挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Free 〜フライパンから始まるエトセトラ〜 作者:もじゃ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

49/51

47.とあるグループメッセージにて

イメージ的にはここから2章になります。
ということで、少しばかり新しい試みを。
私の中で、掲示板はどうしてもオープンなイメージが強く。
環那達以外の展開をどう進めるか悩んだ末、こういう形になりました。
実験的な意味合いが強いので、ご意見、ご指摘、ご感想などあればいただけると幸いですm(_ _)m
【我ら森同盟】

弓エルフ:えと……これでいいのかな?
     ちゃんとみんな誘えてるかなぁ?

弓エルフ:誰かいる?

弓エルフ:まだいないか。

戦士  :いるぞ。

木こり :おるよ。

名無し :今入った。

弓エルフ:おーよかった。
     ちゃんと誘えてたね。

戦士  :まぁ別に掲示板でもいいだけどなー。
     現状、ほとんど変わんねぇし。

弓エルフ:そこはほら、せっかく知り合ったよしみということで。

名無し :向こうじゃ話せないこともあるだろうから、ある分には別にいいんじゃね?

弓エルフ:そゆことそゆこと。

戦士  :っていうか名前ってこれでいくのか?
     せっかく、これ作ったんだからプレイヤーネームでもいいような?
     最初が弓エルフだったんでそれに合わせたけどさ。

弓エルフ:そう言われればたしかに……

名無し :わかりゃあ別になんでもいいんじゃね?
     どうせ俺らにしか見れないんだし。

戦士  :それもそうか。

木こり :そういや、森にいく途中、なんか見たことねぇ動物が平原をウロウロしてたな。

弓エルフ:見たことない動物?

木こり :ああ、シカやら大きなトリ? やら。

名無し :何ゆえ疑問形?

木こり :遠くてよく見えなかった。

名無し :老眼か……

木こり :ホントに遠かったんだよ!
     それにまだ20代だよ!

戦士  :それだよそれ! 俺が見た集団にはシカとかトリとかもいたはず!

名無し :ほー。

弓エルフ:でも、そんなに大きい集団ならすぐに見つかりそうなもんなのにねー。
     なんなら今から探しにいってみる?

木こり :あー俺デスペナ中。

名無し :やっぱり死んでたんだな……

戦士  :あれほど気をつけろって……

木こり :いやだって、伐採できたのが嬉しくてよ……
     つい、調子に乗って切るのに夢中になってたら後ろからオオカミに……

戦士  :あーあ。
     言わんこっちゃねぇ。

木こり :面目ない……

弓エルフ:じゃぁデスペナ終わったら見に行く感じにする?

名無し :オッケー。

戦士  :あいよー。

木こり :治ったらまたここに書き込むわ。

弓エルフ:はーい!
     じゃあそれまでは自由行動ってことで!
     ちなみにあと大体どれくらい?

木こり :たぶん2時間くらいだと思う。
     その間で、リアル用事済ませてから、木売ってくるわ。

弓エルフ:おー!
     高く売れるといいねー!

戦士  :期待してるぜ!

名無し :値段交渉、折れんじゃねぇぞ?

木こり :お前ら……単に奢られてぇだけじゃねぇか……

弓エルフ:ソ、ソンナコトナイヨー

戦士  :アア、ソンナコトナイ。

名無し :ナイナイ。

木こり :変なところで妙なチームワーク見せやがって……
     まぁいいわ、とにかく行ってくる。

弓エルフ:いてらー!

戦士  :あいよー。

名無し :オッケー。

弓エルフ:ねぇねぇ! それよりさ……1つ気になることがあるんだけど。

戦士  :どした?

木こり :なんかあったか?

名無し :重大なことか?

弓エルフ:私達、今は4人共目の前にいるんだから、別にこれで会話する必要なくない?

木こり :……

戦士  :……

名無し :……


・・・


【シズクお姉様ファンクラブ(非公式)@いつの日か公式に!】

会長  :お姉様が帰ってきましたわ!

副会長 :どこ!?

会長  :東門からですわね。

副会長 :あーまた外したー!

会員3 :やはりこちらが本命でしたか。

会員5 :キャーッ! お姉さまぁー!

会長  :誰かをおぶっていらっしゃるわ!

会員3 :どうやら一緒によくいる方のようですね。

会員5 :う、羨ましい!

会長  :我慢なさい。直接、接触することは厳禁ですのよ。
     あくまで見守るだけ。
     それが我々ファンクラブのモットーなのですからっ!

会員5 :でも私はもうっ! 私はぁもうっ!

会長  :会員5!? 接触は厳禁ですのよ!

会員3 :まさか……暴走!?

副会長 :会長! 5を! 5を止めてください!


・・・


【闇夜に潜む輩達】

むくろ   :インベントリ使っての万引き、やたら警戒されてないか?

シャチ :ああ、商品に近づいただけで店員がその場から離れやしねぇ。

骸   :もうしばらくはバレねぇ予定だったのに……

シャチ :あーあ、せっかくのいいシノギが……

からす   :バカか。
     そもそも、てめぇらが安物をホイホイ盗り続けるもんだから、異変に気づいた店員に警戒されちまったんだろうが。

シャチ :そりゃそうかもしれねぇけどよ……

骸   :にしても、まさかサービス開始4日目でここまでなるなんて思わなかったんだよ。
     誰か他のプレイヤーがNPCに告げ口したんじゃねぇか?

鴉   :これだけいれば、そういう奴が現れてきてもおかしくはないな。

骸   :はっ! やってらんねー!

シャチ :はぁ~こんなことなら思い切って、高けぇアイテムをケースごと盗ってくりゃよかったぜ……

鴉   :少し予定は早まるが、そろそろいい頃合いなのかもな。

骸   :お? ってことは?

シャチ :やるのか? PK。

骸   :やっちまうか! 装備も充実してきたしな。

鴉   :いや、その前にまずは街の外でアジト作りだ。
     じゃないと、ログアウトすら気軽にできなくなる。
     例の紋が出てからじゃできないことをまずやるべきだ。

シャチ :たしかにそれはそうなんだけどよぉ……
     でもなぁ……あー早く殺りてー!

骸   :あれ? そういや、ギンの野郎、最近見ねぇよな?
     なんかあったのか?

シャチ :さぁ? 俺は知らねぇけど。
     一昨日辺りから見なくなったな。

鴉   :……アイツなら辞めたよ。

シャチ :え? まじかよ。

骸   :唯一の【窃盗】スキル持ちだったのに……もったいねぇ。

鴉   :俺に『肉が喉を通らねぇ』って来たのが最後のメッセージだったな。
     意味はまったくわからなかったが、きっと体調不良かなんかだろう。

シャチ :んなこといって、ホントはリアルで捕まってたりして。
     アイツ、リアルでもよく似たことやってたんだろ?

骸   :ああ、自慢してたな。

鴉   :まぁ消えた奴のことをあーだこーだ言っても仕方ないんだ。
     とにかく、まずはメンツ集めだ。
     それからアジトの候補探し。
     PKするのはそれからだな。

シャチ :先は遠そうだなぁ……あーめんどくせー!

骸   :β時代の奴テキトーに誘ってはみてるんだが、いい返事が返ってこねぇんだよなぁ。
     別にあいつらにこだわらずに、それっぽい場所に行きゃいくらでもいるからいいんだけどよ。
     とりあえず、その辺あたってみるわ。

シャチ :じゃぁ俺は、警備の薄い店探すかー。
     さすがに全店あんな警備ってこたーねぇだろ。

鴉   :よろしく頼む。
     俺は、NPCと話をつけてくる。

骸   :了解。

シャチ :交渉事は全部リーダーに任せるわー。


・・・

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ