挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした 作者:灯台
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

323/526

バレンタイン番外編~リリア&ジークリンデ~

本日四話目です。


 アルベルト公爵家の一室。貴族の家らしく広い台所には、リリアとジークリンデの姿があった。
 バレンタインも明日に迫り、リリアも恋人である快人へチョコレートを贈りたいと考えていた。
 シンフォニア王国において、いや、人界において天才と呼ばれるリリアだが、実は彼女は料理だけは大の苦手だった。

 以前快人と旅行に行った際に失敗してからというもの、彼女は時折親友であるジークに料理を教わっていたが……あまり成長は見られていない。

「……とりあえず、豆から作るのはリリには難易度が高すぎるので、チョコレートはこちらで用意しました」
「た、助かります」
「では、まずこのチョコレートを砕いて、湯煎していきましょう」
「はい!」

 落ち着いた口調で話すジークリンデに、リリアは力の入った表情で頷き、指示通り『轟音と共に』チョコレートを砕いた。

「……あっ」
「……リリ、誰が『まな板ごと』砕けといいましたか? まず身体強化魔法を解除して下さい」
「うっ、すみません」
「ともかく、今回は全て私の指示に従ってもらいます。いいですね?」
「わ、分かりました」
「……ではまず、『リリが用意した材料』を、即刻、すみやかに元の場所へ戻して来てください」
「……え?」

 ジークリンデはリリアの料理の腕をよく知っている。そのあまりのセンスの無さを痛いほどに理解している。
 故に彼女はまず、リリアが持参してきた材料を片付けるところから始めた。

「材料は全部こちらで用意しました。そこに並べているものしまってください」
「……で、でも……」
「はぁ、チョコレートを作るんですよ? 『魚や肉』なんて、なにに使うつもりなんですか……」
「あ、アレンジを……」
「いいですか、リリ。今日の貴女は、アレンジ禁止です」
「え? で、でも、個性が……」
「わ か り ま し た か?」
「はい! りょ、了解です!!」

 チョコレート作りのはずが、何故か魚や肉を持ちこんできたリリアに、ジークが凄まじい威圧感と共に念を押す。
 料理が下手な者は、複数のタイプが存在する。
 レシピ通りに作らないタイプ、味音痴なタイプ……そして、余計なアレンジを付け足すタイプ。リリアは変なアレンジを付け足すタイプだった。

「カイトさんに、危険物を食べさせるつもりはありませんからね。今回は細かく指示を出します」
「わ、分かりました……ところで、ジークの材料は私と違うみたいですけど?」
「あぁ、私はフォンダンショコラを作ります。以前カイトさんが、好きだと言っていましたからね」
「じゃ、じゃあ、私もそれを……」
「残念ながら、私は……リリに一日でフォンダンショコラを作らせる指導力はありません。申し訳ないですけど、普通のもので我慢して下さい」

 いくらジークが料理が得意だとしても、いまだチョコレートごとまな板を砕くリリアに、かなり難しいフォンダンショコラを作らせる力はなかった。
 そもそも、そんな無茶な指導をしていては、彼女がチョコレートを作る時間が無くなってしまう。

 なのでジークは、なんとか普通のチョコでとリリアに納得してもらい、指導をしていく。








 しばらく経って完成したチョコレート。リリアが作ったそれを味見したジークは、戦慄した表情を浮かべてリリアを見つめる。

「……リリ……私は……貴女が怖いです。なんで、レシピ通りに作ってるのに……こんな『悲惨な味』になるんですか……」
「も、もうちょっと優しい言い方をしてもいいんじゃないですか!?」
「なんで、ほとんど溶かして固めただけなのに、こんなことに……リリ、分量はちゃんと守りましたよね?」

 リリアが作った少し不格好なチョコレートは、変な材料は入れていないはずなのに、奇妙な風味に仕上がっており、ジークリンデはさじを投げたい気持ちを押さえつつ尋ねる。
 するとリリアも真剣な表情で頷きながら、頭の痛くなる言葉を呟いた。

「え、ええ……ちょっと砂糖を入れ過ぎましたが、ちゃんと『塩で中和』しましたし、大丈夫なはずです」
「……」
「え? あれ? じ、ジーク……なんでそんなに、怖い顔を……」

 料理が下手な者の定番とも言える超理論を展開し、不思議そうに悩むリリアを見て、温厚なジークリンデも額に青筋を浮かべる。
 しかし当のリリアはまったく分かっておらず、突然鋭い表情になったジークリンデに戸惑っていた。

「はぁ……リリ、とりあえず作り直しです。あと、塩を入れても砂糖は中和されません」
「そ、そうだったんですか!? で、では、なにを入れれば中和されるんですか?」
「……頭が痛くなってきました。とりあえず、中和から離れてください……」

 リリアの発言に頭を押さえつつ、ジークリンデは再び材料を用意する。
 そしてリリアがチョコレートを作る様子を、今度は一切見逃さないと言いたげに、真剣な表情で見つめる。

「……え~と生クリームを……この量だから……『三回傾ける』ぐらいで……」
「ちゃんと量りなさい!!」
「ひゃぃっ!?」

 さっそく目分量で生クリームを入れようとしたリリアを叱りつけ、ちゃんと量らせてから再開させる。

「えっと、温める……火属性の魔法……クリムゾンフレア辺りなら……」
「加熱用の魔法具を使いなさい! 魔法具を!!」
「は、ははは、はい!?」

 チョコレートに加える生クリームを、火属性魔法で加熱しようとしたリリアに、ジークリンデは大慌てで専用の魔法具を渡す。

「……空気が入らないように混ぜる? そんなどうやれば……空気が入る隙もないほど、高速で混ぜれば!」
「……ゆっくり静かに混ぜるんですよ……静かに……」
「そ、そうなんですか……」

 わざとやっているのかと思うほど、間抜けな行動をとるリリアに頭を抱えつつ、ジークリンデはそれでも根気よく教えていった。

 そして失敗すること数回……ようやく、リリアのチョコレートはまともな味で仕上がった。

「……うん。これなら大丈夫です……や、やっと、出来ましたね」
「ご、ご迷惑をおかけしました」
「あとは、飾りつけ……そこにホワイトチョコのクリームを用意してますので、好きな模様を描いてください」
「分かりました!」

 ようやくリリアのチョコレートが一段落したのを見届け、ジークリンデは大きく溜息を吐いてから、遅れに遅れた自分のチョコレート作りを進めていく。
 そして手際よく調理を進めていっていると、リリアの方から「完成した」と声がかかったので、そちらを振り向く。

「……リリ、なんですか? この絵は……フロッグですか?」
「え? ドラゴンですよ?」
「……そうですか……」

 どうやら天才と呼ばれた公爵は、料理の才能だけでなく……絵心もないみたいだった。



おじょうさま りょうり できない かってに あれんじ する
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ