ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0223EA

それが彼女のピンク論

短編
あらすじ 僕の彼女は髪がピンクで、それだけじゃなくチョット変わってる。
作者名 木下秋
キーワード 日常 第四十五期テーマ短編 ピンク 文フリ短編小説賞2
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2017年 05月26日 18時19分
最終更新日 2017年 05月27日 07時26分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 4件
総合評価 52pt
ポイント評価 22pt  : 22pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,101文字
N8347EL| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
彼女が僕のために作ってくれたグリーンスムージー。その材料には秘密があったーー
N7425EI| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
雨上がりの街で、コーンスープをすする。歩きながら肉まんを食べ、家では鍋を食べ、眠る前には一口チョコレートをかじる。特別なことの起こらない、なんて事のない一日。特別なものを食べているわけではないけれども、身体を暖めてくれる//
N9216EF| 小説情報| 短編| 空想科学〔SF〕
VRなんて単語は今や死語。最近話題のワード、ARが、その後釜に座った。ARゲーム「アナザー・ワールド」は発売後、あらゆる歴代名作ゲームが作ってきた記録を塗り替え続け、世界中を巻き込んだ社会現象となっていた。
N1370ED| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
押入れから出てきた十数本のカセットテープには、亡くなった父親の残した音楽が録音されていた。
N0223EA| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
僕の彼女は髪がピンクで、それだけじゃなくチョット変わってる。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ