挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レベル1だけどユニークスキルで最強です 作者:三木なずな

第二章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

52/198

52.エミリー・ハンマー

 拾ったポーチはとりあえずポケットに入れた。
 経験上これも何かいいアイテムなんだろうけど、確認は後だ。

 まずはエミリーとセレストのところに戻ってきた。

「大丈夫か、二人とも」
「わたしは大丈夫」
「わたしもです」

 二人はそういう、言葉通り体は問題無いようだ。

「ハンマーの柄、曲がっちまったな」
「直して――ううん、強化しよう。今度は絶対曲がらないハンマーに強化するの」
「ナイスアイデアだセレスト。どういうハンマーがいいんだろう」
「この街の武器屋に500万ピロの一点物があったわね」

 すっかり情報通になったセレストが答える。

「ハンマーの両端が違う効果を持ってて、片方は叩いたところに二回の衝撃を与える、もう片方は叩いたらまわりのモンスターにまとめて同じダメージを与えるもの」
「二回攻撃に範囲攻撃を自在に切り替えられるのか、いいなそれ。よし、それにしよう」

 おれとセレストはうなずき合った。

「だだだめです、500万ピロなんてそんな高いものもったいないお化けが出るのです。ハンマーなんてこうしたら――」

 エミリーは慌てて辞退しようとして、ハンマーの柄を逆方向に曲げようとした。
 ふぬぬぬ――と顔を真っ赤にして力を込めて曲げようとしていたら。

 パキーン!

 甲高い音を立てて、ハンマーの柄は折れてしまった。

「うん、エミリーの気持ちはわかった」
「後腐れなく前のにトドメをさしたのね」
「はう! 違うですそうじゃないのです!」
「すると力自慢。確かに力Aは自慢してもいいレベル」
「ゴリラ顔負けだわね」
「はう! これは事故なのです! というかテープでくっつけたらまだまだ使えるのです」
「どんなテープだそれ」
「エミリーの力Aに耐えうるほどのテープ――ハンマーを新調するより高くつきそうね」
「うぅ……もったいないオバケがでるです……」

 ちょっと涙目になってるエミリー、それでも辞退を試みようとしている。
 そういえば、一緒に暮らしてからエミリーが自分のために金を使った事はなかったな。
 そもそも暮らし始めた時も、彼女のために借りた部屋が、気づけば一緒に住まわされた。
 エミリーは、いつでも自分よりおれ――おれたちを優先する。
 それが彼女の暖かさの源なんだろうけど、今回ばかりはこっちの気持ちを押しつけさせてもらう。

「エミリー」

 しゃがみ込んで、130センチのエミリーの視線の高さに合わせて、まっすぐ目を見つめる。

「いつもエミリーに世話になってるし、お返しをしたいんだ」
「う……」

 エミリーはわずかにのけぞった、何故か顔を染めていた。

「お返しをさせてくれ。頼む」
「……はい、です」

 エミリーは観念したように頷いた。

「そうと決まったら明日から荒稼ぎだ。目標500万ピロ。なあに、本気でやったら一週間もかからない」
「楽しみだわ、エミリーの新しい武器と一緒にダンジョンに潜るの。きっともっと深い階層を一緒に潜れるようになるわね」
「あっ……」
「エミリーへのお返しだと思ったらおれ達も恩恵受けちゃうな」

 おどけた感じでいって肩をすくめると、セレストは穏やかに微笑んで、エミリーも恐縮した表情から笑顔になってくれた。

「ヨーダさん、セレストさん」

 エミリーはおれ達を見つめて、ものすごく嬉しそうな、幸せいっぱいな笑顔をして。

「ありがとうなのです」

 と、言ってくれた。
 それはこっちのセリフだが、無粋なので言わないことにした。

     ☆

 夜、ダンジョンに潜った後帰宅おれ達に、身なりのいい青年が訪ねてきた。
 リビングにあげて、テーブルを挟んで向かい合って座ったあと、青年は丁寧な口調で名乗った。

「わたくしの名はスミス、以後お見知りおきを」
「はあ、よろしくお願いします」
「いきなりのご無礼、お許しください。本日街で起きたスラムスルタンの事件をみておりました。お三方の戦いっぷりも実にすばらしい物でした。テルル地下26階の強力なモンスターを三人パーティーでいともあっさり倒してしまえるものはなかなかいません」
「はあ……」

 スミスは延々とほめてきた。
 ほめられるのは悪い気はしないけど、いきなり訪ねてきた初対面の人にやられてもちょっと困る。

 目をあわせると、エミリーもセレストも困っている様子だ。

「さて、本題なのです。そちらのお嬢さんの武器が破損してしまったようですね」
「ああ、近いうちに新調するつもりだ」
「それを是非、わたくしに提供させてください」
「提供?」
「「あっ……」」

 エミリーとセレストが同時に声を漏らした。
 二人とも理解したみたいだが、どういうことなんだ?

「わたくしは武器を扱っておりましてね。サトウ様はどのような武器が売れると思いますか」
「どのようなって、強い武器だろ?」
「それはもちろんそうです、しかし同じくらいの強さの武器が複数ありましたら?」
「……さあ」
「有名人が使ってる武器、ですよ。多くの冒険者は安定を望むもの、新しい武器に手を出すことに消極的なのです」

 そういう話は何回も出てたっけな。
 あらゆる物がダンジョンでドロップされるから、ダンジョンでモンスターを狩るのは「生産行為」で、それ故に安定をとる冒険者が大半だと。

「ですので、『有名人も使っている武器』というのはものすごく売れるのです。著名な冒険者が使っているものであれば効果は保証されてる、使っても安心だ、という感じで売れるのです」
「なるほどな」
「ですので、エミリー様の新しいハンマーを是非提供させてください。スライムジャーリヤをも叩き潰したエミリー様が使ってるハンマーなら飛ぶように売れるでしょう」

 なるほど、スポーツ選手に道具を提供するメーカーと同じことか。

 スライムスルタンとスライムジャーリヤの一戦でエミリーはハンマーを失ったけど、代わりに新しいハンマーを手に入れられる機会を得たって事か。
 おれはセレストをみた、彼女は静かにうなずいた。
 おれ達でエミリーにプレゼントしようと思ったけど、そういうことなら話にのってもいいかもしれない。

「話は分かった、エミリーもそれでいいか?」
「えっと……」
「むろん、使って頂くとこちらからお願いするわけですから、無料で提供させて――」
「お願いするです!」

 エミリーはものすごい勢いでいった。
 500万ピロから0になったから、彼女的にはこうなるか。

「ありがとうございます。それでは早速エミリー様のオリジナルハンマー、エミリーハンマーの製作に取りかからせて頂きます。どのようなものにするか、詳しくお話を聞かせて下さい」
「はいです!」

 エミリーとスミスが打ち合わせをはじめた。
 エミリーは自分の要望を控えめながらも伝えて、それを見守るセレストは目が期待でキラキラしていた。

 エミリーのハンマー、どんなものになるのか、おれもわくわくし出したのだった。
面白かったらブクマ、評価してくれるとすごく嬉しいです!

■書籍版一巻、おかげさまで重版です!

ovsadtq5e4x9d2l175yb7dnkd29_sjg_9s_dv_1g
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ