挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黒騎士は殺人鬼?違います、商品ですから手を出さないで!! 作者:板屋 登
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/16

放り出されました

4作目になります、目指すは……ギャグ?真面目?
私にも分かりません。
取り敢えず、一週間に1~2回のペースでやって行きたいと思います。
13歳になったあの日、祖父に頼まれたのは

「この騎士を帝国まで連れて行ってくれ」

っと言う『お使いクエ』でした。
初めてのクエストが、他国……大陸でも1~2を争う国……しかもココ、西の果てから帝国のある東の果てまで騎士を連れて行けとか……うちの祖父は、何考えてるんでしょう?
ちなみに旅費等は……

「自分で何とかするんじゃぞ」

放置ですか?本気ですか?これ何て言うんでしたっけ……ネグレスト?違うな……えっと……

「まぁ、稼ぎ易いよう冒険者になるのが良かろう」

何か偉そうです……いや、祖父だから偉いのかもしれませんが

「ワシの名前で紹介状も書いといたから安心せい」

安心出来る要素が一つもありません。

「魔導師は冒険者として重宝されるしな」

聞いて下さいお爺さん、貴方の孫娘はツッコミ入れまくってますよ。

「ちなみに、お前が旅立ったら、この家消滅させるから」

何恐ろしい事言ってるんですか、この人?!私の帰る場所無くす気ですか?!

「安心せい、他所に隠れ家を用意しとるから」

私は、隠れ家の存在を知りません……ってか、場所は何処ですか?教えてくれないと帰れません。

「今教えたら面白……気が緩んでしまうじゃろ?」

今、面白いって言おうとしましたか?ねぇ、しましたよね?言いかえましたよね?こっちを見て下さい。

「お爺ちゃんから孫娘への一人立ちのプレゼントじゃ、受けとるが良い」

プレゼントはいいですから、さっきの件を答えて下さい、もちろんプレゼントも貰いますケド……

「では元気での」

祖父が何か呪文を唱えだしましたが……ちょっと待って!!まだ心の準備が……いや、旅の準備もまだなんですが……え?ちょっと、何この光、もしかしてテレポータ……

娘は『ミスリルの杖』を手に入れた『魔法のローブ』を手に入れた『銀貨20枚』を手に入れた『漆黒の騎士』とパーティーを組んだ。

「待ってって言ったでしょぉぉぉぉ~?!」
「頑張るんじゃぞ~」

祖父の呑気な声が聞こえた気がします。
続きは明日までに仕上げます(汗)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ