挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レベル1だけどユニークスキルで最強です 作者:三木なずな

第三章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

96/197

96.三人目だから

 アウルムダンジョン、地下四階。
 アリスと合流した後、彼女はいった。

「ここが最後だね」
「そうなのか?」
「うん、下にいく道がないっぽい」
「全部で四階か、浅い方だな」

 シクロにあるダンジョンは地下十数階まであるのが多くて、おれがこの世界に来てから生まれたセレンも地下十階まである。
 それに比べるとこのアウルムは4階まで、かなり浅い方だ。

「さて、ここのモンスターはどんなのかな」

 銃弾のチェックをして、戦闘準備をする。
 ふと、アリスが明後日の方角を見つめている事に気づいた。

「どうした」
「イヴちゃんものすごく強かったね」

 しみじみとこぼすアリス。
 イヴは今地下二階にいる。
 暇だから、って理由で彼女はおれ達と一緒にダンジョンに入って、地下二階に残った。

「チョップで光の玉かち割ってたなあ。まあおれよりもずっと早く有名になったベテラン冒険者だしな。前のパーティーを組んでた時は深い階層とかふつうに潜ってたっぽい」
「へー、そのパーティーってどうしたの?」
「イヴ曰く『ダンジョン性の不一致』で解散したらしい」
「ダンジョン性?」

 首をかしげつつ聞いて来るアリス。
 いや聞かれても困る、おれもよく分かってないんだ。

「使い方からして何となく音楽性とかそういうのと似てるんだろうなって推測はつくが、詳しい事はわからない」
「そっか……でもいいな、あんなに強くて」

 ほんの少しだけ寂しげにつぶやくアリス。
 ホネホネとプルプルが肩で彼女になにかアピールした。

「ありがとう、そだね、少しずつ仲間をふやしていけば良いもんね」

 一瞬だけ落ち込みかけたが、すぐに元にもどったアリス。
 彼女は最高レベルが2で既にカンストしてて、能力もきわめて平凡だ。
 そんな彼女が強くなるには仲間モンスターをふやすしかない。
 今はスケルトンのカクカクとスライムのプルプルがいるが、また二体の上その二体ともさほど強くないから、こうしてアリスと一緒にダンジョンに来ているけど彼女の事は戦力にはならない。

 しばらく歩いているとモンスターと出会った。
 上の三つの階層と同じ見た目で、色だけわずかに違う小悪魔だ。

 そいつは遭遇するなり手を振り下ろした。
 手が光る――光の玉くる!?

 身構えて玉を躱そうとしたが、プスッ、って音がして手のひかりが消えた。

「でないね、どうしたんだろ」
「さあ」

 小悪魔は更にもう一度手を振り下ろした。
 今度は手が黒くなる。
 あらゆるひかりを吸い込む、そこになにもないかのような黒。

 魔法攻撃の黒い玉が本命か!
 と思って身構えるが、またプスッって空気抜けの音がして、何も出なかった。

「でないな」
「焦ってる、なんかかわいいかも」

 アリスの意見には同意だ。
 モンスターなのに、そいつは自分の手を見て、慌てて手を振っている。
 子供が焦っているような、妙に愛嬌のある仕草だ。

「どうしようかこれ」
「どうしよっか」
「倒す……のはちょっと罪悪感を覚えてしまうな」
「見逃しちゃう?」
「そうだな……」

 あごを摘まんで考えると、小悪魔の動きが変わった。
 手を振っても何も出てこなくて、次第に目がぐるぐるになって頭から蒸気を吹き出した。
 空中に飛んだまま地団駄を踏む仕草をした直後、両手を軽く拳を握ったまま天に突き出した。

 拳を握ったバンザイのポーズ……すると、体から光を放ちだした。
 いや体じゃない、体の奥からだ。

 体がひび割れ、その奥から光が漏れている様子だ。

「……まずい!」

 とっさに前に出てアリスをかばった。
 直後、小悪魔の足元に魔法陣が広がって――そのままはじけた。
 モンスターがはじけたのだ!

 自爆。

 アリスをかばうおれに強烈な爆風が襲ってくる。
 歯を食いしばって耐える。

 一瞬とも永遠ともつかない時間、光と音の奔流に呑み込まれる。
 やがて収まるそれ、おれは胸をなで下ろした。
 体がチリチリするし耳鳴りもしているが、ダメージ的にそれほどのものじゃない。

「ふう……」
「リョータ! 大丈夫」
「大丈夫だ、アリスこそ大丈夫か?」
「あたしはリョータがかばってくれたから……ありがとね」
「無事ならそれでいい。それよりも今の自爆だよな」
「うん、そんな感じだった」
「自爆か……気をひき締めていこう」
「うん!」

 アリスをかばって先を進む、モンスターの居場所を感知できる彼女の案内で一番近くにいるモンスターの群れと遭遇。
 今度は三匹いた、まったく同じ見た目をした小悪魔だ。

 手を光って振り下ろす、不発。
 手を黒く染めて振り下ろす、不発。
 そして――自爆。

 三倍の爆風がおれたちを襲う。
 アリスをかばったおれはある事に気づいた。

 爆発する直前に見えた光景。
 地団駄を踏んで自爆したのは一匹だけ、後の二匹は手を黒くしている段階だ。
 なのに、魔法陣はその二匹も爆発させた。
 一匹がトリガーになって、三匹とも爆発した。

「いててて……」
「大丈夫か」
「うん、これくらいなら平気。でも大変だねこの階。自爆したモンスターってドロップしてないよね」
「ああしてないな」
「自爆する前に倒さないといけないのかな」
「試してみよう」
「じゃあこっちね、こっちの子一人ぼっちだから」

 アリスの案内で単体の小悪魔とエンカウント。
 腕を振り下ろす、光って不発――のところに強化弾マシマシの通常弾。

 爆発されるといけないから一発で吹っ飛ばそうとした。
 ヘッドショット、小悪魔の頭をきっちり吹っ飛ばした。

「どう?」
「ドロップした」

 新しい階層だからポーチは装備してない、小悪魔が地面に墜落して消えた場所に行って、砂金が墜ちている事を確認した。

 更に探す、今度は自爆をさせる。
 三回目の自爆、マシマシ冷凍弾で氷の壁をつくって爆風を防いだ。

 今度はポーチを装備してる、地下四階も砂金だって分かったからだ。
 そのポーチに何も入ってこなかった。

「だめっぽいね」
「ああ、大体この階の事がわかった。この階の小悪魔はローテーションを行動をする。光る弾を撃って不発、黒い玉を振って不発、その後地団駄踏んで魔法陣を出して自爆」
「その時にまわりにいる仲間を巻き込むね」
「ああ、どうやら魔法陣の中にいるモンスター全員自爆みたいだ」
「モンスターハウスだとどうなるんだろ」
「怖いこと言うなよ!」

 一瞬想像してぞっとした。
 モンスターハウス、体育館の様な空間に大量にいる小悪魔。
 何体か二回不発した後、魔法陣で空間が大爆発する光景を想像してしまった。

「ここも特別な階だね」
「ああ、免許が確実に必要だな。まあでも、自爆でドロップしないから、それを知ったら冒険者たちも速攻で倒せないのならそもそも来ない気がする」
「それもそっか」

 この世界でダンジョンに潜る理由は99%がドロップ品だ。
 そのドロップ品が自爆でそもそも出ないのなら無理して通う意味はほとんどゼロになる。

 一応免許制にするが、実質なくても大丈夫だろうとおれは思った。

「あっ」
「どうした」
「よんでる」
「よんでる? ――ってちょっと」

 アリスが駆け出した、おれはその後おっていった。
 細い道のダンジョン、何回か角を曲がるとそこに小悪魔が一匹いた。

 小悪魔は腕を振り下ろした、光って不発した。

「待ってやめて、話を聞いて」

 アリスはしかし、何故か語りかけようとした。
 小悪魔は更に手を振り下ろした。
 ルーティンの二回目、自爆の一つ前。

「ホネホネ、プルプル。ボンボンを止めて!」

 スケルトンとスライムが肩のりサイズから元のサイズに戻った。
 元のサイズ、しかしデフォルメされた造形。
 アリスの仲間二匹が小悪魔に向かって行った。

 小悪魔は地団駄を踏んだ――まずい。

 とっさに銃弾を入れ替える。
 強化弾5、拘束弾1。

 マシマシ拘束弾を小悪魔に撃った。

 光の縄が小悪魔を縛り上げる、地団駄が止まった。
 魔法陣は出なかった。

「ありがとうリョータ!」

 完全に拘束された小悪魔、それにアリスも向かって行った。
 アリス、カクカク、プルプル。

 三人で小悪魔を攻撃した。

 レベル2のアリス、ともに地下一階に生息するスケルトンとスライム。
 完全拘束されてやられっぱなしの小悪魔を倒すまでに一分かかった。

 光の縄が消えて、小悪魔が地面に墜落。
 消える直前、アリスがその体を抱き起こす。
 小悪魔は彼女の手の中でポンと消えて――新しい姿になった。

 ホネホネとプルプルと同じ、デフォルメされた造形の、手のリサイズの小悪魔だ。
 名前は、多分ボンボン。

「これからよろしくねボンボン」

 新しい仲間に眼を細めるアリス。
 役目を終えたホネホネとプルプルはSDサイズに戻って彼女の肩になった。

「あたしはアリス、こっちはホネホネとプルプル、よろしくね」

 アリスを介してボディランゲージで挨拶するモンスター(ぬいぐるみ)たち、ちょっと微笑ましい光景だ。
 と思ったら何故かホネホネとプルプルがアリスの背中に隠れた。
 どうしたんだ、って思ったらすぐに原因が分かった。

「えー、自爆ってホネホネとプルプルも巻き込むの? 魔法陣の中にいたら強制的に? そっかー」

 なんか、面白いような恐ろしいような話になっていた。
面白かったらブクマ、評価してくれるとすごく嬉しいです!

■書籍版一巻、おかげさまで重版です!

ovsadtq5e4x9d2l175yb7dnkd29_sjg_9s_dv_1g
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ