挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
修羅の国九州のブラック戦国大名一門にチート転生したけど、周りが詰み過ぎてて史実どおりに討ち死にすらできないかもしれない 作者:北部九州在住

天然チート爺vs量産型チート主編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

183/207

旧宇都宮領残敵掃討戦

作者のための状況説明回
「淡輪重利。
 戻りましてございます」

 八幡浜に上陸した淡輪重利とその手勢を俺たちは萩森城で出迎えた。
 雇えたのは雑賀衆と根来衆が各五百の千。
 比叡山の僧兵と御陣女郎は同じく各五百の千。
 合計二千の兵の到着である。

「助かった。
 これで本格的に攻勢に出れる。
 兵は再編して大鶴宗秋に預ける。
 御陣女郎達は有明の下につける」

「承知いたしました」

 毛利家が伊予から撤退に入った事もあって、こちらは防御を固めながら兵の再編に務める。
 結果、こちらの兵力はこんな感じになっている。


八幡浜 萩森城
 大友鎮成        千
  大鶴宗秋     千五百 
  一万田鑑実     三百
  南方親安      二百

大洲 地蔵岳城
 大野直之       五百
  長宗我部元親     千
  日田親永      二百
  奈多政基      五百
  柴田紹安      三百

黒瀬城       
 雄城長房       五百

宇和島城          
 田中成政       五百
  入田義実      二百
  渡辺教忠      五百
  土居宗珊      三百

宇和島城 再編中   千五百

合計          九千 


 一万近い軍勢のように見えて、その内情はかなり寒いものになっている。
 それをバラしてみよう。

 大友鎮成        千
   御陣女郎      七百

 大鶴宗秋      千五百
   雑賀衆       五百
   根来衆       五百
   延暦寺僧兵     五百

 田中成政       五百
   遊女        三百

 宇和島城 再編中  千五百
   浪人衆        千

 こちらの命令に従わない可能性あり
  長宗我部元親     千  
  日田親永      二百
  奈多政基      五百
  柴田紹安      三百


 つまり、三千五百の兵が張り子の虎で、二千の兵がこちらの指揮に従わない可能性がある。
 半分以上の兵が使えるかどうか怪しいという状況なので、更なる再編を行わないと怖くて進撃が出来ない。
 とりあえず、新しく来た御陣女郎達は有明に管理させ、宇和島に置いていた馬廻を全部持ってこさせる。
 佐田岬半島防衛戦で馬廻は五十人ほど損害が出たので、空いた分は大鶴宗秋と一万田鑑実の推挙で補充するのも忘れない。
 宇和島城の部隊も再編させる。
 強引に兵を再編させてきた入田義実に城代を任せて、田中成政には遊女の管理と奉行を任せる。
 土居宗珊も宇和島に置いたままにして、トラブル防止の宇和島警備を命じ、渡辺教忠は八幡浜に呼び寄せる。
 再編途中の部隊は全部吉弘鎮理に預ける事にして、黒瀬城の警備を命じつつ戦力化を急がせ、浪人衆は小野鎮幸と白井胤治に渡して雄城長房の兵と共に八幡浜に持ってこさせる。
 大鶴宗秋が指揮する畿内から来た連中は、淡輪重利が雑賀衆の、柳生宗厳が根来衆の、上泉信綱は延暦寺僧兵の大将に指名してそれぞれの隊の掌握を命じる。
 これらの事に更に一週間の時間が経過して、やっと長浜攻略が始められた。

 長浜攻略軍
  大友鎮成     千二百 (大鶴宗秋・佐伯鎮忠・有明・果心・お蝶・井筒女之助)
  長宗我部元親     千
  日田親永      二百
  奈多政基      五百
  柴田紹安      三百
  淡輪重利      五百
  柳生宗厳      五百
  上泉信綱      五百
  渡辺教忠      五百
  雄城長房      五百
  小野鎮幸      五百
  白井胤治      五百

 合計       六千七百


 長浜近くの城の防備は固められており、旧西園寺家と旧宇都宮家の残党およそ数百が死兵として死守していた。
 毛利軍の伊予撤退は進んでいるが万一を考えて、複数の攻撃地点を選ぶ事にした。
 まずは、大洲盆地から内子を通って犬寄峠を押さえる隊。

  長宗我部元親     千
  日田親永      二百
  奈多政基      五百
  柴田紹安      三百

 寄せ集めの部隊だが、長宗我部元親自身が求めている重信川南部への進出である。
 河野家が出ないならこの兵でも大丈夫という判断だった。
 次に攻勢正面の長浜だが、大洲からの攻撃部隊がこんな感じ。

  大鶴宗秋      二百
  小野鎮幸      五百
  淡輪重利      五百
  柳生宗厳      五百
  上泉信綱      五百
  白井胤治      五百

 使い潰しても問題ない連中を攻勢正面に据える。
 それだけだとろくに連携をとらずに負けかねないので、大鶴宗秋に馬廻二百ほどの兵をつけて全体を統括させる。
 今までと同じ戦い方であり、いずれできなくなるだろう戦い方だ。
 彼が居なくなった時の事を考えて、柳生宗厳や上泉信綱あたりを将として使ってみる事にする。

  渡辺教忠      五百
  雄城長房      五百

 この二隊は更なる別働隊として喜木津から長浜と、出石寺を押さえる任務を与える。
 渡辺教忠が喜木津で雄城長房が出石だ。
 で、俺は八幡浜にて一万田鑑実と共に待機。
 小早川隆景が見たら格好の各個撃破のチャンスだろう。
 だが、九州情勢の緊迫化が、彼をこの地に留める事ができなくしていた。
 田原親宏率いる別働隊一万が豊前国蓑島城に本陣を置き、門司城攻撃の準備とばかりに周辺の反大友勢力への攻撃を開始したのだ。
 なお、この別働隊に多胡辰敬と麻生鎮里も合流している。
 具体的には、貫親清の貫城と長野祐盛の長野城でその兵力は両方合わせて三千ほどだが、二将の戦力は門司城に詰めていたのであっさりと降伏・開城したという。
 長野城を占領した田原親宏はこの城を大友宗麟了解のもとで大内義胤に与え、大内家の復興を宣言。
 多胡辰敬に門司城の警戒を命じて、自身は九千の兵で麻生隆実が守る帆柱山城を攻めるらしい。
 香春岳城の第二別働隊は、多胡辰敬と麻生鎮里を第一別働隊に渡した残りの戦力で南下し、戸次鑑連が攻める古処山城の支援に向かう。
 南北から挟み撃ちを食らった古処山城の将兵は城に火をつけて逃亡し、大友軍本陣が置かれた日田との連絡線確保に成功する。
 こうした大友軍の動きに対して竜造寺隆信は、後が無いのが分かっているので高橋鑑種の後詰を合わせた八千の兵を自ら率いて筑後国へ侵攻し、筑後川を挟んで田北鑑重と吉弘鑑理の率いる一万四千の軍勢と対峙していた。
 一方、順調に見える大友軍だが問題が発生していた。
 木崎原合戦以下一連の合戦で和議という形の従属を選ばざるを得なかった相良家が阿蘇家との同盟を破棄し、肥後国が風雲急を告げようとしていたからである。
 古処山城を落とした事で義理は果たしたという理由で甲斐宗運が帰国。
 肥後衆主体の後詰部隊も肥後に矛先を向けて、万一の対峙に備える事に。
 甲斐宗運の兵が居なくなった戸次鑑連は、第二別働隊を指揮下に置いて臨時の予備兵力として北と西どちらにも動けるようにしていた。 
 つまる所、俺と小早川隆景の環境というのは優劣の差があるが実は同じで、主戦場たる九州にどれだけ早く出るかという所がポイントになっている。
 で、こちらの戦線に見切りをつけた小早川隆景と、勝ったがゆえに残らざるをえない俺は、ここだけ見たら勝敗が逆転していた。
 九州の戦場が何事もなく終わるとは考えられない。
 小早川隆景が、吉川元春が、竜造寺隆信が、鍋島直茂が、島津一族が。
 そして毛利元就が最後の命の炎を輝かせて渾身の博打を打つ西国の大一番が、順当に兵の多さだけで勝敗が決るとは思えなかった。
 だからこそ、俺も九州に渡る必要がある。

 大友家が大敗しないように。
 大友家が大勝しないように。



 萩森城の一室にて待つ間、淡輪重利から持ち帰ってくれた畿内情報を確認する。
 斎藤龍興が居なくなった事で浅井家と本願寺の連絡線が遮断され、浅井家は織田家に降伏。
 武田家という背後の敵を抱えていた織田信長はこれを許し、その全戦力を武田家に向けた結果思わぬ大逆転劇が発生した。

「遠江国にて、織田・徳川連合軍が、武田・今川連合軍に勝利!」

 飢饉にあせった武田家はある意味墓穴を掘った。
 主力を美濃に向けて織田軍と対峙しつつ、別働隊を遠江と三河に略奪に向かわせたのだ。
 それに呼応する形で今川家が旧領回復の兵を出したが、浅井家が降伏して背後が安全になった事を織田信長は見逃さなかった。
 羽柴秀吉と明智光秀が越前を死守し、柴田勝家が南近江から浅井家を睨みつつ、美濃・尾張の兵をかき集め岐阜城を死守し武田軍の挑発に乗らず、伊勢の兵を海路三河国徳川家の後詰に向かわせたのだ。
 三方ヶ原で発生した武田・今川軍二万と織田・徳川軍三万の戦いは、滝川一益率いる織田軍が今川軍と武田軍を各個撃破する離れ業を演じて見せた。
 まるで亀背越合戦の俺の手法を真似たかのように。
 この戦いで徳川軍は遠江国掛川城を落として遠江国の過半を制圧。
 武田軍は今川軍の総崩れに巻き込まれて、後詰めに出ていた山県昌景と五千の兵が壊滅し山県昌景が討死に。
 駿河国は未だ今川家ではあるが、この報告を聞いた武田信玄は兵を甲斐に帰すが織田信長はそれに手を出さなかったという。
 京の方は織田信長が武田戦にかかりきりな間、足利義昭の力が増大し独立の傾向が見えるそうで、その背後には本願寺の陰がちらついているらしい。

「殿。
 よろしいですかな」

「構わんぞ」

 俺の返事に障子が開いて、一万田鑑実が姿を見せる。
 手に持っている書状の件らしく一万田鑑実は用件を口にした。

「大鶴宗秋様より文が。
 長浜を守りし諸城の抵抗激しく苦戦との事。
 長宗我部元親殿からも文が来ており、内子まで無事に諸城を従えたそうです」

 死兵である長浜方面は案の定侵攻が遅々として進まず、逆に大洲盆地を守りきった為にその隣りにある内子は労せずに俺の所に転がり込んだ。
 順当に行けば、長浜と道後平野の連絡線を背後から遮断するというのも選択肢に入れた方が良いのかもしれない。

「喜木津と出石寺についてはどうなっている?」

「渡辺殿からは、敵影無しの報告が少し前に届いております。
 雄城殿からは、出石寺確保の報告が一刻ほど前に届いております」

 後詰戦力が無いから、城に篭って死兵になっているのだろう。
 とはいえ、この側面からの攻撃で崩れるだろうから、大勢に影響はない。
 この攻勢の目的地は長浜の先にある三秋峠で、その間にある由並城とその周辺諸城。
 そこまで抑えたら、こちらの防備の負担はかなり軽くなる。
 対河野対策で五百、長浜と大洲盆地に五百ずつ、八幡浜と宇和島に五百ずつの二千五百程度で防衛ができるのだ。
 つまり、それ以上の兵を全部九州に連れて行ける。

「九州で本格的に戦が始まったよ。
 兵の消耗は抑えねばならんが、時間はかけられん。
 頭が痛い所だ」

「毛利は後詰を出してきますかね?」

「出すだろうよ。
 どんなに少なくともな」

 俺は一万田鑑実に断言する。
 できれば外れて欲しいと思った。


 長浜近くの諸城の攻略は結局渡辺・雄城隊が横から殴りつけた事で毛利軍の戦線が崩壊。
 長浜攻略に三日、目的地であった由並城の攻略まで七日の計十日かかった。
 その間に受けたこちらの損害はおよそ二百だった。
cont_access.php?citi_cont_id=860036247&s script?guid=on
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ