挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黒騎士は殺人鬼?違います、商品ですから手を出さないで!! 作者:板屋 登
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/16

ギルドに顔を出しました

仕事が忙しくて、なかなか続きを書く時間がありません。
私が14歳の頃から冒険者ギルドの受付をやって早15年、今まで沢山の冒険者を見てきました。

一攫千金の夢を見る若者、どこぞのお伽噺の英雄譚に憧れる者、腕っぷしに自信のある者、明らかに裏家業やってたと思われる者等々……

でも、今……私の前に居る子は……この西方では珍しい黒髪、黒目、背も小さく……何て言うか……

「えっと……もう一度聞くけど、間違ってたらご免なさい、貴女10歳……越えてるの?」

とても悲しそうな顔をしたその娘は、消え入りそうな声で

「あの……私13歳……です」

いやいやいや、どう見ても『10歳』越えてないでしょ~?!


ーーー
リリー達が冒険者ギルドに赴いたのは、商人ギルドに寄ってから2時間程たってからだった。

商人ギルドでは、ゴブリンに喰われた馬の代金で少々揉めたものの、非常事態であった事が認められ、僅かな違約金だけで済む事となった。そして、商人と御者にお礼を言われつつ冒険者ギルドへと向かう事になったのだが……

早朝の喧騒が一段落した冒険者ギルド、アベルを先頭に入り口を潜る。一階は酒場兼食堂になっている為、10人程の冒険者が居た。

その目が一斉に入り口へと向かう、全員の目線の先には『全長2メートルの黒い鎧の騎士』と言う、なんとも怪しい存在がいた。

もっとも、一部冒険者の目線は、黒い鎧の騎士の前を『ちょこちょこ』と擬音が出そうな感じで小走りするリリーに向いていたのだが…… 

「あらアベル、戻ったのね」
「やぁジーナさん、ただいま」

受付カウンターの向こうから顔を出したのは、20代後半の女性であった。茶色いジャケットを羽織り胸にはギルド員を指し示すバッジが付いている。彼女はアベルから受け取った用紙に軽く目を通しサインをする。

「あら?イーリス君の姿が見えないみたいだけど、怪我でもしたの?寺院かしら?」
「……」

イーリス、あのゴブリンに喰い殺された戦士の名前だった、その名を聞いたアベルは、腰の袋から銅色のプレートを出し、

「道中でゴブリンの大群に会い、アイツは……」
「……そう」

ジーナは悲しげな顔をしながらも、引き出しから書類の束を出す。それを捲り、真ん中辺りから一枚を抜き出す。その紙に赤いインクでバツ印を付け、アベルへと渡す。

「じゃあ、下に確認のサインしてくれる?」
「……はい」

これは、パーティーメンバーが死亡した際の証明であった。ギルド結成初期に、借金などから逃れる為、偽装死亡を企む者が多かった為、冒険者の死亡には、出来るだけ証拠が必要となった。

とは言え、何時どこで全滅するか分からない冒険者の事、全体として見れば、死亡が確認出来るのは半分にも満たない。

「で、そちらの二人は?」

アベルのサインの入った書類を受け取ったジーナは、それを別の棚のファイルに仕舞い、パーティー後方のリリー達を見て問いかける。見知らぬ人がギルドに来る以上、何か用事があると見ての声かけなのだが

「えっと、その件で二つ用事があるんですが」
「何かしら?」

死亡届の件から気分を切換え、正面を向くジーナ。

「1つは今回の件で、ギルドマスターに報告する事があります、取り次ぎをお願いしたいのです」

ゴブリンキング等の上位種無しに30匹以上のゴブリンが徒党を組む、ある意味非常事態と言える事だった。当然、ギルドへの報告の義務が発生する。

「もう1つは……この二人の登録をしたいのです」
「登録?」

そう言うとリリー達を見るジーナだったが……困った顔をしつつ

「えっと、アベル?知ってると思うけど、冒険者登録は13歳からよ?」

そう言うと『ちらっ』とリリーの方を見る。その目線に顔を赤くしたリリーが

「あの……私13歳……です」
「「「「「えぇぇぇぇぇー?!」」」」」

黒騎士と年齢を聞いていたアベル以外の全員が、消え入りそうな声を聞いて大声を上げていた。
もっと、サクサク進めるようにしないと……
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ