挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
小説投稿サイトでランキング一位を取らないと出られない部屋 作者:理不尽な孫の手
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/12

エピローグ


 気がつくと、見知らぬ部屋にいた。
 広さは十畳ほど、かなり広めの部屋だが、雑多に物がおいてあるため、広くは感じない。
 淡いクリーム色の壁紙。
 天井はやや高めで、天井には自然光に近い色の蛍光灯がついている。
 ベッドは折りたたみのパイプベッドで、敷布団はオレンジ。
 デスクにはパソコンがおいてあり、電源は付いていない。
 本棚にはオシャレな装丁の本や、自己啓発系のタイトルが並んでいる。
 タンスの上にも、十冊ほどの本が並べてあった。
 扉もある。木製でガラスがはめ込んである扉だ。
 鍵は掛かっていないが、開けば台所と玄関に通じる廊下があるのを知っている。

 ああ、そうだ。

 思い出した、この部屋は知っている部屋だ。
 俺の部屋。
 俺が元々、住んでいた部屋だ。

 ああ、何があったかな。
 ふわふわとした気持ちと足取りで部屋の中を彷徨い、スマートフォンを見つける。
 どうやって使うんだったか。
 適当にこねくり回していると、次第に思い出してきて、電源をつけた。

 2017/4/1/7:00

 スマホを付けると、そんな文字列が飛び込んできた。
 俺にとって、忘れられない日付と時間だ。

「あれ? なんでだっけ」

 しかし、同時に、頭の中に霞が掛かった。
 何か。
 何かをしていたような気がした。
 とても重要なことをしていたような気がした。

「俺、何してたんだっけ」

 パソコン。
 パソコンを使っていたような気がする。
 確かに、俺はパソコンを使って、何かをしていたはずだった。
 とても時間が掛かって、とても苦しくて、でも楽しくて、誇らしい、達成感のある何かを。
 でも、それしか思い出せない。
 忘れちゃいけないはずなのに……。

 まるで夢でも見ていたかのように、全てが消えていった。




















●2018年4月2日●

 俺の名前はワタヌキ ハジメ。
 変な名前だとよく言われるが、中身まで変じゃない。
 ごく普通の家庭に生まれ育ち、ごく普通の大学を卒業し、ごく普通の会社に就職した社会人だ。
 趣味はサイクリングとダーツ、バー巡りだ。
 昔はよく読書していたが、なぜか1年ほど前から何も読まなくなった。

 ある日のこと、俺は学生時代の友人に飯に誘われた。
 やけに自慢げで、早口に一方的に話すタイプの根暗オタクで、一緒にいて気分の良いヤツではないはずなのだが、不思議とそいつと会話するのが嫌ではなかった。
 だから俺は飯の誘いに快くオーケーし、彼の待つ店へと訪れた。

 彼は店の一番奥のテーブルで、スマホを見ながら待っていた。
 何やら熱中しているらしく、俺がきても一心不乱に画面をみていた。

「よう、おつかれ」

 そう声を掛けると、彼はびくりと肩を震わせ、俺の方を見た。
 そしてスマホを置くと、片手を上げた。

「お? おお、おつかれ。遅かったな」
「悪い。仕事が長引いたんだ」

 適当に答えつつ席に座り、メニューを手に取る。
 何を食べるか。
 さっぱりしたものにするか。
 この一年、どうにも油でぎっとりしたものばかり食べていて、少し太ってしまった。
 そろそろダイエットをしなければいけない。

「ん?」

 と、メニューを見ている途中、彼のスマホの画面に気がついた。
 そこには、白い背景に、無数の文字が書かれていた。
 見覚えのある画面だ。
 たしか、登録無料の小説投稿サイトだ。
 てっきりゲームでもやっているのかと思ったら、小説を読んでいたらしい。

「何読んでたんだ?」

 そう聞くと、彼は『よくぞ聞いてくれました』と言わんばかりの笑みを浮かべた。
 こうなると、彼の話は長い。

「最近、また『小説を書こう』にハマっててな」

 そうそう、思い出した。
 『小説を書こう』だ。
 昔、こいつに何本かオススメされて読んだが、どれもつまらなかった記憶がある。

「なんかお前、マイナーなのばっかり勧めてきたよな」

 自分で言って、はてと首をかしげた。
 なぜ、俺は彼の勧めてきた作品が、マイナーだと思ったのだろうか。
 どれがメジャーでどれがマイナーかなど、俺は知らないはずなのに。
 まあ、多分面白くなかったからだろうが。

「ああ、俺も昔はさ、若かったっていうの?
 他人と違うものが好きな俺カッコイイ、みたいなトコあったじゃん?
 でも、やっぱそういうのって、若気の至りみたいな?
 だから今は、メジャー思考」

 しばらく会わない間に、彼も変わったらしい。
 よくよく観察してみると、数年前の彼が絶対に着ないような小洒落た服を着ている。
 勘違いした感じではなく、落ち着いていて、年相応な感じだ。
 特徴が無いといえばそれまでだが、確かにメジャー思考っぽい格好だ。
 話し方も、昔に比べてちょいとチャラい。

「だから最近は、ランキングで上位を取るようなのを読んでんだ」

 彼はそう言いつつ、『小説を書こう』のランキングページを俺に見せてくれた。
 一位のタイトルは『社畜往生 -異世界行ったし休みます-』。
 あらすじを読むと、最悪のブラック企業に務める男がトラックを運転中に事故死、異世界に転生するというストーリーらしい。

「一位のを読んでたのか?」
「いや、そこらへんは半年で全部読み尽くした。累計ランキングはほぼほぼ上から全部な。まぁ俺って読書スピード早いじゃん? 数ヶ月もあれば余裕っていうか――」

 お、懐かしいな。この自慢げな感じ。
 やっぱり彼はこうでなくっちゃ。

「で、今は、年間一位の作品を読んでる。えっと、累計何位だったかな……」
「24位?」
「え?」
「え?」

 どうして自分の口からそんな数字が出てきたのか、わからない。
 ただ、頭の中に、そういう数字が浮かんだのだ。
 多分、ただの勘だ。
 だが、俺は今、ある程度の確信を持ってそう口にしていた。

「あ、惜しい、23位だな。てか、なに? お前、もしかして読んでんの?」
「まさか、ただの勘だよ」

 俺は外れたことでほっとしつつ、しかし少し疑問を感じていた。
 おかしい、なんで24位じゃないんだ、という疑問だ。

「まあいいや。とにかく、俺が今読んでるのは、コレな」

 そう言って彼の見せてくれた画面。
 そこには、現年間一位の作品のタイトルとあらすじが書かれていた。

『異界のハサミ使い』

 そのタイトルを、俺は食い入るように見つめた。
 見覚えがあった。
 あらすじも、どこか懐かしさを感じた。
 どこで見たかは憶えていない。見たことは無いはずだ。
 でも、確かに既視感があった。

「なんか。面白そうだな」

 自然とそんな言葉が出た。
 面白そう。
 タイトルやあらすじから読み取れる情報は、俺の趣味とは全然違う作品だと訴えている。
 でも、なんでだろう。
 俺はこの作品を読みたいと思った。
 この作品の結末を知りたいと思ったのだ。

「へぇ」

 俺の言葉に、彼は少し意外そうな表情で、俺を見返してきた。

「お前がそう言うの、珍しいな?」
「そうか?」
「ああ、いつもはなんか、どうせつまんねーんだろって顔してる」

 そんな顔をしていたのか。
 まぁ、こいつと会ったのも久しぶりだしな……。

「昔は俺も若かったってことさ」
「はっは……おい、それって内心ではつまんねーんだろって思ってるってことかよ」
「いや、これは別」
「そっか、じゃあこの作品はどうだ? これは前の年間一位で……」

 それから、彼の怒濤の作品紹介タイムが始まった。
 俺は彼の作品の紹介を受けつつ、適当につっこみを入れて過ごした。
 なんだそのタイトル。
 あらすじ一行かよ。
 いや説明だけ聞くとつまんなそうなんだけど。

 彼は相変わらず自慢げで、時に嫌味な発言もしたが、特に気になることもなく、楽しい時を過ごした。
 そんな時間の中、俺の心の中には、あるタイトルだけが残っていた。

『異界のハサミ使い』

 この作品が、どうしてここまで気になるのか、さっぱりわからない。
 ただなぜだか、あの作品だけは、無性に読みたいと思ったのだ。



 その日の夕食を終えて帰宅した。
 落ち着く我が家にたどり着くと、まず一杯の水を飲んだ。
 酔っているわけではない。
 そもそも車だったので酒は飲んでいない。
 ただ、あの作品を読むのに、少し準備が必要だと思ったのだ。

 とてもわくわくしていた。
 まるで、何年もこの作品を読むことを待ち望んでいたような気分だった。
 今日なら、この作品の一番読みたい部分を読める。
 ずっと読めなかった部分を読める。
 そして、その部分を読む時、俺は酔っていたり、眠かったりしてはいけない。
 正座をして、真剣に読まなければならない。
 そんな気分だ。

 おかしな話だ。
 読んだことのない作品だというのに。

「さて、読むか」

 俺はそうつぶやくと、パソコンを立ち上げ、前に座った。
 そして、浮かれる手でマウスを握り、『小説を書こう』を立ち上げたのだった。



-完-

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全213部分)
  • 1544 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 18:46
古龍の昔話

龍鳴山には、人の姿をした古龍が住んでいる。 その龍の傍らには、身の回りの世話をする少女がいた。 ある日、少女は古龍に言った。「あなたのことを教えてほしい」。 古//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全23部分)
  • 1652 user
  • 最終掲載日:2017/03/06 19:00
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 1744 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 2333 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全143部分)
  • 1576 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 00:48
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!10/25、オーバーラップ文庫様より最終巻となる⑤巻が発売されます!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 1630 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全136部分)
  • 1591 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 22:59
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 3194 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
無職転生 - 蛇足編 -

 『無職転生-異世界行ったら本気出す-』の番外編。  ビヘイリル王国での戦いに勝利したルーデウス・グレイラット。  彼はこの先なにを思い、なにを為すのか……。 //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全32部分)
  • 2443 user
  • 最終掲載日:2017/09/09 19:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 1492 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 2030 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
望まぬ不死の冒険者

辺境で万年銅級冒険者をしていた主人公、レント。彼は運悪く、迷宮の奥で強大な魔物に出会い、敗北し、そして気づくと骨人《スケルトン》になっていた。このままで街にすら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全394部分)
  • 1499 user
  • 最終掲載日:2017/12/25 18:00
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 1614 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 1683 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 20:07
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方にお願い//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全563部分)
  • 1888 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 19:41
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 1954 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 1788 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全862部分)
  • 1891 user
  • 最終掲載日:2018/01/23 10:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 2471 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部分)
  • 1437 user
  • 最終掲載日:2018/01/17 09:12
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 1696 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全316部分)
  • 1527 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 00:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全258部分)
  • 1666 user
  • 最終掲載日:2018/01/23 00:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全401部分)
  • 1811 user
  • 最終掲載日:2018/01/23 00:01
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全301部分)
  • 1980 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 18:00
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全357部分)
  • 1423 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 21:00
ジョブレス・オブリージュ

 ジークハルト・サラディン・グレイラット。彼は無職である。  幼い頃、彼は正義の味方になりたかった。そのために剣を学び強くなった。しかし故郷から遠く離れた時、彼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全15部分)
  • 1609 user
  • 最終掲載日:2016/05/05 19:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全534部分)
  • 2493 user
  • 最終掲載日:2018/01/15 22:46
↑ページトップへ