挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
水彩のフィヨルド 作者:佐藤産いくら
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/49

序章

昔、祖父の故郷であるノルウェーに行ったことがある。幼かったのであまり記憶に残っていないが、一つだけ、はっきりと覚えていることがある。
ノルウェーに滞在する最終日、祖父は朝日が登る前に私をたたき起こし、外に連れ出した。霧がかかる道を車でとばし、着いた先は、足元に真っ暗な闇が佇む崖の上だった。
私は眠いのと怖いので祖父にしがみついていたと思う。祖父が私の背中をポンと優しく叩いたとき、地平線の向こうから光がさした。真っ白な朝日が顔を出し闇を照らすと、現れたのは大きく弧を描いた谷の中にきらめく大西洋だった。
その眩しさに目がくらみ、私は目をつぶった。その後はよく覚えていない。暖かい光に安心したせいか、私は眠ってしまったのだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ