挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
冒険家になろう! ~スキルボードでダンジョン攻略~ 作者:萩鵜アキ

1章 スキルツリーを駆使しても、影の薄さは治らない

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

25/72

スタンピードのボスに立ち向かおう!

「……一体、なにが来る?」

 疑問形で口にするが、晴輝はすでに判っている。
 魔物の群れが通り過ぎた後、やってくるのはそれを扇動した大将――ボスだ。

 現れた魔物は、見た目がシルバーウルフ。
 だがサイズが二回りは大きい。
 晴輝と同じくらいの背丈がある。

 おまけに前傾姿勢の2足歩行で移動している。

 あれはシルバーウルフの希少種――ワーウルフだ。

 理解すると同時に、晴輝は敵に背中を向けて全力で逃げ出した。

 勝てるはずがない!!

 相手は中級冒険家が相手にする魔物である。
 初級冒険家では相手にならない。

 だからこそ晴輝は全力で逃げた。
 だが、

「――がはっ!」

 背後から突進を受け、晴輝はのけぞりながら10メートルほど吹き飛ばされた。

 地面に衝突し、転がり、転がり、転がり……ようやく停止。

 骨は……無事だ。
 どこも折れていない。

 だが、衝撃の残留が酷かった。
 脳が揺さぶられて、平衡感覚が狂ってしまっている。

 ワーウルフは晴輝の全力疾走に追いつき、さらに10メートル吹き飛ばすほどの速度で突っ込んできた。

 その気になれば、瞬き一つで絶命するだろう。
 爪楊枝の柄を折るように。
 にもかかわらず、ワーウルフは不気味なほど静かに歩み寄る。

 さあ、立て。立ち上がれ。
 そして戦え!

 そう言うかのように、威風堂々とワーウルフが晴輝を見下ろす。

 ああ……こりゃダメだ。
 ワーウルフを直視して、晴輝は理解する。

 少し強くなったからこそ、理解出来た。
 自分の力がほんの少しばかり強いだけなのだと。

 敏捷を1上げて……いや、無理だ。
 敏捷をたった1上げただけではこれの速度を上回れない。

 もしそれで逃げられても、あとはどうする?
 外に出られたら、晴輝が生き延びる可能性は上がる。
 だが、ワーウルフも外に出てきてしまう。

 晴輝の代わりに、誰かが死んでしまう。
 晴輝が逃げたせいで死んでしまう。

 晴輝が戦わないせいで、死んでしまう。

 そんな未来は、さすがに許容できない。

 晴輝は足に力を入れて立ち上がる。
 構えるまでに1秒。
 それだけあれば、ワーウルフは晴輝を殺せていただろう。

 だがそれは待っていた。
 まるで宿敵と出会ったかのように。
 あるはこれから晴輝が、どのような戦いを見せてくれるか楽しみにしているかのように……。

「この視線を向けられると、案外ぞっとしないもんだな」

 まるで鏡に映った自分を見ているみたいだ。
 常々魔物を観察している晴輝は、そう呟いて苦笑した。

 短剣を抜くと同時に、ワーウルフが動いた。

 ワーウルフが軽く腕を薙いだ。
 晴輝はそれを、眺めることしかできなかった。

 あまりに早すぎて、反応出来なかった。

 爪が構えただけの短剣にぶつかる。
 重い衝撃。
 それを反射だけで堪える。

 遅れて晴輝の体が鳥肌を立てる。

 これでジャブ。
 これでもジャブだ!

 それが筋肉の動きで、判ってしまった。

 なんて奴なんだ!

 まだ辛うじて、目で見える。
 霞みを捕らえられる。

 だがこれ以上は、霞むことさえない。

 集中しろ。
 集中するんだ!

 脳に働きかけて、意識をコントロールする。
 パニックに陥りそうな、自らの感情を抑制する。

 観察し、察知し、想像し、防衛する。

 動く瞬間のワーウルフの動きを、晴輝は認識する。
 認識し、察知する。

 右!

 想像した通りの位置より、僅かにポイントがズレた。
 ほんの少し、拳が頬をかすめる。

 その衝撃で目眩。
 僅かなブランク。

 気づけば、晴輝は膝を突いていた。

 腕力も相当。
 まともに食らったら意識が根こそぎ持っていかれそうだ。

 こめかみを、冷たい汗がつぅっと伝って落ちた。

 ワーウルフが『それで終わりか?』という、挑発めいた目で見下ろした。

「……っく!」

 歯を食いしばって立ち上がる。
 そこからまた、1撃、2撃。
 重たい攻撃を紙一重で受けていく。

「――っく!」

 重たい攻撃を受けて、吹き飛ばされる。
 何度も、何度も、何度も。

 攻撃を受け、飛ばされ、転がり、立ち上がるを繰り返す。

「はぁ……はぁ……」

 体はボロボロだ。
 飛ばされる度に、心が悲鳴を上げる。

 もう逃げろ。
 諦めろ。

 あとは自衛団に任せるんだ、と。

 他人に任せれば、こんなに辛い思いをしなくていい。
 無駄な足掻きで、痛めつけられなくて済む。

 だから今すぐ逃げてしまえ!

 しかし晴輝は、首を横に振る。

 外に出れば、一体何人が犠牲になるかわからない。

 冒険家は人を救う職業だ。
 誰かを犠牲にする道を、晴輝は選べない。

 攻撃を受ける度に、相手の予備動作、筋肉の動きを必死に脳に刻む。
 予測したポイントと、結果をすりあわせ、修正を繰り返す。

 相手にとっては軽い攻撃。
 けれど晴輝には苛烈なそれを、何度も何度も短剣で受けていく。

 生きている心地が全くない。
 手も足も、攻撃を受ける度に反応が鈍くなっていく。

 けれど――面白い。
 晴輝はそんな状況を喜んでいる。
 絶体絶命だというのに、笑っていた。

 事実、ワーウルフが彼を見定めたように、
 彼もまたワーウルフを見定めた。

 面白い。
 こんなに楽しいことはない。

「いいね。実にいい!」

 狂っているのか、壊れているのか。
 晴輝は攻撃を受ける度に、笑い声を上げた。

 相手は強い。
 自分よりも、圧倒的に強い。

 対して晴輝はボロボロ。
 もう死にかけだ。

 そんな状況だというのに、体が熱を帯びる。
 通常戦闘では顕れない力が、全身にあふれ出してくる。

 どんどん、ワーウルフの攻撃を上手く防げるようになっていく。

 知れば知るほど、見えてくる。
 やればやるほど、精度が上がる。

 ワーウルフの動きは、晴輝が出会った魔物の中で最も洗練されていた。

 予備動作。筋肉の使い方。しなやかさ。重心。隆起。
 すべてが綺麗に、無駄なく結果へと収束する。

 まるで数式だ。
 美しいからこそ、結果が自明になる。

 目では捕らえられない攻撃なのに、直前の動作ひとつで判ってしまう。
 これを楽しまずにはいられようか!?

 ワーウルフが速度を上げた。
 それでも晴輝は対応する。

 もうワーウルフの攻撃はかすむことさえなく、かき消えている。
 だが晴輝は攻撃を防ぐ。

 攻撃するコンマ1秒前の、筋肉の躍動だけで、晴輝はワーウルフの狙いを割り出していた。

 どこまでも戦えるような気がした。
 なにかが出来ると、確信さえ出来た。

 けれどまだ、足りない!

 ワーウルフの全力だったのだろう。
 攻撃を防いだ晴輝は、全力の防御態勢でさえ吹き飛ばされてしまった。
 ワーウルフの腕力を止めるだけの力は晴輝にはなかった。

 晴輝とワーウルフの距離は30メートル。
 次に立ち上がったときが、最後だろう。
 そんな予感がした。

 予感を肯定するように、ワーウルフから強い殺気が放たれる。

 晴輝はスキルボードを取り出して、ポイントを1つ割り振った。
 そして短剣を持って立ち上がり、仮面を装着する。

 晴輝が立ち上がった姿を見て、ワーウルフがにやりと笑った。
 あたかも、戦友の健闘を称えるかのように。

 そして晴輝がいよいよ自らを殺しに来る事を、
 次の攻撃が最後だということを、彼も確信したようだ。

 ワーウルフの姿がかき消えた。

「――ッ!」

 次の瞬間、
 ワーウルフは晴輝の目の前で攻撃を繰り出していた。

 だが晴輝は既に防御の体勢を取っている。
 次に、どの位置に攻撃が来るかは判っている。

 晴輝はただそれを、なぞるだけで良い。

 そしてそれは丁度、晴輝の狙い通りの攻撃だった。
 ワーウルフが、トップスピードのまま晴輝を切り払おうと腕を振るう。

 にやり、晴輝は笑う。
 僅かに受けのタイミングをズラし、右の短剣で攻撃を滑らせ流す。

 そして、

「おぉぉぉぉっ!!」

 晴輝は自らの予測ポイントに、
 ワーウルフと全く同じ綺麗な動きで、
 左の短剣を突き出した。

 それは先日、朱音から購入した魔剣。
 ブラックラクーンを討伐しているあいだにずいぶんと切れ味が増している。

-技術
 模倣0→1

 晴輝がワーウルフの動きを模倣して、流れるような動作で突き出した。
 ブラックラクーンで成長させてきた魔剣が、ワーウルフの胸に入り込んだ。

 ワーウルフの勢いを利用した。
 そのため、魔剣は思いのほか深々と突き刺さった。
 だが、

「――ガハッ!!」

 晴輝は衝撃をもろに食らってワーウルフと共に吹き飛んだ。
 仮面が飛び、短剣と魔剣が手を離れる。

 地面に落下し、何度も転がる。
 手足が千切れたのではないかと思うほど、激痛が脳を刺激する。

 僅かな空白。
 痛みに顔をしかめながら、瞼を開く。

 地面に倒れた晴輝の横に、胸に魔剣が埋まったワーウルフが倒れていた。
 胸からはドクドクと血液が流れ出している。

 ワーウルフの目はまだ動いていた。
 だが、それだけ。
 立ち上がろうとしない。

 心臓を突き刺したのだから、立ち上がられては困ってしまう。

 ワーウルフが晴輝に目を向ける。
 その瞳に、憎悪はない。

 むしろとても人間らしい色を浮かべていた。
『あーあ、やられちまったなァ』とでも言うみたいに。

「……割と楽しかったよ。でも、もうこりごりだ」

 そりゃそうかい。
 軽口を叩くみたいにワーウルフは笑い、そして瞼を閉じた。

 途端に、ぼぅっと体に激しい熱が宿る。
 いまだかつて無いほどの熱量だ。

 起きていることさえ出来ず、晴輝はそのまま意識を失った。
次回、いよいよ晴輝くんの存在感が成長します。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ