挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
名門貴族の変嬢 作者:双葉小鳥

最終章 変嬢の行く末

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

70/104

★ 『第十話』 石

 静かな暗い闇と居心地の良い暖かさ。
 それはとても気持ちが良くて、ホッとします。

 もうずっとこうして居たいわ……。

 でも……。
 それなのに、まぶしい…………。 

「んぅ…………」

 もう、朝なの……?
 早いわ。
 もう少し、この居心地のいい場所に居たいのに……。

 …………後少しだけ……。


「とりあえず、起きない?」
「ぅっ……ぃゃ……」
「『いや』って……。困ったな……」

 ……………………ん?

 あら?
 今、知らない男性の声が……しなかった、かしら?
 私の気のせい?
 ……そうよね。
 気のせいよね。
 だいたい、私が知らない声を寝室で聞くはずがないもの。
 でも、もしかしたら……。

「あ。起きた?」

 目を開けてみたら、視界一杯に青い髪を後ろになでつけた、紫色の瞳。
 その瞳の目尻は垂れていて……。
 そうね。
 なんだか胡散臭そうな顔をしているわ。

「うん。酷いな……」

 胡散臭そうな人はそう言って笑ったの。
 ……一層胡散臭かったわ。 
 って。
 そうではなくて。

「あなたは……だれ…………? それに、ここは……?」

 そうなの。
 見渡す限り真っ暗。
 もう、本当にどこなのかしら。
 お屋敷の外ならテノール達が心配しちゃうわ。

「大丈夫。君はどこにも行っていない。俺が来ただけ」
「あなたが、『来た』……?」
「うん。俺が君の夢の中に来ただけ」
「…………ゆ、め……?」
「そう。夢」

 胡散臭い人はそう言いました。 
 何のことやらさっぱりわかりません。
 分からないものは分からないということで、考えるのを放棄します。

「いや。ちょっとは考えよう?」

 呆れ顔で苦笑されました。
 何故かしら?

「あと君、色々覚えようね。人の顔とか名前とか」
「え? 覚えていますわ」

 失礼ね。
 私、ちゃんとみんなの顔は覚えているし、名前と声もしっかり覚えているのよ?

「じゃぁ、今君が居る大陸の名は? 国の名は? 王の名は?」

 ………………そ、そんなに矢継ぎ早に言わなくても――――

「わかんないだろ? まぁ、分かんないのは良いとして。本題に入るから」
「……? 本題、ですの?」
「うん、そう。君さ、一番新しいので、死んだときの記憶があるよね」
「え……?」

 それって……私が驚きすぎて槍を落とした――

「そう、それ。【弟を庇って死んだ】ってやつ。あれなんだけどさ。本当は無かったんだよね。戦そのものが、さ……」
「どういうことですの……?」
「あぁ。俺のシナリオだと、君はイルディオでほのぼの隠居生活送ってる予定だったんだ。まぁ、たまにイベント起こす予定だったけど」
「あの、えっと、ごめんなさい。良くわかりません……」
「…………まぁいいや。コレあげる」

 そういって手渡された物は、小さな琥珀色の石と、深い緑の石。
 それら二つはとても綺麗。
 とても濃い色をしているというのに、とても透き通っている。
 不思議な石。

「綺麗……」
「そいつら転生の順番来たってのに、転生じゃなくて戻せと言ってうるさくてねぇ……。俺が手を加えても良いけど矛盾が生じるからさ、テキトーに体作ってやって。そしたら勝手に意識持つから」

 男性はそれだけ言って『じゃね』って。
 そう言ったかと思うと、私は何も感じなかったはずなのに、突如として重みを感じました。

 ………………この重みは、お布団?
 ……まぁ。
 とりあえず状況の確認を――――と思って目を開けたのですか、真っ暗です。

 …………明かりを……。

 そう思い手探りでベットを抜け出そうとして、気がつきました。

 私、右の手になにやら丸いようなものを握っているようです。

 ためしにそれを落とさないようにそっと右の手を開いてみました。

 …………暗くて見えません……。

 当たり前ね。

 私ッたら、何を考えていたのかしら……。
 部屋が真っ暗なのだから、見えるはずがないのに……。

 まぁ良いわ。
 とりあえず無くさないようにしっかり握って明かりを探します。



 ――――――――――――

 ――――――――
読んで下さり、誠にありがとうございます、
前回言っていたような話じゃ、無理でした……。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ