挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魔力ゼロの魔法使い〜俺の超能力は異世界でもチートでした〜 作者:鬱沢色素

騎士団長編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/50

12・魔力を計りましょう

「なんで死んだことにされているんですか! 私は生きてますよ!」
「いや、止めたのに冒険者になってクエストなんか受けるから……スライムに食べられているかと思いましたよ」
「さすがに私でもスライムには勝てますからねっ?」

 紙にプロフィールを書きながら、耳を傾ける。

 ……どうやらエコーが街の外にいたのは、クエストを受注したかららしい。
 それがどんなクエストか知らない(っていうか興味もない)が、お姉さんに『死んだ』と思われていたことも。
 エコーとお姉さんが楽しく(?)お喋りしている中、プロフィールを書き上げて、

「書けた。これでいいかな」
「はい、ありがとうございます。特に不備はなさそうですね」
「じゃあこれで俺も冒険者に?」
「いえ——あと一つだけ検査させてもらうことがあって」

 検査?
 身長でも測るんだろうか。

「魔力は計らせてもらいます」

 とお姉さんの言葉を聞いて、つい顔をしかめてしまう。

「魔力か……どうして、そんなのを計らないといけないんだ?」
「普通は冒険者になりたての人は全員Gランクからスタートしてもらいます。
 でもごくまれに魔力が高い人がいまして……例えば魔力300の人なのに、Gランクから開始は時間の無駄でしょう?」
「なるほど」

 魔力が高ければ高いほど、高ランクから冒険者をスタートさせることが出来るということだ。
 それにしても、薄々気付いていたがどうやらこの異世界では『魔力』だったり『魔法』が強さの基準として考えられているらしいな。
 いくら腕っ節が強くても、遠くから魔法を放たれれば防ぐ手段はない、っていうな。
 王様達が魔力にこだわった理由が分かってきた。

「では魔力を計らせてもらいますね」

 そう言って、お姉さんは石のようなものを持ってきた。

「これは魔力を測定する魔石です。正確には計ることは出来ませんが、これで大体分かります」

 半透明の石であった。
 石を見ていると、向こう側でお姉さんの歪んだ顔が見えた。

「どういうことだ?」
「ここの魔力を込めていただくと、魔石の色が変わります。その色によって、魔力のランクが分かるんですよ」

 ランク?
 数値以外にも指標が存在するということか。
 お姉さんの説明によると、

・魔力1〜100 青色
・魔力101〜200 赤色
・魔力201〜300 黒色
・魔力301〜400 銀色
・魔力401〜500 金色
・魔力501以上 測定不能

 ということであった。

「一般人の魔力の平均が100くらいですから、魔石が赤色にでもなれば優秀とも言えるでしょうね。黒色にもなれば、Fランクから。銀色はDランクからスタートしてもらいます」
「なるほど」

 数値で計れないのは、所詮その魔石が安物だからということだろう。
 もしかしたら、すぐ死んでしまうかもしれないヤツに高価な魔石だったり、魔法を使うことが出来ない、と。
 そう考えれば、城にいた怪しげな賢者とかいうヤツは優秀だったのか。

「じゃあお願いします」

 石を手渡される。

「……えーっとどうすればいいんだ?」
「はい? 魔力を込めればいいだけですよ」

 その「魔力を込める」っていう行為がよく分かんないんだけどな。
 それじゃあ話も進まないし、石をギュッと握ってみようか。
 うーん、特になにか変わったような気はしない。

「こ、これは……!」

 握られた手をパーにしてみる。
 手の平に乗せられた石を見て、お姉さんは驚きの声を漏らした。


「色が変わっていない……?」

 ……いやー。
 なんとなく結果の予想は付いてましたけどね!

 魔力ゼロって城で判明しているんだし。

「えーっと、色が変わらないということは?」
「そんなわけありません! ふざけないでください」
「ふざけてなんていないんだが」
「とにかく、もう一度です。もう一度、魔力を込めてみてください」

 ——それから。
 何度やってみても、やはり魔石の色は変わらなかった。

「そ、そんなことが……」

 お姉さんがあんぐりと口を開けている。

「どうやら、ふざけてなんていないみたいですね」
「俺は最初から言ってるよ。それで……最低ランクが『青色』なんだよな」
「ええ……でも色が全く変わらない、ということは魔力が存在していない。つまり魔力ゼロの状態なんです」

 お姉さんが声のボリュームを間違ったせいで、ギルド中に声が響き渡ってしまった。

「クックク、あいつ魔力ゼロだってよ!」
「初めて聞いたぜ、そんな無能」
「生まれたての赤ん坊でも魔力30くらいあるのが普通なのにな」

 クスクスとした笑い声。
 やはり魔力ゼロというのは珍しいらしい。

「まあまあ——それで魔力ゼロだったら、冒険者になれないのか?」
「い、いえ、そんなことありませんが……本当にいいんですか?」
「なにがだ」
「魔力ゼロで冒険者なんて無謀です。もっと別の仕事をした方がいいんじゃ?」

 論外だ。
 何故なら俺は、元の世界にいる頃から働くということが大嫌いだったからだ。

 冒険者なら超能力さえ使えれば、楽に稼げそうだ。
 なにより異世界において華やかなイメージがあるからな。

「気遣いありがとう。でも俺は冒険者になるから」
「まあ……そう言われたら、私はこれ以上なにも出来ないですが」

 まだ納得してなさそうな顔。

「では——はい。これが冒険者証明書です」

 十五分くらい待たされた後。
 お姉さんから手の平サイズの証明書を渡された。
 冒険者証明書はペラペラの紙ではなく、元の世界に例えるなら免許証によく似ていた。

 こんなに早く作れるとは。
 なにか魔法が使われているのかもしれない。

「ふうん、結構作りはしっかりしているんだな。ランクは——」

 そこで俺は証明書に書かれていることに目を疑う。

「……Hランクだと?」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ