挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レベル1だけどユニークスキルで最強です 作者:三木なずな

第三章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

113/197

113.ひとりじゃない

 夜、シクロの街。
 酒場・ビラディエーチ。
 世界各地のダンジョンから毎日日替わり様々なビールを仕入れてくる、お気に入りの店。

 昼間の一仕事が終わって、エミリーと二人で飲みに来ていた。

「ヨーダさんと二人っきりは久しぶりなのです」
「そういえば久しぶりだな。最近は仲間も増えたし、こうして二人っきりなのはなかなかないな」

 ビールをぐいっと一気飲みして、店員に新しいのを追加注文する。10種類あるから、利き酒気分で順番に飲んでいくのがおれの好みだ。

「イヴは相変わらずニンジン、アリスはあまり飲めないから誘わなかったけど、セレストはどうしたんだ?」
「セレストさんは家でお休みなのです。ちょっと頭がズキズキするって言ってたです」
「頭痛が? 大丈夫なのか?」
「熱もなかったし大丈夫だ思うですけど、一応何かあったらすぐに連絡してって言ってあるです」
「そうか」

 おれの向かいにすわり、同じビールをひたすらちびちびと飲む130センチの女の子。
 こう見えてちゃんとして大人で、家の事はよく気が利く。
 まさに一家のお母さんである彼女が大丈夫っていうのなら、病気とかじゃないんだろう。

「うふふ……」
「どうした」
「ヨーダさん、気づいているです?」
「なにをだ」
「さっきからみんな、ヨーダさんの事を見てるのです」
「おれを?」

 ビールのグラスを置いて、酒場の中をぐるりと視線で一周した。
 言われてみると注目を集めている様な気がする。

 男も女も――女は何故か目が合うとすぐそらしてしまうが、エミリーの言うとおり大半の客から注目を集めている。

「ヨーダさんはもうすっかり有名人なのです」
「有名人か」
「そんなヨーダさんと一緒にいて鼻高々なのです」
「案外おれの方じゃなくてエミリーの方を見てるのかもしれないぞ。最近ますます増えたじゃないかエミリーハンマー。アルセニックをたまにのぞくと9割近く同じものつかってるぞ」
「そ、それはハンマーがいいからなのです」

 エミリーは盛大に照れて、赤面してうつむいてしまった。
 おれもそこまで慣れてるって訳じゃないけど、エミリーはおれ以上に、自分が有名人である事に対して免疫がない。

 そんな風に照れるエミリーが可愛かったから、ちょっと意地悪しようと思った。

「謙遜するな、なんだってリョータ一家のナンバーツーだからな」

 そんなセリフを、わざとらしく、そして大声で酒場の人達に聞こえるようにいった。
 瞬間、ざわざわが増した。視線があきらかにエミリーに集まった。

「あの子がナンバーツーだって? そうは見えないぞ」
「馬鹿、あの子じゃなくてあの人! エミリー・ブラウン、『小さな巨人』『豪腕の聖母』って呼ばれてる人だぞ」
「そんなスゴイのか。人は見かけによらないもんだな……それをナンバーツーに据えるリョータ・サトウの見る目、いやセンスか……」

 一部まだおれに残っているが、それでも大半がエミリーに集中したのは間違いない。
 それでエミリーはますます照れて、顔だけじゃなくて腕やつま先まで真っ赤になって。
 それが、ものすごく可愛いとおれは思ったし。

 おれが知ってる「エミリーのすごさ」をもっともっと知ってもらいたいとおもったのだった。

     ☆

 酒場でエミリーをほめ殺した後、二人で一緒に帰路についた。
 夜のシクロの街、ダンジョンが24時間モンスターが出現することから、それを相手にする冒険者も、さらにその冒険者を相手にする繁華街もちょっとした不夜城のようだった。

 今通り過ぎているところも、夜だというのにまるで現代日本の様な明るさと賑やかさを誇っている。
 全ての物がダンジョンからドロップする世界は、ダンジョンがある限り繁栄していくだろうと感じるにたる賑やかさだった。

「ん?」
「どうしたです?」

 立ち止まったおれの横で、不思議そうな顔で見あげてくるエミリー。
 おれの視線はある露店に釘付けになっていた。

 正確にいえば店に並んでいる商品、装飾のついた鏡にだ。

「あの鏡がどうかしたですか?」
「エミリーには見えないのか、やっぱり」
「何か見えるですか?」
「ああ」

 頷くおれ、露店の前にやってきて、しゃがみ込む。
 鏡をじっと見つめる、間違いない。

 鏡の前に人が正座していた。
 着物を着た、小さな女。
 ニホニウムのダンジョンマスターと会ったときにでてきた、あの留め袖の女だ。

 間違いなくニホニウムに関連する素材。
 いや、アウルムの例もある。

 彼女はニホニウム本人か、その分身的な存在に違いないだろうとおれは思った。

 そして、彼女は困った顔をしている。
 鏡の前で正座して、ものすごく困った顔をしている。

「お客さん、それがほしいの?」
「……ああ」

 何故なのかは分からないが、どっちにしろ鏡を入手しなければと思った。

「いくらだ」
「1500万ピロ」
「……は?」

 一瞬耳を疑った。

「1500万ピロ?」
「そうだ、これはさるお貴族様の屋敷にあったものでね、由緒正しい物なんだ」
「アンティーク、ってことか」
「そういうことだ」

 にしても1500万ピロか。
 いやまあ、貴族の屋敷にあったアンティークならそんなもんだろう。
 1500万円の骨董品なんて、金持ち連中からすれば入門代わりにかったり手放したりしそうなイメージだ。

「分かったかう」
「毎度あり」
「ただし一日だけ待ってくれ、明日のこの時間に金を持ってくる」

 おれの口座は1000万を超えた頃だ、そして今のおれはリペティションを全力で使えば半日で500万は稼げる。
 今はないけど、明日のこの時間までなら金を作れる。

「いいよ。でもおれ明日でこの街を離れるから、それまでしか待てないよ」
「わかった、問題無い」
「じゃあまた明日」
「ああ」

 おれはそう言って、もう一度留め袖の女をみた。
 彼女は少しだけホッとした顔で、おれに手を振った。
 その反応で、ますます手に入れなきゃならないと思った。

     ☆

 翌朝、起きたおれは伸びをした。
 今朝もいい天気だ、そしてエミリーが維持しているこの家の住み心地は相変わらず最高だ。
 この体の調子なら、リペティションを二セット撃てば500万に届く。
 早速エミリーのご飯を食べて、ダンジョンに仕事にいこう。

 そう思って部屋を出て、二階のリビングに降りてきた。

「あれ?」

 食卓のところでセレストがへばっているのが見えた。

「おはよう。どうしたんだセレスト」
「あぁ……おはようリョータさん」
「本当に大丈夫か? 顔色めちゃくちゃ悪いけど」
「大丈夫よ、いつもの事」
「そう? いや体調が悪いのなら無茶はするな? 仲間なんだから何かあったらフォローするぞ」
「ありがとう……やっぱりリョータさんは優しい……でも大丈夫、ただの魔力嵐だから」
「ああ、それで頭痛になったり調子悪いのか」
「うん、だから大丈夫」
「そうか」

 それを聞いて安心した。
 魔力嵐、魔法使いのセレストが魔法を使えなくなったり、体調を崩してしまうような自然現象。
 現代だと低気圧のようなものかな。

 そういうことならどうしようもないし、休めば大丈夫というセレストの言葉も納得がいく。

 ……。
 …………。
 ………………。

「あああああ!」
「ど、どうしたのリョータさん、そんなに大声をだした。
「魔力嵐……」

 魔力嵐だと!?

     ☆

 一階、燕の恩返し出張所になってるそこで、エルザと向き合う。

「魔力嵐は今日一日続くそうです」

 冒険者の買い取りの量に直結するので、買い取り屋の店員である彼女は天気――魔力嵐の規模と長さを把握している。
 それで聞いたんだが、絶望な答えが返ってきた。

「なんてこった……」
「どうしたのリョータさん?」
「実は、今日の夜までに500万を作らなきゃならないんだ」
「今のリョータさんなら楽勝ですね!」
「……魔力嵐がなかったらな」
「……あっ」

 ハッとするエルザ、彼女も気づいたようだ。
 そう、半日で500万ピロを稼げると言うのは、あくまでリペティション――一階倒したモンスターを問答無用に倒すあの最終魔法を使った上での計算だ。
 普段のおれなら、銃や体術ならば200万、誰かにいいところを見せようとフィーバーしても300万だ。

 魔力嵐中なら、500万に届かない。

「そ、それはまずいですよね」
「……とにかくやれるだけやってみる。朝のニホニウムはパスして、このままテルルに入ってくる」
「わかりました。わたしも全力でサポートします!」
「頼む!」

     ☆

 テルルに入って、手当たり次第にモンスターを狩りまくった。
 魔力嵐って事もあって、冒険者の数がいつもよりちょっと少なくて、狩れるモンスターは多かった。

 だから全力で行った、無限雷弾を中心に、とにかく当てやすい追尾弾も使った。
 ドロップを吸い寄せるポーチも使って、ドロップ即魔法カート行きになるようにその真上に設置した。

 更に覚えているモンスターの出現場所、出現タイミング。それらを頭の中に思い浮かべて、一番効率の高いルートを構築してモンスターを狩っていった。

 地下一階から二階、三階と降りていって、七階からまだ一階に上がってくる。
 とにかく狩り続けた。

 そして――昼。

     ☆

「午前中は200万と3千ピロでした……」

 気遣って途中報告にやってきたエルザが申し訳なさそうにいった。
 200万……それは足りない事を意味する。

 午前中全力でダンジョンを駆けずり回ったのに200万。
 それはおれの限界とも言える。

 魔法なしだと半日で200万。
 いまの装備、知識、能力。
 それをフルに出し切っての半日200万だ。

 普段ならまったく問題ない、むしろ「日給400万かすげえ」ってなってるところだが。
 今は足りない、夜までに500万を作らないと行けない今日は……足りない。

 さらに……。

「ふぅ……」
「だ、大丈夫ですかリョータさん」
「ああ大丈夫だ、ちょっとつかれただけだ。全力疾走でバテただけ」
「よかったです……でも、それじゃ午後は……」
「……」

 答えられなかった。
 午前中でバテてたら、午後の稼ぎは減ってしまうのが普通の考え。

 ……どうしよう。

「あの……もしよかったら――」

 エルザが何かいおうとした時、彼女の背後、ダンジョンの入り口から二人の女が現われた。

 リョータ一家の二人、エミリーとアリスだ。

「エミリー、それにアリス。どうしたんだ?」
「ヨーダさんのお手伝いに来たです」
「あたし達がきたからにはもう大丈夫」
「二人が……?」

 どういう事だ、って訝しんでいると、エミリーは背負ってきたリュック、出会った時にも背負ってきたあの巨大なリュックを地面に下ろした。

 そこから手際良く色々取り出して、ダンジョンの中で設置しはじめた。
 テーブルにソファー、そして様々な料理。
 みるみる内に、ダンジョンの一角に休憩所ができあがった。
 しかもそれは、エミリーハウスの特有の暖かさまで兼ね備えていた。

「お待たせなのです。ここで少し休憩するのです」
「休憩」
「ちょっと休憩して、最後まで全力で駆け抜ける力を蓄えるのです」
「……エミリー」

 ジーン、ときた。

「その後はあたしにお任せ」
「アリスが?」
「うん! あたしがいれば今戦闘中じゃないモンスターの居場所が分かるよ」
「そうか、ダンジョン生まれのスキル」
「そう、リョータじゃ完璧には分からないんでしょ」
「ああ」

 モンスターの出現場所をよめるのだが、おれのは記憶と経験での判断だ。
 アリスの特殊スキルはまるでレーダーのように感じ取れるもの。
 彼女がサポートしてくれれば、たしかにもっと効率が上がる。

「エミリー、アリス……」
「感動はいいから、今は休む」
「そしてモンスターを狩るのです」
「……ああ!」

 そうだな、今は感動してる場合じゃない。
 まずはやすんで、午後全力でいける体力を回復するのが先だ。

 おれはソファーにすわって、体を休めつつエミリーとアリスを見つめ。

「ありがとう」

 といった。
 二人はニコニコとして。

「どういたしましてなのです」
「仲間じゃん」

 といってくれた。

 こうして、エミリーとアリスのサポートもあって。
 午後はきっちり300万ピロの稼ぎをだして。

 無事、1500万ピロのあの鏡を買い取るのに間に合ったのだった。
面白かったらブクマ、評価してくれるとすごく嬉しいです!

■書籍版一巻、おかげさまで重版です!

ovsadtq5e4x9d2l175yb7dnkd29_sjg_9s_dv_1g
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ