挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
名探偵シャルロット=フォームスン物語 ~カクシアジを召し上がれ~ 作者:光太朗
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/4

一件落着



「偉大な朝だ……そうは思わないかね、エリスン君」
 窓から見える朝陽に、探偵は目を細める。
「眠いわ」
 エリスンはいますぐにシャワーを浴びて、眠ってしまいたかった。一睡もせずにアジと格闘していたのだ。なんという一日だろう。
 それでも、成果はあった。
 朝になると同時に、とうとう、納得のいくものが完成した。
 何匹のアジを消費したのかわからないほど、アジを使い尽くした。
 試行錯誤を繰り返し、何皿も何皿も作り上げ、一切の妥協なく、完成させたのだ。
 キャサリンは、すでに探偵社を飛び出したあとだ。ここにジョニーを呼んでくるのだという。それまでに少しでも片付けておこうと、エリスンは重い腰を上げた。
「手伝ってとはいわないから、端っこにいてちょうだい、シャルロット」
 冷たくいい放ち、調理器具をシンクに運ぶ。洗ったら次は箒で掃き掃除。ぞうきんがけも待っている。
 いわれるまでもなく、シャルロットは端っこでおとなしくテレビジョンを見ていた。料理教室開始と同時に消していたものを、再びつける。朝のこどもアニメ再放送を見なくてはならない。
 しかし、アニメを一話見終わるほどの余裕はなかった。
 足音を鳴らしてキャサリンが駆けてきて、はめ込んでいたドアを再び破壊してジョニーを招く。よほど急いだのだろう、キャサリンは汗を流し、肩で息をしていた。しかし、徹夜明けだというのに、それらすべてが輝くほどに、笑顔だった。
 自信に溢れているのだ。
 愛する人(生物)に、最高のものを渡せるのだという、自信。
「ヒュイ」
 ジョニーが身体全体で一礼して、遅れて入ってくる。
 エリスンは気を利かせ、シャルロットの隣まで避難した。どんな展開を迎えるのか、そこはしっかり見ておきたい。
「あのね、ジョニー。恥ずかしいんだけど……シャルロットさんたちにお願いして、アジの研究をして、作ったの。とっても、とってもおいしくできたの!」
 キャサリンの頬が赤い。シャルロットやエリスンに対するときとはまったく違う、乙女の顔。恋する瞳というやつだ。
「ヒュイ」
 ジョニーは優しく目を細めている。ような気がするがそのあたりはいまいちわからないので脳内補完。
「どうぞ……食べてください!」
 まるで告白をするかのようにうつむいて、キャサリンはずいっとラッピングされた箱を差し出した。
 ジョニーはゆっくりまばたきをすると、うなずいてそれを受け取……ろうとしたが短い手では無理があるので、キャサリンにテーブルへと置いてもらう。
「ヒュイ?」
「もちろん! いまここで開けて、食べてみて。ふふ、ちょっと、恥ずかしいけど」
「ヒュヒュイ」
「やん、もう、ジョニーったら」
 探偵と助手は、背景と化していた。口を出してはいけない雰囲気だった。とても口出しなどできない、濃厚なラブオーラに包まれていた。
 ジョニーの短い手が、リボンをほどく。キャサリンの手を借りて、箱を開ける。
「ヒュイ……!」
 ジョニーの目が、感動に見開かれた。
「どうぞ、召、し、上、が、れっ!」
 キャサリンがくすぐったそうに笑う。ジョニーはうなずいて、蓋を脇に置くと、フォークを構える。
 そうして、がっつりと、アジフライを食した。




 こうして、事件は解決した。
 キャサリンとジョニーは手と手を取り合い、二人に何度も礼をいって、並んで愛の巣へと帰って行った。
 残された探偵社、つけっぱなしのテレビジョンから、コマーシャルフィルムが流れている。

  作り方はとってもカンタン

  おいしいおいしい手作りクッキー

  お好きな材料さっくり混ぜて

  仕上げはもちろんカクシアジ

  たっぷりたっぷり心を込めて

  愛するひとに贈りましょう


  ひとつまみ入れるだけで、たちまちおいしいクッキーに!
  お菓子用旨味調味料『カクシアジ』、大好評発売中!







  ***





 舞台は、フォームスン探偵社──
 ノースリーブ探偵服をオシャレに着こなした名探偵が、テレビジョンを見ながらアジフライを食している。おかわりと声をあげたところで、こちらに気づき、フォークを置くと肘掛け椅子を回した。
「やあ、皆さん──またこうして皆さんにお会いできたことを、心から嬉しく思う。今回の私の活躍は、いかがだったかな。名探偵の名推理ぶりが冴え渡り、おかげで、夫婦の危機というものを脱したのだ。我ながら、素晴らしい推理だった。なんといってもアジはおいしい。これはとても重要な事実だ。ああ、アジフライもいいが、アジクッキーも捨てがたい。実はいま、エリスン君に焼いてもらっているところだ。そろそろできる頃合いかな。食べてみたいって? それならぜひ、身近なだれかに、リクエストしてみてくれたまえ」
 微笑むシャルロット。エリスンがシャルロットを呼ぶ声が聞こえ、立ち上がる。こちらに向かって一礼し、歩き去っていく。つけっぱなしのテレビジョンから、例のコマーシャルフィルムが流れ出し──


 ──暗転。




 

 
読んでいただき、ありがとうございました。

この小説は伽砂杜ともみさま主催、『お菓子&お返し企画』参加作です。詳細はhttp://spikeofgold.web.fc2.com/okasiokaesi/top.htmlへ。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

竜の都で謳う姫

竜の脅威とは無縁の「竜の都」トキオータ王国。そこで暮らす一人の少女がいた。 恋をして、日々を積み重ね、笑って泣いて、そうやって生きていく──それが、彼女の望みだ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全15部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2014/12/21 00:44
続 名探偵シャルロット=フォームスン物語

あのゆるーい探偵が帰ってきた!果たして、続編はコケるというジンクスを吹き飛ばすことができるのか!?名探偵シャルロット、助手のエリスン、謎の生物ジョニーなどなど個//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全7部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2007/12/13 01:50
Elixir ―エリクシル―

求めるのならば与えましょう、その奇跡『エリクシル』を── 医術が独占された国で、賞金首として追われる異端の医師、キルリアーナ。独占する側でありながら、キルリア//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全22部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/09/16 00:07
訛り雀がチュンと鳴く

高校一年生の少年の前に雀の妖怪が現れる。それは昔、少年が拾って育てていた雀だった――。 少年が妖怪や幽霊と触れ合う、ひと夏の物語。 ※アルファポリス第7回ドリ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全25部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/09/06 20:20
スイーツレッドVS怪人パンプキン

とあるテーマパークのイベントスペース。マイナーなヒーローイベントの最中に、異変は起きた。スイーツレッドVS怪人パンプキン、果たして勝負の行方はいかに──***「//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/02/27 07:51
名探偵シャルロット=フォームスン物語 ~ミスターカボーチャ現る~

ある日、のんびりおやつを食べていた名探偵のもとに、一人の依頼者が現れた。ミスターカボーチャの正体をつきとめてくれという依頼に、名探偵シャルロットと、助手のエリス//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全3部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/11/28 16:57
記憶の棺 -グランティウスの予言書/第二部-

あの事件から7年。 一応「第二部」の扱いですが蛇足的な要素を含みます。あってもなくてもいい、そんな話になる予定。不定期更新で完結するかも怪しいですが(プロットは//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全13部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/08/19 03:21
フォームスン探偵社のクリスマス

『名探偵シャルロット=フォームスン物語』シリーズの、クリスマスミニ小説です。 ※本編まったくの未読だと厳しいかもしれません。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2014/12/25 02:51
続々 名探偵シャルロット=フォームスン物語

あの名探偵がまたまた帰ってきた!果たして、三代目は大成するというプレッシャーに打ち勝てるのか!?頭のゆるい探偵やゴージャスな助手、ナゾの生物やピンクワンピース、//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全19部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2009/05/04 19:48
グランティウスの予言書

世間を騒がせた『廃人事件』、その正体は『呪いの指輪』であった。 それが国立博物館に寄贈されるとニュースになった頃、『弾丸ウサギ』のもとへ依頼が舞い込む。泥棒を//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全30部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/01/07 22:26
Lucky Devil !!

大都会オールドヨークで働く低級悪魔ミック・ホッパー。趣味はリッチな人間の真似事。愛車は漆黒の跳ね馬、戦闘服はブランドスーツ。愛しい所有物にかまけるあまり、地獄か//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全6部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/11/17 15:33
名探偵シャルロット=フォームスン物語

若き名探偵、シャルロット=フォームスン。この物語は、彼がその頭脳を駆使し、幾多の難事件を解決してい──けたらかっこいいが、題名的に、え?探偵物語?と見せかけてお//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全3部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2007/06/14 16:36
空と桜の冒険記録

塾に向かう道のとちゅう、空と桜は不思議な丸い穴を見つける。それは、異世界への入り口で──……。 空と桜、二人の兄妹の、異世界冒険記録!     ※小学校三年生//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全10部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2008/05/05 00:11
↑ページトップへ