挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
冬眠休暇はいりません 作者:羽月
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/13

13

 そういえばどうしてジオルドさんに介抱されていたのか、詳しく聞くこともなく昼前辺りにゆっくり出勤して、そこで初めてジオルドさんが冬眠を途中で切り上げ私を助けてくれたことを知った。中途半端な冬眠は体に障ると聞いたことがあり改めて自分のしでかしたことに衝撃を受けていれば、本人に宥められる。いわく、元々一週間程度の冬眠で足りる体質らしい。だから狩人なんかできるんだ、冬眠が数日短くなった程度どうということもない、と。でもごめんなさいと謝れば、露骨に顔が渋くなる。気を悪くしたかと再度謝罪を重ねれば、なおさら。困って眉を下げていれば、すっと背後に立ったユイエさんに囁かれる。――ごめんなさいよりありがとうがいいわよ、と。

「え……ああ。あの、ジオルドさん」
「何だ」
「えっと、その……遅くなりましたけど、助けてくれて、本当に、ありがとうございます」

 笑顔!と小突かれ、慌てて笑う。挙動不審気味に見上げれば、ああとそっけない態度で目を逸らされる。そんな私たちを見やり、含み笑いを浮かべるユイエさん。セイナも近付いてきて私たちを見回し、

「……途中からわかってたから、いいんだけどね」

 あーあ残念、とため息をつく。

「何が?」
「こっちの話!……多分近いうちにわかるよ」

 ねえ、ねー、と頷きあうユイエさんとセイナに首を傾げながら、その日は仕事免除となり、ジオルドさんに送られて自分の部屋に戻った。



 それからまもなく。名残の雪が街影に残っているけれど、すっかり春めき花々が蕾を膨らませるようになった。熊人たちの冬眠も終わり、春祝いの祭りが街中で行われ始める。道を歩けば祭りに当たるというほど、そこら中お祝い一色だ。露店が開かれ、ガーデンパーティーが行われ、花や色鮮やかな布などで家々が飾りつけられている。とても華やかで、誰しも笑顔だ。
 中でも一番大きな祭りは街の中央広場で開かれる。三日間昼夜通して祝われ続けるその間は皆家から飛び出して、仕事もお休み。いわば、熊人たちの祝日だ。
 明日、その祭りが始まる。初日には若い熊人たちにとっては出会いの場ともいわれているダンスパーティーが控えていて、男も女も今日はその話題で持ちきりだ。誰を誘うか、何を着ていくか、既婚の熊人たちは微笑ましくそれを見て、私たちもそうだったわねなんて言っている。私も少し、緊張している。明日がどんな日になるか、それは全くわからない。


 いつか、丸い耳も尾のないお尻も気にしなくていい時がくるだろうか?そう思いながら、ささやかだけれど自分を飾りつける。十代のような若さも元気もない自分があまり華やかにしても恥ずかしいから、ちょっとだけ明るい色、ちょっとだけ綺麗な花で。
 そうして街に繰り出せば、そこかしこに着飾った男女の姿。浮きたつ空気、弾む声、初々しく手を繋ぐ若い二人。その横を通るパートナーのいない私に声をかけてくれる知らない男性もいるけれど、丁重に断ってたった一人の姿を探す。
 風がそよぎ、鮮やかな布がはためく。花びらが舞う。目に映る様々な風景は、春はどこでも明るいと改めて気付かせてくれる。だからきっと、望む結果でなくとも私は笑えるだろう。ひと際大きな背中を見つけ、私は躊躇せず近寄った。

「ジオルドさん」

 振り返った顔は、いつも通りの固い表情。この空気の中でも変わらない、どっしりと腰の座った安定感。時々笑うと、ちょっと幼げになる。真面目で実直で、嘘一つつかない融通のきかなさが玉に瑕。ちょっと気難し屋で、でも懐の深いひと。
 無言で待つ彼に、少し手を伸ばせば届くくらいのところで立ち止まる。見つめ合う。ジオルドさんの瞳は凪いでいて、深い湖のようだ。濁る要素のないその目をじっと見ながら、

「一緒に、踊りませんか」

 ダンスに、誘う。そっと手を差し出せば、数秒後、力強く握られる。

「……踊るだけで、いいのか」

 え?と思う。――それは、どういう意味だろうか。答えを求めて見つめ続けても彼は一向に口を開かず、私を待つばかり。心の奥から湧き上がる、もしかして、という歓喜の想いを必死に留めながら、促されるまま私は続ける。

「私は、冬眠はできませんけど……次の冬には、できることなら」

 ――眠るあなたの、一番そばに。

 ジオルドさんは何も言わずに、周囲に広がるダンスの輪に私を誘う。
 手をつなぎ、体を寄せて、回る。その間も彼の熱い視線は私から離れない。言葉より雄弁に、目で語ってみせる。答えなんて、もう聞かずともわかった。
 武骨でいかつい狩人のくせして、彼は中々の優雅さで慣れない私をリードする。耳に響く明るい音楽、陽気な歌。周囲を同じように回る女性たちの色鮮やかなスカートが風をはらんで膨らんで、きっとこの場所を上から見れば、まさしく春が来たような繚乱とした景色だろう。私もきっと一輪の花になって、喜びあふれて舞っている。
 答えはわかっているけれど、でも彼の言葉が聞きたくて、私は言った。

「今の私には、冬眠休暇はいりません。でも、来年は休暇を申請したいと思っています。……いいですよね?」

 見上げれば、ジオルドさんは少し屈み、唇を私の耳元に寄せた。

「俺も、来年の冬眠休暇は、お前と一緒にとりたい」



 私たちが付き合いだしたことはすぐに周りの知るところとなり、そう落ち着くと思ったよ的な雰囲気で迎えられた。セイナの「近いうちにわかるよ」はつまりそういうことで、当事者たちだけがもだもだしていたわけだ。生温い祝福を受けて、嬉しいやら恥ずかしいやら。
 先の話は追々で、私とジオルドさんはいきなり何かが変わるわけでもなく、お互い別の場所に住んで、お互いに別の仕事をして、互いの家にそれぞれ帰る一日を過ごしている。会わないで終わる日もあり、四六時中一緒にいたいと思うほど若いわけでもないけれど、少し寂しいなと思ったりする。


 春も深くなり影の雪まで全て溶ける頃。私は一旦ギルドを辞めた。待っていてくれたおばさんの食堂に戻ることに決めたからだ。冬にまた冬眠保全の仕事を紹介してもらえばいい。
ギルドを辞めてから、丸一日休みが入る。どこかからその情報を得たのか、休日の朝、ジオルドさんは私の部屋へといきなり訪ねてきた。いわく、一緒に過ごさないか、と。デートのお誘いというやつだ。否やなく頷いた。
 二人で作った朝食をゆっくり食べ、外に出てぶらぶらと歩いて回る。ほんのちょっと前まで白一色だった街は様々に色づき、活気に満ちあふれている。服を見たり、小物を見たり、買い食いしたり、いい雰囲気のカフェでお茶をしたり。日本でも当たり前な王道のデートコースを辿る。夕方、食材を買ってジオルドさんの家で料理をするところまで含めて。
 味わって食べて、食後は蜂蜜ティーを淹れてまったりする。この流れだとそういう雰囲気になりそうなものだけれど、まだ早い、というところだろう。でもいつかはと夢想する。……彼と家庭を築き、子どもができて、育てて、老いて。レイナートさん夫婦みたいに、寄り添いながら最期を迎える。それは何とも幸せな、最高の未来に思えた。

「……一つだけ、まだ言ってないことがあるんです」

 でもそんな未来を夢見たら、覚える不安が一つだけ。何だと柔らかく促され、私は、最後の秘密を彼に話した。


「私は……この世界の人間じゃない。違う世界の、人間です」

 ――だからもしかしたら、この世界の人間とは実は違う生き物かもしれない。あなたの子どもを産めないかもしれない。いつか、ここに来た時のようにいきなり元の世界に戻ってしまうかもしれない。
 それでも平気ですか。どうしても震える声で、私は告げた。



 ジオルドさんはしばらく黙り込む。長い沈黙だった。彼の中で色んな想いが渦巻いているのは、傍目から見てもよくわかった。……どういう結果でも受け入れようと覚悟を決める。だって、仕方のないことなのだ。変えられない事実なのだから。

「正直信じがたいが、こんな嘘をつく理由もない。事実なんだろうな」

 沙汰を言い渡される罪人の気分で受け止める。俯いて床の木目に視線を落としていれば、だがそれは、と切るような強さでジオルドさんは続けて。

「……獣がひとと結ばれたことよりも、よっぽど信じられるだろう?」

 あきこ、と舌っ足らずな慣れない響きで呼ばれて。私の視界はあっという間にぼやけた。

「そう、です、ね……そのとおり、です」

 ――合わない冗談まで言って、今まで呼んだことがないのに、とっておきとばかりに名前を呼ばれて。
 この瞬間、その深い懐に、私は完全に抱き込まれた。温かくて、心地良くて、きっともう、二度と離せやしない。一生、そばにいようと強く思った。彼の眠りを守り続けようと決めた。


 そのための、まずは第一歩。
 繋いだ手を引き、屈んだ彼と額を合わせる。至近距離で見つめ合い、涙交じりの声で、もうちょっと近付きたくありませんか、と遠回しに誘う。濃い飴色みたいな瞳が一瞬見開かれて、それから少しずつ細まっていくのを見ながら、そっと、目を閉じた。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
cont_access.php?citi_cont_id=351050719&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 401 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全50部分)
  • 423 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 18:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 391 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
狼侯爵と愛の霊薬

学院を7年も留年した伯爵令嬢ロザリンドは『ものぐさ姫』と呼ばれていた。独身を貫き薬学研究に人生を捧げたい!と思っていた彼女の元へ、10年帰っていない実家から、極//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全57部分)
  • 339 user
  • 最終掲載日:2017/05/15 06:53
さよならイエロー

幼馴染の婚約者が竜殺しの英雄になった。 よくわからんが、給料上がったら生活が楽になるねと喜んだ矢先、貴族のお嬢様との結婚が決まったってどーゆーことだ。 恐れ多く//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全13部分)
  • 339 user
  • 最終掲載日:2015/11/23 15:50
公爵令嬢の狼

公爵令嬢ベアトリスは、家柄・魔力・外見と全てが完璧なお嬢様であるがゆえに、学園内では他の生徒たちから敬遠されていた。その上、権力者の祖父が獣人差別主義者であるた//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全13部分)
  • 356 user
  • 最終掲載日:2017/02/27 21:00
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全110部分)
  • 358 user
  • 最終掲載日:2017/10/09 00:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 423 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全25部分)
  • 497 user
  • 最終掲載日:2017/09/12 17:29
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 418 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 405 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 354 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全40部分)
  • 371 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 21:05
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部分)
  • 355 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 488 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
かわいいコックさん

『花(オトコ)より団子(食い気)』で生きてきたアラサー女が気付いたら子供になって見知らぬ場所に!?己の記憶を振り返ったら衝撃(笑撃?)の出来事が。そしてやっぱり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 387 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 00:00
リングリング

三年前、大学生の詩織は、異世界トリップして日本に来てしまった騎士の男をかくまった。彼は無事に元の世界に戻れたのだが、なぜか今度は詩織が彼の世界へトリップ。頼れる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部分)
  • 392 user
  • 最終掲載日:2014/08/20 00:00
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全93部分)
  • 408 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 18:23
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 479 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
ドラゴンさんは友達が欲しい

アース・スターノベルにて書籍化されたドラゴンさん。「!」マークをつけてⅢ巻まで発売中! ぼっち女子大生の”わたし”はぼっちを克服すべく新歓コンパに行く途中、 バ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全142部分)
  • 342 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 20:00
竜守りの妻

貧しい村で生まれ育ったファミアは結婚した初夜の晩、夫となった男に逃げられた。実家に戻り生活を続けたが、貧しさゆえに身売りをするしかないと決意を固めた同時期に、竜//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 387 user
  • 最終掲載日:2016/06/07 12:28
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全75部分)
  • 345 user
  • 最終掲載日:2017/09/12 00:00
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

陽気な名ばかり貴族と、元軍人の年上妻の仮契約で結ばれた夫婦の雪国暮らし。身を切るような寒さの中で狩りをしたり、仕留めた獲物の解体作業をしたり、暖炉の火で料理をし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全137部分)
  • 345 user
  • 最終掲載日:2016/02/28 23:51
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部分)
  • 343 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
Eランクの薬師

 冒険者であるキャルは、ランクの低さを理由にパーティに放り出されてしまった。一人ではとても活動できないので、どうにか故郷に帰るまでの旅費を貯めていた。それも、先//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全22部分)
  • 370 user
  • 最終掲載日:2016/10/03 21:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 426 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
森のほとりでジャムを煮る

休日出勤中の事故で異世界に招かれたらしい私。魔法や妖精が存在するこの世界で、せっかくだからアナログ生活を満喫させていただきます。 黙っていれば雰囲気美人、脳内は//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全34部分)
  • 389 user
  • 最終掲載日:2016/07/14 19:00
婚約者が悪役で困ってます

乙女ゲームの世界に転生したらモブだったリジーア。前世の分も親孝行して幸せになろうと決意するが、王子ルートで最終的な悪役として登場するベルンハルトと婚約することに//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全50部分)
  • 363 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 21:00
いつか空につりあう日

晴天に恵まれたガーデンパーティーにて集う異種族の男女――の為にせっせと働く控えめなチビの少女。お店自慢の庭で、パーティーから避難しているらしい人と遭遇するのだけ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全39部分)
  • 366 user
  • 最終掲載日:2016/03/05 12:00
令嬢はまったりをご所望。

【アルファポリスに移行します。暫く二章まで残します】 悪役令嬢の役を終えたあと、ローニャは国の隅の街で喫茶店の生活をスタート。まったりを求めたが、言い寄る客ばか//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 351 user
  • 最終掲載日:2017/02/23 10:26
平凡なる皇帝

ハルはとある領主の元で下女として働く、普通の少女だ。しかし亡くなった母親が遺した指輪に使われている宝石が、竜の国でしか採れない希少なものだと分かってから状況が変//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全102部分)
  • 342 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 00:00
↑ページトップへ