挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TS女子が「頬へのキスでレベルアップが出来る姫」になりました 作者:イヌスキ

番外編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

38/38

女の戦い  クレアvs三月  おろおろする未来(当事者)

 もうすぐ花火が上がる。竜神と未来は連れ立って外に出た。

「おー! 君もひさしぶりじゃのー。元気そうで何よりじゃ。おっぱい揉ませてもらっとるかー」
 黒と赤のオドロオドロしい屋台から、ウェーブの掛かった長い髪を額の真ん中で分けた、二十代中頃の美女が竜神に呼びかけてきた。
 手に持った骸骨の腕のおもちゃをがっちゃがっちゃと振っている。

 美穂子のバイト先の店長だ。彫りの深い顔立ちをした美女なのにセクハラが容赦無い。
 おまけに未来が怖がりなのを知っていて嬉々として怖がらせに掛かるので、未来にとっては天敵にも等しい相手だ。

「もも揉ませてねーよ! やめてくださいセクハラじゃ! あーもうまた喋り方がうつったー! 話しかけてくるな!」
 竜神を盾にしてぎゃーぎゃーと未来が反論する。

 竜神は左右に視線を走らせる。周りにいた浴衣姿の高校生達がぎょっとしたような顔をしていた。それもそうだろう。とてつもなく可愛くて華奢で小さなお姫様が男言葉で大騒ぎしているのだから。
 未来はこの旅館では女言葉を使おうと頑張っていたのに完全に忘れている。テンパってしまうとすぐ吹き飛んでしまうのは未来の悪い癖ではある。
 だが、今回は悪い方向へは動かなかったようだ。

 周りの連中の顔が、飼い主の指先を噛んで、じたばたと手足をばたつかせながら攻撃している子猫でも見ているかのような緩んだ顔になっていく。


「ほーらほーらお前もこっちにこんか。ゾンビの腕のラムケーキを食わせてやるから」
「いりませんんん! だ、誰が食べるんだよそんな怖いのおおお! ケーキの色に緑使うな! 血糊みたいなのつけんな!」

 

「あ、竜神君、丁度よかったー。竜神君にプレゼントしたいものがあるの」
 手伝っているのか、屋台の中にいた美穂子が竜神に手を振った。達樹と浅見、百合も、並べられたグロお菓子を物色していた。達樹は未来同様怖がりなのでやや腰が引けていたが。

 当然ながら未来はグロ屋台になんか近寄れないのでその場で待ち、竜神だけが美穂子に呼ばれて近寄っていく。

「これ! どうぞ」
 美穂子が竜神に手渡したのは、ビニールに入った切断された耳だった。

「……………………」

 ぱっと見、なんなのかさえわからない。耳じゃないことだけは確かだが、耳にしか見えない。こんなもの持って歩いてたら通報されてしまいそうだ。

「飴か?」
 竜神はしばし熟考してから、は、とした顔で美穂子に聞く。

「クッキーだよ。私が焼いたの! こないだのメダ君のお礼」
「あれはノート写させてくれた礼だから、いらねーよ」
「遠慮しないで。これ、美味しいって評判いいんだから」

「うわぁ……。クソ不味いけど見た目普通のお菓子押し付けてくる未来先輩と、見た目こんなだけど美味いお菓子押し付けてくる美穂子ちゃんとどっちがマシっすかねー」
「ある意味究極の二択だね」

 怖がりの達樹がドン引きして、浅見が苦笑する。
 未来は遠くからそんな様子を見ていた。(あの唇お化けの飴ってほんとに美穂子の感謝の気持ちだったんだ)今更ながらに安堵する。
 だが怖いものは怖い。竜神が耳を持っている間は半径三メートル以内に近づくつもりもない。
 精巧すぎる。血糊まで完璧だ。怖いなんてレベルじゃない。

「あ……未来さんだよね」
「はい?」
 洋服姿の女子に声を掛けられ未来は疑問形の返事をする。

「ちょっといいかな、聞きたいことがあるんだ」
「なんでしょうか?」

 未来は屋台の列から離れて、女子について薄暗い場所へと入り込んだ。
 気弱そうに話しかけてくる女子に、未来は何の警戒もしていなかった。

 何の用だろうか。未来は首を傾げたのだが、突然、パンプスで蹴りを入れられた。

「う――な、何すんだよ!」
「うっせぇ。男に媚び売ってるチビ女が調子乗んじゃねーよ」

 さっきまでの気弱な姿はどこに消えたのか、鼻に皺を寄せた般若みたいな表情を向けられて未来は一歩下がってしまった。

「――ち、調子になんて乗ってないです! 媚びも売って無いよ。あいつら単なる友達だし」
「は、友達。へー、友達。あんた宿屋で男にくっついて行ってたろうが。友達にくっついていくわけ」
「宿屋……?」
 何のことだかさっぱり判らなくて未来は首を傾げてしまう。竜神にくっついたことなど完全に忘れてしまっていた。

「土下座しろよ」
「はぁ!?」
「いいから土下座しろっつってんだろうがブス」

 また蹴られそうになったけど、今度は後ろに下がって避けた。何がなんだか判らない。
 これはもう三十六計逃げるに如かずだ。
 踵を返して逃げようとしたのだが、「逃げてんじゃねー!」女に浴衣の裾を掴まれ逃げられなくなった。浴衣と洋服では動きやすさが全然違う。逃げるのは難しかった。

「あり、お姫様、こんなとこでどーしたの? でも丁度よかったぁ。これ、開け方どうすんだっけー? さっきから押してんだけどビー玉が下にいってくれないんだよねー」
「三月先輩」

 三月が暗がりに入ってきた。手にラムネを持って。

「りゅう君達は一緒じゃないの? ってか、どしたの?」
 ここにいる高校生は全員浴衣姿のはずだ。なのに洋服姿の女に三月が怪訝な顔をする。
 未来は袖を掴まれていて、なにやら不穏な気配が漂っていた。

「あ、あいつら、グロ屋台に引っ張られちゃって――、行きましょう、先輩」

 突然の三月の登場に、女の指から力が抜けた。未来はここぞとばかりに逃げ出そうとするのだが、


「逃げるなよテメー」
「う」

 また浴衣を掴まれてしまった。

「ひょっとして絡まれてんの? どして? うっわー根性わるそーな顔してんねー。あー、あたし、わかっちゃったー。お姫様が超可愛いし、お姫様のチームかっこいい男ばっかだから妬んでるんじゃないー?」

「!!」
 思いっきり言い当てられて、女――――クレアは唇を引き攣らせてしまった。

「あ、大当たりー。いるいるそういう女。鏡見て出なおせ系女子」
「せ、先輩!」

「うっぜブスが口開いてんじゃねーよ」
「ブスが口利けないならあんたも喋っちゃ駄目くない? お姫様の前ではうんこだようんこ」
「はぁ!?」

「あ、うんこは駄目だ。二葉にまた怒られる。えーとえーと、ヘドロ? うーんうーん、あ! あれ! ミミズが一杯からまってるの! あんな感じー。
 ――――姫様の前じゃあんた人類の顔して無いから」

 怖い! 三月先輩が怖い!

 竜神と浅見にチンピラだのヤクザだの言ってきて本気で腹が立つ相手ではあったけど、三月は愛嬌ある可愛い顔をしている。
 体格だって未来と同じぐらい小柄だ。
 そんな三月が女の子相手とは言えども一歩も引かない様子が怖かった。

 睨むクレアと、飄々と受けて立つ三月の間に割って入ってさえいけなくて、未来はおろおろと辺りを見回すしかない。当事者なのに。

「チビ女が出しゃばってんじゃねーよ。喋んな酸素減る」
「ミミズが喋ってるー、まーじーうけるー」

「ふざけんなああ!!」
 クレアが三月に突っ込んでくる。

「ぎゃ」
「先輩!」
 口は達者でも小柄な三月は喧嘩に弱い。向かってきたクレアに驚いて顔を腕で庇う。
 未来はそんな三月を抱き締めてクレアから守ろうとしたのだが――――。


「未来!」
 未来の前に紺色の壁が立ち塞がった。

「あさみー! よかったああ! ごめんありがとううう!」
「あ、勇者君だ。ありがとー」

 突っ込んできたクレアを浅見が胸で受け止めていた。
 男に驕らせサロンでネイルした爪が紺の浴衣に食い込んでしまい、クレアは慌てて指を丸めて、浅見にしがみ付いた。

「僕の友達に暴力を振るわないでください」

 クレアが一番に狙っていたのは勇者である浅見だった。
 綺麗な色違いの瞳に敵を見るように見下ろされ、クレアの感情が昂ぶる。

「ク、クレアは――――! 違う! その子達が、酷いことを言って――――」

 いい感じに涙が溢れてきた。このまま被害者を演じてしまおうとクレアは内心ほくそ笑んだのだが――。

「どうしたんだよクレア」
 暗がりの奥、花壇の間から、男が歩み寄ってきていた。

 こっちに来るなって言っておいたのに!

 クレアはこの旅行には参加していなかった。
 この男に車で送らせてきたのだ。
 何もかもをぶち壊しにした姫を土下座させて、顔に蹴りでも入れてやるつもりでいた。男は邪魔だったから、車で待っててと言ったのに。

 男――大学二年生の祐介は浅見を睨みつけ浴衣の胸倉をつかみ上げた。

「おい、お前、なにオレのツレ泣かせてんだよ」
「やめてよ、」
 クレアが止めるより早く、未来が言った。

「浅見は悪くない! 絡んできたのはアンタのツレだよ!」
 浅見の横に立って男を睨み付ける。

「お、超可愛いじゃん。君が一緒に来るなら許してもいいけど。オレら男あまってっから丁度いいな」
「未来、いいから下がってて」

 一瞬で目を付けられてしまった未来を浅見が引き離して下がらせようとした。そんな浅見の鼻を狙って、男の拳が繰り出された。
 こうもいきなり殴りかかられるとは。浅見が「う、」と息を呑んで避けようとする――より早く、バシ! と掌が拳を止めた。

「何してる」

 竜神だった。
 身長190もある見た目ヤクザの大男に睨まれて、170程度の祐介はおもわず後ずさった。

「竜神君ありがとう」
「竜神!!」

「なんすかまた絡まれてんの!? なんで!?」

 竜神と一緒に来ていた達樹が騒ぐ。
 ここに居る高校生達は、大広間でのキリとの喧嘩で竜神の強さを知っているので、もう絡まれるはずはないだろうとたかをくくっていたのに、こんな場所で絡まれていたなんて。

「わかんねーよ女の子が襲いかかってきたんだよー!」

 状況が飲み込めて居ない未来に変わって、三月が簡潔に説明をした。

「お姫様可愛いし、一緒にいる勇者君たちカッコいいからねー。その女、姫様の事ひがんでんだよ」
「は!? ひがむなら同レベルの女相手にしとけよ。未来先輩に比べたらあんたなんかうんこじゃねーかよ」
「うんこだよねー」

「――――――――!!!」

 可愛いと思っていたシーフに容赦のない暴言を吐かれ、クレアは顔を怒りに歪める。
 自分クレアは未来なんかよりもずっとずっと美人で綺麗。そう信じて、疑いもしなかったからショックも大きい。

「お前等小学生か! もう煽らないで!」と未来が一人暴れる。

「うるせーバーカ! サルが喋るんじゃねえよ!」
 クレアが花壇の土を掴んで三月と達樹に向かって投げた。

「テメ!」

 咄嗟に三月を引っ張って抱え込んだ達樹の髪と背中に泥が散る。

「達樹!」
「リアル砂掛けババアとエンカウントした!」

 驚いた三月がゲーム内のアナウンスのような口調で口走る。

「す」
 何かの坪に入ってしまったらしい未来がぶは、と噴出した。笑いながら達樹の髪と甚平に掛かった砂を払う。

「大丈夫かたつ、す、砂掛けババアにやられたな」
「何爆笑してるんですか先輩」
「ご、ごめ、だって、三月先輩が、ぶふ、す、すなかけばばあ、リアルで遭遇しちゃった」

 とりあえず竜神は拳を握っていた男の顔に一撃入れる。
 浅見の顔を殴ろうとしたのだから目には目をだ。未来の浴衣に泥が付いている。この男がやったものではないだろうが、ツレの女の悪行の報復を受けてもらう。

 クレアは砂を投げた後、男を置いて逃げていた。

 浅見は未知の物体でも見たかのように呆然と立ち尽くしている。
 あんなにか弱く見えた女子が、捨て台詞を吐いた挙句、砂を投げてくるなんて。予想外過ぎて何のリアクションも取れてない。

「妖怪に絡まれたと思ってあんま深く考えんな」
「う、うん……」
 竜神の言葉に返事をするが、まだ頭の上にヒヨコが回っている。

 竜神が未来の前に膝をついて付いた砂をはらう。
「怪我はないか?」
「大丈夫だ。浅見のこと庇ってくれてありがとうな」

「あ、みんな、ここに居たんだ。花火始まっちゃうよ」
「何をしてるんだ暗がりなんかで――――バカ女も一緒なのか」

 美穂子と百合がひょっこりと覗きこんできた。

「え、花沢ってお姫様のことバカ女って言ってるの!? やっぱいじめてんじゃん!」
「お前のことだ。バカ女」
「なーんだ。びっくりしたー。あ、そだ、これ、開けて」
 三月が竜神にラムネを差し出した。百合にバカ女と言われた事に気が付いているのかいないのか、普通に暴言を聞き流している。
「蓋は?」
「蓋」
「白い蓋があっただろ」
「捨てちゃった」
「…………」

 竜神は無言でビー玉を押して開けた。
「おー! すげー! ラムネって道具無しでも開けられたんだ!」
 後でやってみよーとはしゃぐ未来を見て、三月が笑みに瞳を細める。

「お姫様って結構がさつだったんだねー。でも超カワイーけど」
「ひっ!?」
「うぶ」

 未来に抱き付こうとした三月を、やっぱり竜神が止める。今度は顔面を手で押さえて。


 騒ぐ一同の頭上で、大きな花火が弾けた。花火大会の開幕だ。
クレアのことを完全に忘れてました…!キリも中途半端でしたね(;;)ご指摘ありがとうございます。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

モブ男、悪役女に転生する

モブA君(男)が逆ハーレム漫画の悪役女に異世界転生。逆ハーレムを作らせるため、地味な主人公「桃香ちゃん(女)」をいじめようと奮闘する話です。 しかし、女になった//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全58部分)
  • 365 user
  • 最終掲載日:2014/04/18 07:10
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 226 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 238 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 248 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 254 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
野生のラスボスが現れた!

時はミズガルズ暦2800年。かつて覇を唱え、世界を征服する寸前まで至った覇王がいた。 名をルファス・マファール。黒翼の覇王と恐れられる女傑である。 彼女はあまり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全197部分)
  • 234 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 18:20
攻略なんぞされてたまるか!

恋愛ゲームの世界になぜか転生したらしい。 恋愛ゲームって言うくらいだから、可愛い女の子攻略してキャッキャウフフすれば良いと思ってたら女に産まれました。 どう考え//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全37部分)
  • 309 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全854部分)
  • 227 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 10:00
転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい

丁寧系無気力少年が異世界で転生したのは、吸血鬼の美少女だった。 剣も魔法もある異世界に、チート能力盛りだくさんで転生した主人公が求めるもの、それは――! 「三//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全170部分)
  • 216 user
  • 最終掲載日:2017/12/01 22:17
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 220 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 00:00
賢者の弟子を名乗る賢者

仮想空間に構築された世界の一つ。鑑(かがみ)は、その世界で九賢者という術士の最高位に座していた。 ある日、徹夜の疲れから仮想空間の中で眠ってしまう。そして目を覚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全241部分)
  • 327 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 12:00
濁った瞳のリリアンヌ

トンネルを抜けたら・・・真っ暗だった 起きたら真っ暗闇なのだ まずは状況を把握しなければ・・・色々やってる間に白い人型の靄が出てくるし、相変わらず真っ暗だし、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全248部分)
  • 248 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 18:00
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 217 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
モブの男の子が美少女に生まれ変わってしまった話

ごく普通の男の子が美少女の体に脳移植されて、でっかく見える男達が怖くて涙目な話です。おまけに、美少女は性的虐待で自殺未遂で脳死したからか、体に焼きついた記憶で男//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全189部分)
  • 485 user
  • 最終掲載日:2017/11/29 20:36
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全250部分)
  • 273 user
  • 最終掲載日:2017/12/15 00:00
おんらいん こみゅにけーしょん

不良に虐待されていた子猫を助けようとした彼は、逃げる途中で階段から突き落とされて瀕死の重傷を負ってしまう。 激痛の中、死を覚悟して意識を手放した彼が目を覚ました//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全45部分)
  • 313 user
  • 最終掲載日:2016/08/05 14:22
あいそまたーんっ

 春。無事希望の大学に合格した吉名努(よしなつとむ)は、高校卒業後の春休みを満喫していた。  しかし入学式を控えた3月の下旬。突如原因不明の高熱に襲われる。数日//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全74部分)
  • 237 user
  • 最終掲載日:2016/12/27 17:39
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 269 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全292部分)
  • 260 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 18:00
吸血姫は薔薇色の夢をみる

事故で死亡したはずのボクは『エターナル・ホライゾン・オンライン』の自キャラ吸血姫として目覚めた。ゲーム内の資産や領地、部下のモンスターごとゲームと似て非なる異世//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全157部分)
  • 277 user
  • 最終掲載日:2016/04/02 23:22
無欲の聖女(旧題:無欲の聖女は金にときめく)

【12/28 ヒーロー文庫さまより4巻発売】お金が何より大好きな守銭奴少年・レオは、ひょんなことから、訳ありの美少女・レーナと体が入れ替わってしまう。 なんでも//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全148部分)
  • 219 user
  • 最終掲載日:2017/06/26 08:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 228 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 246 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
Only Sense Online

 センスと呼ばれる技能を成長させ、派生させ、ただ唯一のプレイをしろ。  夏休みに半強制的に始める初めてのVRMMOを体験する峻は、自分だけの冒険を始める。 【富//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全342部分)
  • 282 user
  • 最終掲載日:2017/05/04 00:00
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 325 user
  • 最終掲載日:2017/12/06 12:00
甘く優しい世界で生きるには

 勇者や聖女、魔王や魔獣、スキルや魔法が存在する王道ファンタジーな世界に、【炎槍の勇者の孫】、【雷槍の勇者の息子】、【聖女の息子】、【公爵家継嗣】、【王太子の幼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全253部分)
  • 217 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 12:00
ギルドのチートな受付嬢

神様に同姓同名の誰かと間違われ、若くして天寿を全うさせられてしまった主人公。お詫びにとチートし放題の転生を持ちかけられ、嬉々として承諾する主人公だったが、その条//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全53部分)
  • 242 user
  • 最終掲載日:2015/12/22 00:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 350 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
夜伽の国の月光姫

とある小国にアルエという美しい王女がいました。けれど、この国には隠されたもう一人の美姫、第二王女のセレネという少女も居たのです。セレネは、その異質さにより忌み子//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 267 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 00:00
ご主人さまとエルフさん

トラックに跳ねられ、テンプレ通りに神様からチートをもらって異世界へ転移することになった如月秋夜という青年が居た。 これは異世界で自分の夢であった異種族ハーレムを//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全71部分)
  • 274 user
  • 最終掲載日:2013/12/02 12:22
張り合わずにおとなしく人形を作ることにしました。

 女性向けレーベル、アリアンローズ様より書籍版発売中です。ぜひにお買い上げくださいませ!  どうやらここは前世でプレイしていたファンタジーな乙女ゲームの世界ら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全69部分)
  • 224 user
  • 最終掲載日:2016/12/14 13:50
↑ページトップへ