挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

109/325

時間との戦い


 収穫はかなり早いペースで行われた。

 冬までの時間が勝負だ。

 いつ寒くなるかなんて、誰にもわからない。

 収穫した物は文官娘衆によって数えられ、倉庫に納められる。

 今年は売却を控えようかとも思ったが、付き合いがあるのでそうもいかない。


 まず、ハウリン村との交易という名の交換市に参加する。

 この時、これまで村にいたガルフ達も同行し、向こうへ帰る。

「世話になった」

「そうか?
 ほとんど娘達の家に居ただろ?
 俺はあまり世話した覚えがないぞ」

「ははは。
 そうだが、食べ物とか酒とか貰ったからな。
 うん、良い村だ」

「……別れはすんだのか?」

「ああ。
 名残惜しいが村で妻や他の娘が待っているからな」

「村に居る限り、娘の面倒は見るから心配するな」

「わかっている。
 娘を……いや娘達を引き受けてくれた事、感謝している」

「まあ、余裕が出来たらまた来てくれ」

「ああ。
 遠慮しないぞ」

 ハウリン村との交易は、ティアとラスティが担当。

 頑張って貰った。


 次にドライム、ドース、ライメイレンの場所へ収穫物のお裾分けという名の季節の贈り物。

 食糧に不安があるのになぜと思うかもしれないが、今回は販売の意味が強い。

 お礼を期待しての贈り物だ。

 お礼を期待して贈り物をするなんてと思うが、背に腹はかえられない。

 作物を手っ取り早く現金や宝石に換える。


 ビーゼルとの取引も同じだ。

 食料を売って現金を受け取る。


 そしてシャシャートの街のマイケルさんの所にも作物を持っていき、売ったお金やこれまで貯めたお金で食料を買い付ける。

 事前に話を通しているので、食料は用意してくれている。

「食べ物を売って、食べ物を買うなんて変な気分です」

 マイケルさんの所にまで買い付けに行った文官娘衆の一人がそう言うが、今回は質よりも量が必要だからな。

 と言っても気持ちはわかるので、穀物類よりも魚介類を多めにしてもらっている。

 目標は、全員が無事に冬を乗り越える事。

 来年以降は、各村で農作業をして貰うから大丈夫。

 ……あれ?

 ミノタウロス、ケンタウロス、ニュニュダフネは農業できるのか?

 いや、ここに来るまで生活していたのだから大丈夫だろう。

 ……農業をしていたとは聞いていないな。

 無理か?

 ニュニュダフネは無理っぽいなぁ。

 合わない作業をさせても非効率だしな。

 今度、それも相談しよう。



 村に食料がドンドンと運び込まれていく。

 食料を保存する為の倉を作りたいが、後回し。

 簡単に作れる地下室を増やして納めていく。


 収穫と売買が終われば、手の空いた者から急いで二村に向かって建築作業。

 ミノタウロス達が住む為の大きな家を建てていく。

 ミノタウロス達が住むサイズでの二階建ては厳しいので、全て平屋。

 内装は後回し。

 とりあえずは屋根。

 次に壁。

 そして冬に備えての防寒対策。

 この建築作業にはミノタウロス達も参加できたので、かなりのハイペースで進んだ。

 俺も二村に行っては井戸とトイレの建設をする。


 俺は大樹の村に戻るが、建築作業をしている者の大半が二村で寝泊りしている。

 なんだかんだで大樹の村と二村の距離があるので、その時間を短縮する為だ。

 そして、作業をする者達の護衛にクロやザブトンの子供達もそれなりの数が二村周辺に移動している。

 お陰で、大樹の村が少し寂しい。


 ミノタウロスの大人達は二村に住みながら建築しているが、ミノタウロスの子供達は大樹の村に居る。

 その世話をしているのがケンタウロス達。

 ケンタウロス達は、その姿から予想できるように走るのが得意だった。

 得意の戦い方も、速度を上げてからの突撃や、殴って逃げる機動戦、距離を保ちつつ一方的に殴る遠距離攻撃と足を使うものだった。

 最初、グルーワルド達が森の中で兎相手に苦労していたのは走れなかったからと判明。

 彼女らは走れる道上では、かなり強かった。

 そこで、大樹の村と二村の間の輸送、連絡要員を頼んだ。

 途中で遭遇する魔物や魔獣を倒す必要が無く、逃げて良いとなれば、グルーワルドともう一人だけでなくケンタウロスの大人全員が協力できた。

 大体、五人ぐらいでチームを作り、走っている。

 大樹の村から一村を経て、二村まで三十分ぐらい。

 速度的に四十キロといった感じだろうか?

 聞けばもう少し早く走れるとの事だが、無理はしないで欲しい。

 でも、最速を知りたいのでチャレンジして貰ったら、大樹の村から二村まで二十分ぐらいだった。

 凄い。

「あの村長。
 牧場に馬が居ましたが、乗馬をされるのですか?」

「ん?
 ああ、するが……まあ、乗せられているだけだ。
 なかなか言う事を聞いてくれない」

 ひょっとして、グルーワルドは馬と会話が出来たりするのだろうか?

 なら、俺の言う事を聞くように言って貰えないだろうか?

 いや、馬に不満があるなら聞こうじゃないか。

 ひょっとして付けた名前が気に入らないとか?

 ネーミングに関しては、自信が欠片も無いからなぁ。

「その、村長。
 私に乗ってみますか?」

「え?」

「お話ができますので、馬よりは乗りやすいと思いますよ」

「え、えっと……」

 グルーワルドの下半身、馬の部分を見る。

 うん、馬だ。

 馬の背中部分を見る。

 乗れそうだ。

 乗れそうだが……

「俺が乗っても良いのか?」

「はい。
 どうぞ」

 グルーワルドが両足を曲げてしゃがんだので、俺は素直にその背中に跨った。

 グルーワルドが立ち上がる。

 高い。

 馬に乗った時の高さだ。

「歩きます」

 グルーワルドがスタスタと歩く。

 お尻を置いている背が上下に揺れる。

 うん、馬に乗った時と変わらない。

「少し、早く歩きます」

 おおっ。

 乗馬してる。

「走ります」

 ……

 ビビるほど速かった。

 鞍とか鐙が無いと危ないと思う。

 この後、俺が二村に行くのにグルーワルドが運んでくれるようになった。

 グランマリア達が少し嫉妬の目でグルーワルドを見ていた。

 あと、クロ達。

 グランマリア達はわかるが、クロ達に乗った事は無いぞ。

 ついでに、馬が拗ねた。

 いや、すまない。

 お前をないがしろにする気はないんだ。

 だが、言う事を聞いてくれないだろ。

 機嫌を直させるのに少し苦労した。

 グルーワルドに乗る時は、なるべく馬の目にふれないようにしよう。



「村長。
 水車の試作六号が出来ました。
 今度こそ上手くいきます!」

 山エルフ達の水車作りは、順調とはいかなかった。

 試作一号、二号は上手く回らず、失敗。

 三号は回転したが、水が上手く汲めなかった。

 四号は回転、水汲み共に上手く行ったが、数日後に回転が歪み、壊れた。

 また、汲める水量が少ないのが問題にされた。

 五号は耐久性を追及した所為か、重くなり過ぎて上手く回らなくなった。

 そして六号。

 上手く行った四号を基礎に、水車の軸を鉄製にする事で耐久度をアップ。

 汲み上げる水の量を増やす為、かなりの大型水車になった。

 直径は三メートル超。

 かなり軽量化しているが、水車を設置場所に運ぶのにドラゴン姿のラスティに協力してもらった。


 川には水車を固定する為の台を作り、設置している。

 こちらも試作が三回ぐらい作られた。

「位置確認、問題なし!
 水車、降ろします!」

 山エルフ達がほぼ総出で、水車を見守っている。

 ガゴッと水車が降ろされ、設置している台の所定の場所に軸が嵌る。

 そして……

 川の流れに押されてゆっくりと動き出した。

 湧き上がる歓声。

 だが、汲み上がらない水。

 失敗かと暗い空気が漂った。

「あっ!」

 水車の向きが逆でした。

 汲み上がらなくて当然。

 時間を掛けて正しく設置し直し、改めて動作チェック。

 予定している水量の汲み上げに成功した。

「良かった。
 本当に良かった」

 山エルフ達が涙を流した。

「見た感じ、楽勝とか思って舐めてました」

「木の重さまで考えないと駄目だったなんて……」

「ううっ。
 でも、楽しかった」

「改善点、まだ三つぐらいあるけど」

「ともかく、良かった」

「で、後、これを二つでしたっけ?」

 農作業をするかどうかはわからないが、川の水が引けるのは今後の役に立つ。

 頑張って貰おう。



 収穫が終わってから四十日ほどで、大きな平屋が二十五棟ほど完成した。

 ミノタウロス達も平屋が完成する度に住み始めているので、問題点はすでに洗い出されて改善している。

 これでミノタウロス達の寝床問題は解決したと結論。

 冬の間、北のダンジョンで暮らして貰う案は、そのままケンタウロス達にシフトした。

「できれば、冬の間もこちらでお世話になりたいです」

 グルーワルドの希望を叶えてやりたいが、冬の寒さは厳しい。

 一人二人ならなんとかなっても、ケンタウロス達は子供を含めて百人以上だ。

「三村の建設を急ごう」

 冬が来るまでに、出来る限りの事はする。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ