所で養蚕業をやっていたのは聞いていますか?」

「普通に農家をやっていたと聞いているが……
 蚕を育てていたのか?」

 前にミノタウロス達が農業を出来るのか不安になり、聞いた事があった。

 その時、農業はやっていたから大丈夫だと胸を張られたのを覚えている。

「はい。
 農業もやっていたのですが、移住の原因は養蚕業です」

「……?
 何があった?
 蚕が病気で全滅でもしたのか?」

「いえ、順調な売り上げを誇っていたらしいのですが、その地を納めていた領主が無理を言ったそうです」

「無理?」

「蚕の繭が高値で売れるので、生産量を増やすようにと」

「ああ、なるほど」

 領主の気持ちはわかる。

 儲けが出る商売は手広くやりたいものだ。

「ですが、生産量を増やせと言われても、生き物を扱う仕事ですからすぐには対応できなかったらしいのです」

「そうだろうな」

「それに怒った領主が、税率を引き上げてしまい……」

「……は?
 税率を引き上げって、その領主は無能か?」

「でしょうね。
 ゴードンさん達は三年ほど頑張ったそうですが耐えれず、結局は村を捨てたそうです」

 結果的に、儲けの出ていた産業を儲けに目が眩んで潰したのか。

 しかも、村を捨てる決断までさせるとは……

「その後、各地を放浪している時に、運良くドライムさんの手の者と連絡が付いてこの村に来る事になったそうです」

 なるほど。

 それでこの村に来た時、あんなにガリガリだったのか。

「私の勝手な意見ですが、二村で安心して暮らせるようになって、本当に良かったと思います」

「そうだな。
 この先も安心してもらえるように、頑張っていこう」

「はい」


「ちなみに、その無能な領主はどこの国に居るんだ?
 まさか、フルハルト王国か?」

「いえ、流石に違います。
 国の名前は覚えていませんが、フルハルト王国よりかなり西の方の国だったかと。
 聞いてきましょうか?」

「いや、思い出させるのも悪い。
 ちょっと気になっただけだ」

 なんでもかんでもフルハルト王国の所為にするのは良く無いな。

 イメージの悪い国だけど。



 ケンタウロス達が住む予定の三村の建設は、急作業で行われた。

 俺が【万能農具】で切り拓いた土地に、ハイエルフとリザードマン、ミノタウロス達が家を建てていく。

 ミノタウロス達の家と同じく、平屋中心。

 下半身が馬のケンタウロス達との差は大きいので、まずは小さな一軒屋を建てて問題点を洗い出す。

「通路が少し狭いです。
 これでは一人しか通れないので、すれ違えません」

「扉の取っ手の位置は、もう少し高い場所で。
 窓も高くお願いします」

「ここの中途半端な段差は無い方が良いです」

「無理に床板を張る必要はありません」

「室内は扉よりも、カーテンの方がありがたいです」

 最初は遠慮していたケンタウロス達だが、俺とラッシャーシが強く求めたので少しづつ意見が出始めた。

 合わない家に無理に住んでストレスを溜められるのはよろしくない。


 ケンタウロス達の意見をある程度まとめると……

「ちょっと豪華な馬房?」

 馬房の一角に台所やトイレがある感じだ。

「ま、まあ、下半身が馬ですから……その、生活はそっち方向になってしまうかと……」

 グルーワルドが困りながら言うので、その認識で良いのだろう。

「方向性は理解したから、とりあえず急ごう」

 建物の形が決まれば、後は早い。

 一斉に何棟かを作り始める。

 そろそろ肌寒くなって来ているので、急がないといけない。

 間に合うかどうかギリギリだろう。


 俺達は一心に建築作業に従事した。



 そんな中、俺はゴードンとグルーワルドの二人を呼んだ。

 場所は三村の出来たばかりの家の一つ。

 まだ誰も住んでいないので、周囲には誰も居ない。

「大事な話がある。
 しっかり聞いて欲しい」

 俺の宣言に、二人の顔が引き締まる。

「本当に大事な話だ。
 率直に聞く。
 ゴードン。
 お前達は、他種族との交配は可能か?」

「交配?
 え?
 ……あ、ああっ。
 すみません。
 えっと……可能ですが、その問題があります」

 ゴードンの喋りは、以前よりも少し丁寧になった。

 二村で落ち着く事が出来たからだろうか。

 しかし、距離が少し遠くなった気はする。

 なぜだろう。

 疑問を横に置いて……

「問題?」

「はい。
 その……」

 ゴードンがグルーワルドを気にしたので、グルーワルドに耳を塞ぐように頼んだ。

 そして聞かされるミノタウロス達の交配事情。

 うん、普通の交配。

 ただ、サイズに問題があった。

 要約、ミノタウロスはミノタウロス以外は無理じゃない?

 というか不可能。

 最善ではないが、こちらに求めて来ないならOKだ。

「ゴードン、恥ずかしい話をさせて申し訳なかった。
 そして理解した。
 ミノタウロスはミノタウロス達で幸せな家庭を築く事を願う」

「承知しました。
 あの、ただ、その……」

「なんだ?」

「男の方は滅多にいないのですが……女の一部はミノタウロス以外を求める者もいまして。
 村長の好みに合うかどうかわかりませんが……差し出す事は可能です」

「待て待て待て」

「はい」

「求めてないから」

「え?」

「ハッキリ言うぞ。
 求めてないから。
 遠慮でも謙遜でも遠回しの表現でもなくだ」

 俺の宣言に、ゴードンが困った顔をする。

「お前達を侮蔑しているワケではない。
 言っただろ。
 ミノタウロスはミノタウロス達で幸せな家庭を築く事を願う。
 それだ」

「それはわかるのですが、女の一部はミノタウロス以外を求めまして……」

「矯正しろ」

「え?」

「矯正だ。
 いいか頼むぞ。
 俺は、お前達の誰かから差し出して貰おうとか一切考えていない!
 恩を感じるなら労働で返して欲しい」

「……承知しました」

「まだ不満そうだから、言っておく。
 ドワーフ達は男性だけだし、リザードマンの女性には手を出すのは不可能だ。
 俺の言っている意味はわかるな。
 別に俺に誰かを差し出さないと、立場を得られないわけじゃない。
 それに、差し出したからと優遇する事もない。
 覚えておいてくれ」

「承知しました」

 話が終わったのでゴードンを先に返し、次はグルーワルドと話をする。


「女性に聞くのは恥ずかしいが、これも種族代表の勤めと思って答えて欲しい」

「なんでしょうか?」

「ケンタウロス達は、人間との交配は可能か?」

「…………………………そ、その質問が、人間の子を産めるのかという事なら、残念ながら不可能です」

 赤面されながら答えてくれた。

 おおっ。

 不可能。

 無理。

 OK!

 ベストアンサー!

「ですが、遠慮は無用です村長。
 楽しむ事は可能です!」

「…………は?」

「ま、ま、まだまだ未熟な私ですが、男女の楽しみ方は色々あると聞いています!
 幸いにも、私は胸に自信があります!」

「待て待て待て!」

「覚悟は出来ています!
 さあ、お命じください!」

「命令しない。
 そして、その覚悟は捨てるように」

「なぜですか!
 こう言ってはなんですが、私は強気な女です。
 男性は、強気な女性を虐げる事に喜びを見出すと聞きかじった覚えがあるのですが?」

「誰に聞いたのかな?
 あと、男性全員がそうじゃないからな」

「ではなぜ、そのような質問を?」

「そ、そうだな、それを先に言っておけば良かった。
 種族間のトラブル防止の為の調査みたいなものだ。
 誰かを差し出せとかいう話じゃない」

「トラブル防止?」

「将来的に、子供達が大きくなった時の事を考えてだ」

「……」

「どうした?」

「わ、私達の事をそこまでお考えに……ありがとうございます」

「いや、まあ、こっちの都合もあるから……
 だが、交配が不可能なら、ケンタウロスはケンタウロス達で幸せな家庭を築いて欲しい」

「はい!
 わかりました!」

 うん。

 良い返事だ。

「それで、私はいつから村長のお部屋に伺えばよろしいでしょうか?」

「ん?」

「私はいつから村長のお部屋に伺えばよろしいでしょうか?」

「君は何を言っているのかな?」

「い、いつ、楽しみます?
 こういった事を言わせるプレイですか?」

「違う!
 何を聞いていた!
 俺は、ケンタウロスはケンタウロス達で幸せな家庭を築いて欲しいと言ったんだぞ」

「はい。
 村長のお気持ち、感謝します」

「で、それがどうして俺とお前が楽しむ事になるんだ?」

「この村で安定した立場にいなければ、幸せな家庭は築けません。
 安定した立場にいる為には、村長のご寵愛を受ける者がいれば良いと考えます。
 不肖、このグルーワルドが立候補させて頂ければと」

「あー……ゴードンにも言ったが。
 大丈夫だ。
 気にするな。
 俺がどう思おうが、追い出したりはしない。
 安心しろ」

「そうは言われましても……」

「んー……」

 新しく来た者は、新しく来た者で悩みがあるのか。

 十分に慣れたと思っていたが、まだまだそうではないのか。

 難しい問題だ。

 とりあえず、服を脱ごうとするグルーワルドをなんとか説得し、この場を切り抜けた。


 誰か、相談に乗って欲しい。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ