挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
恋って…何? 作者:み〜さん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/31

逃げました。

初めての投稿です。優しい目で見て頂けると嬉しいです。



  夕日に染まる教室。

  柔らかく吹き込む風に捲き上る白いカーテン。

  まるで映画のワンシーンのような空間の中…

  机を挟んで見つめ合う2人。

  引力に引かれお互い顔が近づき…そして…

  重なるシルエット…

 
 

  教室の扉を背にして動けない私…。

  今、教室内にいる2人は同級生と私の彼氏。

  見てはいけないものを見てしまって、心臓がおか しな鼓動を打っている。

  早く!

  早くここから逃げないと!

  惨めな姿を見られたくない。震える身体に何度も言い聞かせ、何とか動いた足に神経を集中させ、下駄箱に向かった。




  私、山田 佳奈恵は高校2年生。
  さっき教室でピンクな世界を繰り広げていた男の方は、3年生で私の彼氏で幼馴染。女の方は、同級生で隣のクラスで2週間前に転校してきた美少女転校生。

  彼氏 (?) のたちばな 博武ひろむは小学校の2年生の時に、私の住むマンションに越して来た。

  同じマンションには他に3人遊び友達がいる。

  3人とも同じ高校で幼馴染。
私以外みんな生徒会役員で、博武は副会長。

  …何処かで聞いたようなフレーズ…。

  はい、それぞれ超スペックです。

  でも、 私は至って普通……。

  なのに中学2年生の時に博武に告白されて、お付き 合いが始まった。どうして私?と、何度も自問し博武にも聞いた。

  小学生の頃、身体の小さい私をいつも気にかけてくれて、他の3人が私を残して遊びに行っても、ずっと博武は私のそばに居てくれた。

  だから、私が博武を好きになるのに時間は掛からなかった。

  だから、告白された時の喜びと不安な気持ちは今も残ったまま。全く消えない。魚の骨のように……。

  でも、それでも嬉しい気持ちが大きくて、博武の隣に居ても遜色しないように、勉強も運動も私なりに頑張った。

  ……頑張ったんだよ?

  これといって特徴のない平凡な私が、博武に恥ずかしく思われないように、周りから見下されないように、超スペックな博武の隣に居るために!

 

  いつの間に着いていたのか、私は下駄箱の前でカバンをギュッと抱きしめて蹲っていた。

  不思議と涙は出てこなかった。ただ、胸が鷲掴みされたように痛かった。息が上手く出来ない。

  どうしよう…直ぐにここから逃げ出したいのに、身体に力が入らない。

  もう…動けなない……


  「…カナ?」


  頭上から聞き覚えのある声。

  私は緩慢に頭をもたげると、声の主を見た。

  先程よりも紅く色付く陽光を背に受け、ひょろりと背の高い男子がいた。

  「…たいちゃん…?」

  掠れて上手く出せない声を掛けると、

  「どうした?腹でもくだしたか?」

  そう言いながら私の元に来て跪き、頭に大きな手を載せてきた。

  たいちゃん…岩崎いわさき 泰輝たいきは同じマンションに住む幼馴染の1人で、生徒会のメンバーで、書記で3年生。

  「…たいちゃんどうしたの?忘れ物?」
  「うんにゃ、頭煮詰まったから走って来た。」
  「ゆうくんとはるくんは?」
  「まだ生徒会室で闘ってる。……なぁ、大丈夫か?顔、真っ白だぞ?」

  私の顔に掛かった髪を、骨張った長い指で掬いあげる。

  「博武は?一緒じゃ無いのか?」

  私は 再びカバンに顔を埋め、頭を横に振った。

  暫く沈黙した後、たいちゃんが立ち上がり私の頭をわさわさと撫でる。

  「ちょっと待ってろ。悠人と春輝呼んでくるから。」

  そう言って走って行った。

  廊下は走ってはいけません。

  何時もならそう諌めていたはずなのに、今は声を出すのが億劫で、カサカサになった唇から細い息が漏れるだけ。
 
  生徒会長の長岡ながおか 春輝はるきと会計の三浦みうら 悠人ゆうとは幼馴染で、はるくんは3年生、ゆうくんは1年生だ。

  たいちゃんは待ってろって言ってたけど、此処に居たらあの2人に会ってしまうかもしれない。博武と彼女…加賀さんが一緒の場面に出会すのは、今はどうしても避けたい。じゃないと、私の身体の中から真っ黒なモノが溢れてしまいそうだから。

  だから、逃げたいから、歯を食いしばってカバンを持つ手を握りしめ、ふらつきながら立ち上がり歩き出す。…靴を履き替える事を忘れて…。
ありがとうございました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ