挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
エンドレス・マジカルライフ 作者:沖田一文

すべてのはじまり

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/45

プロローグ

 西暦2054年4月
 暖かい春風が髪をなびかせる。桜並木の下を通って、いつもの待ち合わせ場所へ。彼女の名前は、神城結衣。この春、中学2年生になった。そして、待っていたのは、結衣の大親友、永倉あんこ、だんご屋『色葉坂』の一人娘。結衣と同じ白いブレザーとスカートを着ている。

「おはよう、結衣。ちょっと遅いよ。軽音部のみんな、待っているよ。」

 結衣たちは軽音部に所属している。メンバーは全部で5人いる。結衣がギター&ボーカル、あんこがベースを担当している。

「ごめん、ちょっとゆっくりしすぎちゃった。」
「朝練しようって言ったのは、結衣だったよね。さあ行こう。学校まで、競争ね。負けた方は、放課後、みんなにアイスおごりね。」
「え~、私だっておこづかい少ないよ~。待って~。」

 あんこが走り出す。そして、遅れて結衣も走り出した。でも、二人とも楽器を背負っていて走るのは遅かった。

 結衣たちが通っている学校は、お嬢様学校といわれる学校だ。初等部から高等部まである。結衣たちは、中等部から入学した。結衣は、世界トップの神城財閥の一人娘で、超お金持ちだ。しかし、家の教育が厳しすぎて、家出をしたことがあった。そのときに、出会ったのがあんこである。結衣は、あんこの家で小学5年生から小学校卒業まであんこの家に居候させてもらった。そのお礼として結衣の父が、多額なお金をあんこの家に送った。そのおかげであんこがこの学校―セントリア学園に入学することができた。

 家から待ち合わせ場所まで約15分、待ち合わせ場所を過ぎた後にサウス駅があり、そこから電車で10分ほど乗って、セントリア駅で降りる。それからまた15分ほど歩くとセントリア学園に着く。先に着いたのは、あんこだった。少し遅れて、結衣がついた。

「私の勝ちだね。」

 にっこりいい笑顔を見せる。呼吸を整えてから結衣がいう。

「あんこの方が、背、大きいじゃん。ずるいよ~」
「やっと認めたんだ。自分がちっちゃいこと」
「認めてない。絶対に認めてないから!」
「まあ、でも、負けは負けだから、アイスおごりね。」

 あんこは、スキップをしながら部室に向かう。

「なんか、今日のあんこ、、メロと似てる。いつもは、優しくしてくれるのに。」

 結衣は頬を膨らませて文句を言いながら、部室に向かった。

 軽音部の部室は、学園の中庭にある。2階建ての別館、まるまる一つが部室。結衣が、この部をつくるときに学園側で建ててもらった。それは学園にとって、いや、お金持ちの世界にとっては、当然のことだった。なぜなら、結衣が世界トップ財閥の一人娘だったからである。そのとてつもない権力によって、建てられた部室のドアを開けると、他の部員の3人がお茶していた。

 鮮やかな金髪の髪が特徴で凛々しい彼女は、心沢メロディ。楽器店『ハートビート』の社長の娘で、明るく、元気にドラムをたたく、ドラマーである。

 黒のロングヘアで大人っぽい彼女は、小泉奏。両親は、プロの演奏家。クラシック部をやめて、軽音部に入部してもらった。メロ(メロディ)の幼馴染で、キーボードを担当している。

 メイド姿が似合うちょっと天然の彼女は、山森心愛。ギターを担当している。

 熱い紅茶がカップに注がれる音が響く。沈黙を破ったのは、メロだった。

「それで、朝練しようっと言った二人が遅れたのはどういうことだ。」

 心愛が淹れた、紅茶を少し飲んでからあんこが答える。

「結衣が黄昏ながら、ゆっくり歩いてきたから遅くなっちゃったの。でも、結衣が結衣が帰りにアイスおごってくれるって。」

 深く考えずに反応したのは心愛だった。

「そうなの。味、何にしようかなあ・・・」
「あははは・・・」

 結衣は、ため息をつく。奏が、髪を整えながら、

「それより、どうするの?もう少しで4月も終わっちゃうわよ。新入生はどんどん他の部活に入っていくし。私の時みたいに、無理矢理でも入れないと。まあ、被害者が増えるだけだけどね。」
「ああ、ごめんなさい。やっぱり嫌だった?」

 あんこが不安げに奏を見つめる。そのやりとりをみていたメロがにやにやしている。

「私たちが、勧誘しにいったときは、うれしそうにしてたのにね。そのあとの演奏も目が輝いていたしね。」
「そんなわけないでしょ。私が、クラシック以外に興味持つわけないでしょ。」

 奏はメロに反論する。しかし、その威勢の良さは長くは続かなかった。

「へぇ~。じゃあ、なんで今軽音部にいるの?」
「それは…その…えっと…。き、気に入ったからよ。悪い?」

 奏はりんごのように頬を赤くし、まんまとメロに丸め込まれた。

「ははは、私の勝っちぃ!」

 メロが勝利を宣言したところでチャイムが鳴った。

「結局、練習できなかったね。でも、メロちゃんと奏ちゃんはいつもどおりおもしろかったね。」

 結衣は、心愛に「漫才だったんだ」と内心で思いつつ、結衣たちは教室に向かった。

 放課後に、結衣は、みんなにアイスをおごった。おかげで財閥の娘といえど現金は少ししかないので結衣の財布はすっかり空っぽになってしまった。
 初めての投稿となります。この話の内容は、中学生ごろから考え始めていたものです。文章力がなく、読みにくいと思いますが、広い感性で見てくださると大変嬉しいです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ