挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした 作者:灯台
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

328/523

バレンタイン番外編~フィーア&ノイン~

本日九話目。


 シンフォニア王都の一角、診察所に隣接した家のキッチンでは、家主であるフィーアが困った表情を浮かべていた。

「どうかしましたか、フィーア? 表情が優れませんが……」
「いや、おかしいよね? ここ私の家だよね? なに当り前のように、エプロン身につけて料理してるのかな?」
「いえ、これはエプロンではなく割烹着です」
「へぇ……って、そういう問題じゃないからね!?」

 割烹着を身に付けたノインは、明日のバレンタインのために料理をしており、何故か自分の家のキッチンを貸すことになったフィーアは溜息を吐く。

「……家で作ればいいのに」
「……は、恥ずかしいじゃないですか……」

 ノインはクロムエイナの家で、多くの家族と共同生活をしており、そこでバレンタインの菓子を作るのは恥ずかしいらしく、こうしてフィーアの家で料理をしていた。
 フィーアはクロムエイナと和解したが、シンフォニア王国で医者を続けており、家族とは離れて暮らしている。
 親友であるノインにとっては利用しやすい環境だと言え、フィーアもそれが分かっているのか、あまり強くは文句を言っていなかった。

「……それで、ヒカリはなに作ってるの? チョコレート……じゃ、ないよね?」
「え? ええ、私はちょこれいと……洋菓子はよく分からないので、おはぎを作っています」
「おはぎ? マンジュウってのとは違うの?」
「ええ、ちょっと違いますね」

 ノインは和菓子を好んで食べるため、洋菓子については知識もさほどなく、美味しいものを作れる自信がない。
 そのため、作り慣れた和菓子……おはぎをバレンタインに贈ろうと製作している。
 逆にフィーアは和菓子に関しては、ノインに聞いて少し知っている程度なので、そのおはぎ作りを興味深そうに眺めていた。

 そのまましばらく作業を眺めた後、フィーアもいくつかの材料を手に持ち調理を開始する。

「……フィーアは、なにを作ってるんですか?」
「うん? ハーブクッキーだよ」
「ちょこれいとではないのですか?」
「あ~うん。だってほら、きっとミヤマくんはチョコレートいっぱい貰うだろうし、優しいからしっかり食べようとすると思う。だから、甘さ控えめでお腹に優しいハーブクッキーを作って贈ろうかな~って思ってる」

 手際よく調理を進めながら……いや、時々恒例のドジで容器を落としかけたりしながらも、フィーアは快人へ贈るハーブクッキーを作っていく。
 沢山チョコレートを貰うであろう快人を気遣ったお菓子選び、そして一つ一つ丁寧に仕上げていく様子を見ながら、ノインは穏やかに微笑む。

「……快人さんのこと、よく考えてるんですね」
「そりゃ、もちろん。大好きな相手のことなんだから、しっかり考えるに決まってるよ」
「……だ、大好きって、そんなあっさり……」
「うん? 私なにか、おかしいこと言ったかな?」

 当り前のように快人を好きだと口にするフィーアに、ノインの方がやや照れながら尋ねるが、尋ねられたフィーアは不思議そうに首を傾げる。

「い、いや、そんな堂々と……恥ずかしくないんですか?」
「なんで? 私はミヤマくんのことが好きで、愛してるよ? その気持ちは、なにも恥ずべきものじゃないと思う」
「そ、そうかもしれませんが……」
「う~ん。ヒカリは恥ずかしがり屋だからねぇ……そんなんじゃ、私がミヤマくんを独占しちゃうよ?」
「え? だ、駄目です!」
「ふふふ」
「あっ……いや、その……」

 おどけたように告げるフィーアに、慌てて反応したノインは、すぐに自分の発言が恥ずかしくなったのか顔を俯かせてしまう。
 その様子を微笑ましげに見つめつつ、フィーアはクッキーをオーブンに入れて焼き始める。

「……まぁ、愛情表現なんて人それぞれだよ。私は、ミヤマくんのことが好きで、その気持ちをいっぱい伝えたいって思ってるし……ミヤマくんを好きだって口にすることに、恥ずかしさは感じないってことだね」
「な、なるほど……フィーアは、その、凄いですね」
「そ、そうかな? 私は単純なだけだと思うよ」
「ああ、それはそうかもしれませんね」
「そ、そこは否定してくれないんだね……ま、まぁ、ヒカリはヒカリらしく、ミヤマくんに好意を伝えればいいさ」

 愛情表現の仕方は人それぞれ、躊躇なく好きだと口にするフィーアも、あまり発言するのは恥ずかしいとおもうノインも、快人想う気持ちは変わらない。
 それが分かっているからこそ、こんな風に二人で互いに同じ想い人のことを話し合える。

「……そうですね。私は私らしく……ですね」
「うんうん」
「なんか、今日のフィーアは、いつもよりカッコイイですね」
「そ、そうかな? そう言われると照れちゃうよ……さぁ、クッキーが焼けるまでお茶でも――ふぎゃっ!?」

 ノインにカッコイイと言われたフィーアは、少し照れながら頬をかき、紅茶を入れようと移動しかけて……例によって例の如く、テーブルに足を引っ掛けて派手に転ぶ。

「あぅ……痛い……」
「その、ドジなところは……相変わらずですよね」
「うぅ、私も、好きでドジ踏んでるんじゃないのに……」
「まぁ、それもフィーアらしさ、ですね!」
「え? ドジ踏むのが私らしさ? なんか、やだ……」
「快人さんにクッキーぶちまけたりしないで下さいよ?」
「だ、大丈夫……ま、魔法で浮かせとけば、こけてもクッキーは落ちないから……」
「……そもそも、こけることを前提に対策を練ってるあたり、もうどうしようもないですね」

 顔を床に打ちつけて、涙目になっているフィーアを見て、ノインは微笑ましげに苦笑する。

「……ヒカリ、絶対ばかにしてるでしょ?」
「いや~相変わらず抜けてて安心しました」
「むぅぅぅ……い、いいもん! そういうこと言うなら、私にだって考えがあるから!」
「考え?」
「この……『前にヒカリが書いてボツにした手紙』をミヤマくんに……」
「なぁっ!? なんで、そんなもの持ってるんですか! プライバシーの侵害ですよ!!」
「どっかの誰かが、人の家の恋愛相談所みたいにしたあげく、ロクに片づけせずに帰ったから私の手元にあるんだよ?」
「……うぐっ……そ、その件に関しては……非常に申し訳なく……」

 フィーアの言葉に、ノインは痛いところを突かれたと視線を逸らす。

 親友同士だからこその軽口。愛情表現の仕方は正反対でも、やはり二人はどこか似ているみたいで……その日も最後まで、そんな調子で会話しながら、同じ相手に向けて菓子作りを行った。



フィーア先生の愛情表現はストレート。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ