挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レベル1だけどユニークスキルで最強です 作者:三木なずな

第三章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

112/198

112.大台

 テルルダンジョン、地下一階。
 現われたスライムに手をかざした。銃ではなく、手を。

「リペティション」

 新しく覚えた魔法、一度倒した事のあるモンスターを強制的に倒す魔法。
 スライムは消えて、もやしがドロップした。

 それを拾って魔法カートにいれる。
 今までで一番楽だった。銃はもはやスライム程度では外すことはなくなったけど、狙う時はやっぱりそれなりに集中しなきゃいけない。

 それに引き換えリペティションの魔法にそれは必要ない、かける相手を念じるだけだ。
 それに――。

「MP消費は少ないな」

 昨日はこれを一回だけ撃った、マーガレットを助ける為に、ニホニウムのダンジョンマスターに向かってうった。
 その時はMPを全部使い果たした様な脱力感に見舞われた。たった一発だけで
 今日は大丈夫だった、スライムに使ってもそうはならなかった。

 もう一体スライムが現われた、同じようにリペティションを使った。
 スライムは瞬殺され、もやしがドロップされた。

 やっぱりMPを消費したという感覚はない。

 リペティション、一度倒した事のあるモンスターを即死させる魔法、消費MPはモンスターの強さに依存する。
 スライム程度やほとんど消費されないようだ。

「ある意味……いや普通にこの世界最強の魔法だな」

 一度倒した事のあるモンスターを即死させる魔法、ゲームじゃ便利程度の魔法だろう、しかしこの世界では最強だと思う。
 全てのものがモンスターからドロップされるこの世界で、モンスターを倒して周回する能力が何よりも重宝される能力だ。
 魔法を使うだけで倒した事のあるモンスターが死ぬのは最強といっても過言ではない。

「問題は……最強のこれが何回使えるかだ」

 スライム相手で消費は少ないとはいえゼロではない、体感だ確かにちょこっとMPが消費された感覚がある。
 それが何回使えるのか……試そう。

 最弱のスライム相手にリペティションを使いまくった。
 魔法を使って倒して、もやしをドロップさせて魔法カートにいれて。カートが満杯になったらスイッチを押してドロップをまとめて家に送る。

 それを繰り返した。
 一心不乱でくり返し続けた。

「……ふう」

 やがてMPが切れる、会敵即殺を繰り返していると、普段の半分の時間で――午後の周回の3時頃でMPが切れた。
 MPがSとはいえ、さすがに三時間近くノンストップで魔法を使ってれば切れるか。

 さて、成果は?

     ☆

 家に戻ってくる。
 テルルに入る日でこんなに日が高い時間帯に戻ってくるのは初めてだ。

「ただいま」
「お帰りなさいリョータさん」

 三階建の一軒家、一回の開けた部分。
 今やすっかり店舗のようになっているそこはエルザだけがいた。

 買い取り屋・燕の恩返しから派遣されている彼女はすわっているのを立ち上がっておれを出迎えた。

「どうしたんですか、今日は早いですね」
「今日の稼ぎを聞こうと思って」
「あっ、やっぱり」
「やっぱりって?」

 にやりとわらうエルザに首をかしげて聞き返した。

「リョータさん、新しい何かをためしてるでしょ」
「わかるか?」
「わかりますよ。普段の周回してる送り方と、普段と違う事をやってる時の送り方って違いますもん」
「なるほど」

 みてると意外とわかるものなのかもな。

「じゃあ、はい通帳」
「ちょっと待ってくださいね」

 エルザは通帳を受け取って、おれの今日の稼ぎを記帳する。
 待ってる間はドキドキして、わくわくした。

 しばらくして記帳を終えたエルザが、ニコニコとしてと通帳をおれに手渡した。

「どうぞ」
「どれどれ……300万ピロ!?」

 通帳に記された数字は端数を切り捨てたら三百万という額だった。
 この額は確か……。

「先日の記録とほぼ同じですね」

 マーガレットにいいところを見せたくて、張り切って限界に挑戦した時と同じだ。
 張り切って限界突破した時と同じ額、しかも今回使った時間は半分だ。

「それをこんなに早く……、リョータさんすごい……」
「新しい魔法のおかげだよ」
「覚えたんですか? 新しい魔法」
「魔法の実でな」
「そうなんだ……すごい」

 エルザの尊敬の眼差しを受けつつ、おれは通帳を眺めた。
 昨日出て行った金、今日はいってきた金。
 新しい魔法の能力、そして普段の稼ぎまで残された時間。

「もう一回ダンジョン行ってくる」
「まだいくんですか?」
「ああ」

 頷き、通帳を開いてエルザに見せた。

「後二百万弱で一千万の大台乗るからな」
「ああっ! 間に合っちゃいますね! 今日のペースなら」

 ハッとするエルザ、そんな彼女ににっこりと微笑みかけて。

「そういうことだ。行ってくる」
「頑張ってください! わたしもがんばります!」

 小さくガッツポーズして意気込むエルザに励まされて、おれは、再びテルルダンジョンに向かった。

 MPは使い果たしたが、問題ない。
 銃に回復弾を込めて注射器の如く自分に撃ちまくってMPを全回復させた。

 MPがSで満タンの状態で再びダンジョンに入って周回した結果。

 この日、元の世界でも一度もみることはなかった。
 一千万の口座残高が出来たのだった。
面白かったらブクマ、評価してくれるとすごく嬉しいです!

■書籍版一巻、おかげさまで重版です!

ovsadtq5e4x9d2l175yb7dnkd29_sjg_9s_dv_1g
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ