挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔力ゼロの魔法使い〜俺の超能力は異世界でもチートでした〜 作者:鬱沢色素

騎士団長編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

19/50

19・VS 《ネドトロス》の首長

【side 《ネドトロス》の首長リーダーアリサ】

「アリサ様! 大変です。侵入者です!」
「こらこら、もう少しおとなしく入ってこれないかね——」

《ネドトロス》の本拠地。
 塔の最上階で——首長リーダーであるアリサは優雅にワインを傾けていた。

(少々、骨のあるヤツが来たようだな)

 塔にマサトという侵入者が現れなお、アリサは余裕の態度を崩していなかった。
 実際、数は少ないが塔に侵入してきた者は初めてではない。

 しかし侵入者は一人残らず排除してきた、という実績。
 そして仮に——この最上階。アリサのいる部屋まで辿り着いたとしても、撃墜出来るという自信。
 その二つがあるため、これだけの危機的な状況になっても、アリサはワインで頭を酔わせておくことが可能であった。

「ですが! 今回の侵入者は少々違うようなんです!」
「うむ? 少々違うとは?」
「は、はい。どんな魔法も通用しないんです! さらに強力な魔法も使ってきて……おそらく、高ランク魔法使いと考えられます」

 部下から侵入者の話を聞く。

 それによると。
 どんな魔法を使っても無効化され、仮に無効化されなかったとしてもそれ以上の魔法で返される。

(推定魔力は300といったところか)

 聞きながら、アリサは冷静に分析する。
 魔力300といったら、Aランクに匹敵する。

(私が本気を出す必要が出てきたか……)

 よかろう。
 最近は戦いを部下に任せて暇になってきたところだ。
 グイッ、とアリサはワインを飲み干す。

「ククク……もしかしたら、ここまで辿り着くかもしれないね」
「そ、そんな!」
「なあに、そんな慌てなくてもいい。君は新人だから知らないと思うが、私の魔力を知っているかね?」
「い、いえ……」
「私は魔力は400を超える」
「そ、そんな……!」

 部下が驚き、尻餅をつく。

 驚くのも無理はない。
 魔力400といったら、Sランクにも相当するのだ。
 これはサザラントの騎士団としても、一人いるかいないか。
 いや——賢者にも匹敵するだろう。

「ど、どうして……い、いや……」
「ククク……それなのにどうして、こんな秘密結社の首長リーダーをしているんだ、と言いたいんだな?」

 失礼にあたると思ったのか、部下は口を塞ぐ。
 部下の疑問は仕方ない。

 何故なら——魔力400もあれば、どこの国の騎士団にも引っ張りだこ。戦いでなくても、賢者として王の側近に置いてもらえたり、魔法研究所でも重要なポジションに就かせてもらえるだろう。

「これは私なりの復讐なのだよ」

 ——そう。
 元々、アリサは高名な魔法使いの両親から生まれた子どもであった。
 小さい頃は貴族として贅沢三昧の生活を送ってきた。
 それにより、アリサは魔法の才能に恵まれていた。

「しかし……両親が王に騙されてしまってね。王も優秀な魔法使いでありながら、どこにも属さない両親を煙たがっていたんだろう。
 騙され、お金は全て没収されてしまった。そこからは転落人生。両親も私が幼い頃に自殺してしまってね……」
「そんなことが……」

 そこからアリサは復讐の鬼となった。
 この《ネドトロス》をもっと大きくして、サザラント王に復讐してやる。
 それを一心にして組織を大きくし、もう少し王の心臓に我がまほうが届こうかとしている。

(それまで私は誰にも負けるわけにはいかないんだよ……)

 久しぶりに、そう感傷に浸っていると。


「おう、邪魔するぞ」


 部屋の扉を蹴破って、そこから一人の少年が顔を出した。
 意外にも早い到着に対しても、アリサは余裕の態度を崩さない。

「ククク……待っていたよ」
「ああ? もしかして歓迎されているのか、俺?」
「ひ、ひぇえ! マコトさん、そんなわけないでしょう!」

 少年の隣には可愛らしい少女がいる。

 ——奴隷だろうか?

 どちらにせよ、少女に気を取られる必要はなさそうだ。

「ああ——そうだ。歓迎するよ。久しぶりの『客人』だからね」

 アリサは背もたれに体を預けながら、強者のオーラを身にまとっている少年を眺めていた。

  ■

 最上階に辿り着いたと思ったら、これまたキレイな金髪をした女の子がいた。

 ——リュクレース王女並じゃないか?

 リュクレース王女はマジで嫌いだが、その容姿は認めている。

「おい、お前は使用人かなにかか? リーダーを出せ」

 そう問いかけると、女の子は「ククク」と笑い出し、

「なにを言っている。私こそが《ネドトロス》のリーダーだ」
「なっ——」

 驚きを隠せない。
 だって目の前の女の子は二十そこそこに見えたんだからな。
 とても《ネドトロス》とかいう胡散臭い連中のリーダーには見えなかったからだ。

「私が女だから驚いたのか? 見かけで侮るなよ。私は——」
「いや。こんな掃きだめみたいな場所で、お前みたいな可愛い子がいることに驚いたんだ」
「な、なにを言っている!」

 気紛れで褒めたら、《ネドトロス》のリーダーだと語る女の子は顔を真っ赤にして、両手をバタバタとさせた。

 ——うーん、可愛い。

「マコトさん! なに鼻を伸ばしているんですか」

 エコーが俺の腕にしがみついてくる。
 リーダーとかいう女の子も魅力的だが、やっぱエコーの胸も捨てがたいなー。
 腕に当たる胸の柔らかさを感じながら、リーダーを観察する。

 うん——スタイルも良い、じゃなくて微かに気品があるように見えた。
 それと兼ね備えて、凛とした佇まいを見るに自信にも溢れているように感じた。

 ——こんな侵入者、一捻りにしてやる。

 と。

「まあお前がリーダーだというなら、リーダーだと信じていい。俺は《ネドトロス》と交渉しにきたんだ」
「交渉? ここまで来るのに、私の部下を何人も傷つけてくれたみたいだね。それなのに冷静に交渉のテーブルに上がると思うのかい?」
「お前がどうこう考えようが関係ない」
「そうかい——じゃあ私も関係ないね!」

 女の子は目の色を変え、バッと手の平を向けた。
 そこから現れたのは、植物のツタであった。

「——プラント・バインド」

 そう唱えると、ツタはどんどん伸びていき俺の元まで襲いかかってくる。

「やけに好戦的だな」

 これも魔法だろうか?

 うん、見るにこの塔で見た中で魔法の鋭さが違う。
 やっぱりリーダーというのは本当だろうか?
 そんなことを考えていると、ツタが俺とエコーの体へと絡まり、拘束されてしまう。

「ハハハ! 名乗り遅れたね、私は《ネドトロス》の首長リーダーアリサ! Aランクの魔法使いであり、サザラント王国に破滅をもたらせる者だ!」

 うーん、油断してしまったか。
 自分の力だけではツタによる拘束を解けそうにない。

「ママママ、マコトさん! Aランク魔法使いですよ! やっぱり私達が敵う相手じゃなかったんですよ」

 同じように拘束されているエコーが声を上げる。
 首だけ動くので、エコーの方へ視線を動かすと——ツタが良い具合に絡まっており、パンツが丸見えになっている。

「うーん、水色か……」
「マコトさん?」
「いや、こっちの話だ。気にするな」

 パンツとか、太股とか、さらには服がはだけ胸元とか……。
 色々なところが丸見えになっているが、命の危機を感じているためかエコーは気にしている様子がない。

「ハハハ! どうだい? 私の部下を傷つけてくれたんだ。殺される覚悟は出来ているだろう? このまま身動き出来ない君達に対して魔法を浴びせて——」
「殺される覚悟?」

 そんなの一度たりともしたことがない。

 俺は超能力を発動する。
 すると、今まであれだけ強く締め付けてきたツタが灰色になり、そのまま地面へと落ちてしまった。
 まるで枯れてしまった植物のように。

「ど、どういうことだい——?」

 さすがに女の子……アリサも戸惑っている。

「魔法、魔法って言ってもこれって植物だろ? 水がなければ枯れるのも無理はないな」

 水分吸収の超能力——。

 いや、もうなんでもありなのだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ