挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした 作者:灯台
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

200/523

告白された

 なにか良い香りがして閉じていた瞼をゆっくりと開けると、携帯コンロのような魔法具で紅茶を淹れているジークさんの姿が目に映った。
 まだ少し寝ぼけている頭を軽く振りつつ体を起こすと、ジークさんがこちらに気付き微笑みを浮かべる。

「おはようございます。カイトさん」
「おはようございます……あの、俺どのぐらい寝てました?」
「二時間ぐらいですね」
「そ、そんなに……途中で起こしてくれても良かったんですが」
「気持ち良さそうに寝ていたので……ちょっと待ってください、今お茶を……」

 どうやら思っていたより長く寝ていたみたいで、少し申し訳ない気持ちを感じながら、ジークさんが差し出してくれた紅茶を受け取る。
 寝起きの体に暖かい紅茶の味が染み込んでいき、ゆっくりと目が覚めていく。

「カイトさん、これも」
「……これは?」
「フルーツスティックと言って、エルフ族に人気のあるお菓子ですよ」

 ジークさんが用意してくれたのは、掌ぐらいの大きさの細長いお菓子……見た目は春巻きっぽい。
 フルーツスティック……そう言えば、アリスがお土産に買ってくれとか言ってたっけ? 成程、リグフォレシアの名菓って所かな?

 一つ手に取って食べてみると、もちもちとした皮の中にジャムが入っているらしく、果実の自然な甘さと柔らかい歯ごたえがとても美味しい。
 ジャムパンと言う程パンって感じではないし、スコーン程固くもない。ジャムには大きめに切られた果実も一緒に入っており、時々変化する食感が素晴らしい一品だ。

「……凄く美味しいですね。俺、これ結構好きです」
「気に入っていただけたなら、私も嬉しいです」
「なんとなくですけど、初めてジークさんと出かけた時に買ったジャムクッキーを思い出しました」
「あそこのお店は、リグフォレシアから果物を仕入れていますからね」

 ジークさんと軽く雑談を交わしつつ、美味しい紅茶とフルーツスティックを頂く。
 昼食後に二時間寝たという事は、丁度ティータイムくらいだし時間的にも丁度いい感じだ。

「ただカイトさん、実は少しだけ違います……私がカイトさんの護衛として初めてついていったのは、あの日ではありません」
「え? そうなんですか?」
「ええ、カイトさんは気付いていなかったかもしれませんが……実は私は、カイトさんがこの世界に来た初日から、貴方の護衛についていました。まぁ、今は幻王様がいらっしゃるので任は解かれてますけどね」

 俺の印象ではジークさんと初めて会ったのは一緒に買い物に出かけた時だったが、実は俺が気付かなかっただけでずっとジークさんは俺が外出する際には離れて護衛をしてくれていたらしい。
 成程、だからイータとシータに襲撃を受けた時、真っ先にジークさんが現れてくれたのか……

「それは、気付きませんでした。ずっと前から、ジークさんにはお世話になっていたんですね」
「……初日でカイトさんを見失った駄目な護衛ですけどね」
「いえ、そんな……えっと、改めてありがとうございます」
「……お礼を言うのは、私の方ですよ」
「……え?」

 俺の知らない所でずっと俺を守っていてくれた。その事実にお礼の言葉を告げると、ジークさんはゆっくりと首を横に振り、深い群青色の瞳で俺を見つめる。

「カイトさんの事は、初め平凡でどこか頼り無い人だと思っていました……状況に流されて、確たる意思を持てぬまま戸惑っている。そんなどこにでもいる人だと思っていました」
「あはは、実際その通りだと思いますよ」
「いえ、その印象は私の目が曇っていただけでした。貴方は私なんかより、ずっと強くて立派な人でした」
「い、いや、そんな大層な存在では……」

 穏やかな口調で絶賛ともとれる言葉を投げかけてくるジークさんに、俺は気恥ずかしくなって頭をかきながら返答するが、ジークさんは迷いの無い目で俺を見つめている。
 伝わってくる感情は、親愛? 尊敬? ともかく、とても好意的で強いもの……

「……私は、カイトさんをずっと見ていました。見知らぬ世界に何の準備も無く来て、周りは己よりも強者ばかり、そして多くは自分に好意的では無い……それがどれだけ不安だったか、どれだけの重圧だったか、私には押し図る事すら出来ません」
「……俺は、人に恵まれましたから……」

 確かにジークさんの言うように、なんだかんだ元気に振舞ってはいても、初めは凄く不安だった。
 己の常識が通用しない世界、見ず知らずの人達に頼るしかない状況……不安に感じない訳が無い。
 だけど、俺は運よく縁に……巡り合う人達に恵まれた。そのおかげで、今は本当に楽しく過ごせている。

「縁に恵まれる事、それも立派な才能だと思います。ですが、なによりカイトさんの人柄があったからこそ、貴方の周りには多くの人が集まって来たんだと思います」
「……ジークさん」
「力強く真っ直ぐで、なによりも誰かの事を考えられる優しく強い人……そんな貴方に、私は沢山の勇気を貰いました」
「……勇気、ですか?」

 穏やかながらしっかりと芯のある声……コレはたぶん、ジークさんにとってとても大事な話なんだと思う。
 それを感じたからこそ、俺も真剣な表情で真っ直ぐにジークさんを見つめて言葉を返す。

「はい……現状を変えたいと思いながらも、悪い方に向かってしまう事が怖く動けないままでいた私にとって、貴方はとても眩しい存在でした……そしてカイトさんは、私が何年かけても変えられなかったものを、いとも簡単に変えてしまった」
「……」
「リリとの関係、リリの心にある罪悪感、そして失っていた私の声……カイトさんは、沢山の奇跡を起こしてくれました。私が欲しかったもの、かつて壊れてしまったものを……一つ一つ拾って、私の前に差し出してくれました」
「……俺は、そんなに大層な事をしたつもりはありませんよ? もしジークさんにとって良い変化があったのなら、それは俺の力では無くジークさんの力だと思います」

 リリアさんとジークさんの関係が修復されたのは、二人が互いの事をしっかり想い合っていたからこそで……俺はほんの少しのきっかけになっただけだと思う。
 リリアさんの心の罪悪感が緩んだのも、リリアさん自身が強い心を持って、しっかりと前を見つめたから。
 そしてジークさんの声が戻ったのも、元を辿れはリリウッドさんのお陰……勿論少しぐらい手助けはできたかもしれないが、なによりもジークさん自身の力が大きいと思う。

 そんな風に言葉を返すと、ジークさんは俺がそう答えるのを分かっていたという感じで、優しく微笑みを浮かべる。

「ええ、カイトさんならそういうと思っていました。そんな優しい貴方だから、私は……」
「……ジークさん?」
「……例え、貴方がそう思っていたとしても、私の中にあるカイトさんへの感謝の思いは、言い表せるようなものではありません。改めて、本当にありがとうございました」
「あ、い、いえ、ど、どういたしまして?」

 ジークさんはそう言って深く頭を下げてお礼の言葉を告げた後、顔を上げ再び真っ直ぐに俺の目を見つめながら口を開く。

「……カイトさんは、私にとって太陽みたいな人です。眩しくて大きくて、それでいてとても暖かく力強い導……そんな素敵な貴方を……」
「……じ、ジークさん?」
「……私は弱いエルフです。今までずっと勇気が出ませんでした。でもようやく、この抱き続けてきた想いを伝える勇気が出ました。私は、これから先も貴方を見ていたい。もっと今までより近くで……」
「……」

 なん、だろう? 胸が物凄く高鳴る。真剣な声で告げられる言葉の一つ一つが、やけに大きく鮮明に響いてくる。
 それに戸惑いながらもジークさんから目を外せない、いや、外してはいけない気がする。
 そしてジークさんは少し沈黙した後、とても強い想いと共にその言葉を口にした。

「……カイトさん、貴方が好きです。一人の異性として……」
「ッ!?」

 万感の想いを込めて告げられたその言葉に、完全に俺の思考は硬直した。

 拝啓、母さん、父さん――全く予想外……と言う訳ではない。ジークさんから好意的な感情を向けられていたのには気付いていた。だけどそれは親愛に近いものだと……勝手に思い込んでいた。だけどそんな俺の考えは間違っていて、今日、俺は、ジークさんに――告白された。



200話ジャストで告白、一話丸々告白話、出会いから今までを思い返しながら告白と言うシチュエーション……なんてヒロイン力。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ