挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Incomplet 作者:さゆみ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/15

パフェ


夕刻、昨日から降り続く雨で黒光りしている歩道をわたしは歩いている。日が短くなり、雨が降っているせいもあり、辺りはもう暗い。見るからに野暮ったい服装をまとい、体に見合わない小さな傘をさし、わたしは背を丸めて足下を見つめていた。足取りは軽くはない。そりゃ生きていれば、言葉にならない鉛のような感情が胸の中に落ちてしまうことも多々ある。
人は言う。疲れたら休めばいい。
「ああ、面倒くせえな」思わず呟いた。
軽々しく休めばいいと言う奴の気がしれない。
わたしの生き方を決めるのはわたしだ。
腕にぶら下げたスーパーの袋には、生クリーム、チョコレートシロップ、アイスクリーム、バナナなどが入っている。パフェを作るのだ。今、歩みをやめたらアイスクリームが溶けてしまう。

「オゥ!」
ゴリラカフェへようこそ。今夜のおすすめはパフェ各種です。

短編「午前一時五十五分のゴリラカフェ」のマスターが買い出しに行った帰路にて。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ