挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔力ゼロの魔法使い〜俺の超能力は異世界でもチートでした〜 作者:鬱沢色素

リュクレース王女編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

41/50

41・夜這い(?)そして復讐

 ——透過の超能力。

 透視の超能力と名前が似ているように思えるが、実際のところは全然違う。

「テレポートは一度行った場所にしか使えないからな……」

 上手くイメージが出来ず、最悪の場合亜空間へと飛ばされる可能性もあるからだ。
 当然、リュクレース王女の部屋には鍵がかかっているだろう。
 ドアノブを回したら「カチャカチャ」という音がし気付かれてしまうかもしれないので、わざわざ試すような真似はしないが。

「早速中に入るか——」

 透明人間の状態で透過の超能力を使う。
 そのまま扉に体当たりするかのように進むと——そのまま扉をすり抜けてしまった。
 はい、透過とは壁や扉をすり抜ける超能力ですね。テレポート使わなくても、これくらいは容易いのです。

「ここがリュクレースの部屋か」

 広い。メッチャ広い。
 俺が通された部屋も広いかと思ったが、段違いの広さである。

「一人で使うのは持て余すだろ……」

 ってなくらいだ。
 月明かりを辿りに、進んでいく。

 すると——部屋の最奥さいおうに天蓋付きのベッドがあった。
 もちろん、このベッドも大きく三、四人は優に寝られそうなベッドであった。


 ——すやすや眠ってやがる。


 当たり前かもしれないが、ベッドではリュクレースが横になっていた。
 瞼は閉じられており、呼吸する度に胸が上下している。
 無防備なランジェリー(っていうのか?)を身に付けており、いつもより肌の露出面が多かった。


 ——ゴクリ。


 うん?
 今、俺が唾を飲み込んだ音だろうか?

「ん〜、ん……」

 リュクレースが寝返りを打ったせいで、太ももが露わになる。
 細いながらも肉感があり、抱きつきたくなるような太ももである。
 胸元が緩く、角度次第ではリュクレースの桃色の突起が見えてしまいそうである。


 ——見てくれだけはいいんだよな。


 それは俺も認めるところである。
 こうやって眠っているリュクレースを見ていると、無意識に両手が伸びてしまう。


 ——いかんいかん! 俺はなにを考えている!


 首を振って、手を引っ込める。
 このままリュクレースの体をメチャクチャにしてみたかった。それも復讐だと考えることも可能である。
 でも——なにを隠そう俺は童貞だ。やっぱり初めては相手が納得した時でないとね!


 ——さっさと復讐を実行しましょうか。


 スイッチを切り替える。
 復讐っていってもお姫様に魔法をかけてやるだけだがな。
 とびっきりの魔法をな。
 俺はリュクレースの顔を見つめ、超能力を発動する。

 ——パチン。
 と最後に指を鳴らして、超能力の発動終わり。

「ん〜、ん……」

 おやおや、これだけのことをやられてもすやすやと眠ってやがる。

「明日起きてからビックリするんだな……」

 そう耳元で囁いた。

「ん……わたくしは美しい……」
「!」

 一瞬起きたかと思って、バックステップを踏んでしまったがどうやら寝言らしい。
 その証拠にリュクレースは変わらずすやすやと寝息を立てるばかりである。
 無論、例え起きたとしても透明化しているので気付かれることはないが。


 ——こいつ、どんな夢見てやがんだよ。


 まあいい。
 良い夢を見られるのも今夜が最後だろう。

「せめて今夜だけは良い夢見ろよ」

 そう言い残して、さっさとリュクレースの部屋から出た。

 ——ドクンドクン。
 廊下に出て、胸に手を当てると心臓の鼓動が早くなっていった。

 おそらくさっきので緊張していたからだろう。
 気付かれないように復讐をすることが?
 いやいや、女の子の寝顔なんて滅多めったに見ないからね。


【side リュクレース王女】

「ん——よく寝ましたわ」

 リュクレースは上半身を起こし「うーん」と背伸びをした。
 窓から差し込んでくる朝日が気持ちいい。

「それにしても……昨日は良い夢を見れましたわ♪」

 どんな夢かは忘れたのが残念であるが——。
 良い夢を見られた理由はなんとなく分かっている。

 昨日の主要八都市会談である。
 リュクレースは王様から予め「会談中は入ってくるな」と言われていた。
 そんなことは分かっている。会談はほとんどが他愛もないこととはいえ、政治に絡んでいない自分が出しゃばってもなんらメリットがない。
 それなのに——リュクレースが会談の場に顔を出したのは別の理由。

「ふふふ。皆様、わたくしを見ていましたわね」

 そう。
 リュクレースは他の異性から見られることをこよなく愛する。
 リュクレースは自分がキレイなことを知っている。可愛いことを知っている。
 彼女が歩けば『ダイアモンドが落ちるよう』と称される通り、様々な男性が振り返る。
 それはガールフレンドとデート中の男であっても、だ。
 男性の心を惑わし、揺さぶる。
 そのことに彼女はなによりも感情を高ぶらせる。

 そして——期待させておいてどん底に叩き落とす。
 そのことに彼女はなによりも快感を覚えるのである。

「異世界からの召喚者……名前は忘れましたけど、あの方の時は最高でしたわね。思い出しただけで身震いしてしまいそう」

 リュクレースは両腕で自分の体を抱き、軽く震える。
 もう少し遊んであげようと思ったが、あの男は逃亡を試みようと企て、失敗し死んでしまったのが残念であった。

「さて——そろそろ朝食の時間ですわね。あの間抜けな領主と一緒らしいですし……今日はどんなことをして注目を浴びようかしら」

 リュクレースがベッドから降りると、どこからともなくメイドが現れ彼女に服を着させようとした。
 ——最初に異変に気付いたのはその時であった。


「だ、誰ですかっ! どうしてお嬢様の部屋に!」


 メイドの一人が叫んだ。

「あら、なにを言っているのかしら?」

 なにを言っているか分からず、リュクレースは小首を傾げた。


「だ、誰かっ! 侵入者です!」
「おのれ! 王女様をどこにやった!」


 場が騒然となる。

「い、一体なにが……」

 メイドの一人がリュクレースを羽交い締めにしようとする。
 しかしリュクレースはそれをすり抜け、部屋の外に出て駆け出す。

(なにが起こっているのかしら……?)

 廊下を駆け回っている間にも、兵士やメイドが自分を取り押さえようとしてくる。
 それをリュクレースは避けて、朝食が用意されているであろう食堂に向かう。

(お父様に会えば……お父様に会えば全てが収まるはずですわ)

 どうして自分が追いかけなければならない。
 自分は王女様ですわよ。
 訳も分からず——時折、足が絡まって転けそうになりながら、なんとか食堂へと辿り着く。

「お父様!」

 バン!

 勢いよく扉を開ける。
 中には王様、そして八人の領主が揃っていた。
 全員の顔がゆっくりとこちらに向けられる。

「お……」

 王様の怯えたような表情。わなわなと震える口から言葉が零れる。


「お主は誰じゃ?」


「え……」

 その時、リュクレースの中でなにかが切れてしまったかのような感覚に陥った。

「陛下! 大丈夫でしょうか!」

 動けずにいると、後ろの扉から何人もの兵士が入ってきて彼女を押さえつけた。

「は、離しなさい!」

 リュクレースは兵士達の太い腕の中で暴れ回るが、か弱い力では逃げられるわけもない。

「動くなっ!」
「あなた達! 誰にこんなことをやっていると思っているのですか!」

 怒鳴るが、それで兵士の動きを止められるはずもなく——それどころか臆する様子もない。
 彼女は藻掻もがきながら、たまたま食堂に置かれた一枚の鏡を見つけた。
 鏡に映った自分の姿を見た瞬間——絶句。


(だ、誰——?)


 これがわたくし?
 奇しくも鏡を見て思ったことは、周りの人と同じことであった。

 そう——。

 鏡に映っている自分は美しいどころか、これ以上ない醜く潰れたような顔だったのだから——。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ