挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

それが彼女のピンク論

作者:木下秋
 僕の彼女は髪がピンクで、それだけじゃなくチョット変わってる。

「あいかわらず、すごい色してるよね」

 そう言うと彼女は屈託のない笑顔を見せた。

「ありがとう」

 歩くたびに揺れる長いストレートヘアーは、アニメキャラクターのようなショッキングピンクだ。

 なんと地毛だと言う。

「昔、色のなかった時代ってあるでしょ」

 色のなかった時代? 僕は疑問の表情を隠さず彼女の顔を見た。

「昔の写真とか動画とか、見るとモノクロでしょ?」

 僕は歴史の教科書に載っている坂本龍馬の写真とか、チャップリンの無声映画を思い浮かべた。

「ピンクはね、桃色って言うでしょ。だからね、桃から生まれたのよ」

 「桃から生まれたから、桃色なんだ」桃太郎みたいに。なるほどね、と僕は納得した。

「桃の節句ってあるでしょ」

「三月三日?」

「そう。ひな祭り」

 信号待ちで、僕らは止まった。歩きながら話していた僕らは顔を見合わせた。

「ひな祭り、って女の子のための日でしょ? だから、桃色って女の子のための色なの」

 桃から生まれた桃色は女の子のための色で、なぜなら桃の節句ーーひな祭りが女の子のための日だから。それが彼女のピンク論。

「私、自分が女の子に生まれてよかったと思う。男の子で髪の毛ピンクだったら、目立って仕方ないものね」

 歩き始めた僕たちと、すれ違う何人かは振り返って彼女を見る。つまり、彼女が女性だからと言って、髪がピンクなら目立って仕方ない。

 実際、彼女は学校でも浮いているし、周りからは奇異を見る目で見られている。それでも、彼女は髪を黒く染めることはしなかった。先生達も事情がわかっているから、無理に染めさせるようなことはしなかった。

「さっきの話からすると、この世界に色が生まれたのは五、六十年くらい前ってこと?」

「そう」

 歩きながら、彼女は当然、と言った風に言う。

「そして、ゴレンジャーが生まれた」

 「ゴレンジャー?」僕はそれが特撮ヒーロー、五人組のカラフル戦士だということはわかっていたが、唐突だったので聞き返さずにはいられなかった。

「戦隊モノで、ピンク色の男の子はいないでしょ」

 毎年毎年、新しいなんとかレンジャーが生まれているが、確かにピンク色の男性戦士は思い当たらない。

「プリキュアも、メインはピンクでしょ」

 僕の記憶が正しければ初代は白と黒だったと思ったけど、詳しいと引かれてしまうかもと思ってそれは言わなかった。

「ピンク色って、女の子にとっては特別な色なの。だから私は、自分の髪の色が好き。だから、『すごい色だね』って言われたら、『ありがとう』って答えることにしてるの」

 僕の彼女は髪がピンクで、それだけじゃなくてチョット変わってる。

 でも僕は、そんな彼女のことが好き。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ