挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜 作者:ルンパルンパ
39/108

39.戦争 3

 夜となった。

 北門裏には、ヘッドライトを点灯させた二台のトラックと装甲車が並び、車両の前には32名の狼族(内、運転手2名)と30名の猫族――計62名の者が整列していた。

 これより俺達は夜襲に向かう。

 狼族はその信頼性を、猫族は夜目の良さから、今回の夜襲の参加をそれぞれの族長に頼んだ。
 つまり、並んでいるのは両族長が選抜した者である。

 その者らの前に立ち、各々の顔を眺める。
 皆、やる気十分といった顔立ちだ。

 そこで、おや、と目を留めた。
 列中には、狼族のミラがいたのである。

 かつて町から逃げ出した頃とは違い、今は大人びた雰囲気を纏っているミラ。
 彼女は真剣な眼差しで、ただ前だけを見つめていた。
 人間に対する強い恨みがまだあるのか、ないのか。
 夜襲のメンバーから外すべきかとも思ったが、ジハル族長がなんの考えもなしに選ぶわけがない。
 私怨に囚われて、足並みを乱すなんてことはないだろうと信じることにする。

 そして俺は、皆に向かって口を開いた。

「これより、敵を攻めます。これは敵を殺すことが目的ではありません」

 俺の言葉を、皆は黙って聞いている。
 選ばれた者という自覚がそうさせているのだろう。
 いつもなら、ざわつくような話だ。

 俺は続けて言う。

「相手に、もう戦えない、戦いたくないと思わせる、相手の心を粉々になるまで打ち砕く戦いです。
 まあ、簡単に言えば、嫌がらせに次ぐ嫌がらせみたいなものですかね。
 ということで、こんな戦いで怪我するのも馬鹿らしいので、安全第一でいきましょう。
 では、乗車!」

 号令と共に、狼族、猫族の者達が二台のトラックに乗り込んだ。
 また、トラックの後ろには、【四斤山砲】をロープでくくりつけて牽引するようにしている。

『一番車、乗車完了しました』
『二番車、乗車完了です』

 装甲車の運転席で、各運転手に渡したトランシーバーから連絡が来た。
 こちらも準備は万端だ。

「では出発します」

 トランシーバーに向かって出発を告げて、装甲車のアクセルを踏む。

「お気をつけて」

 門の横には見送りにジハル族長が来ていた。

 俺しか乗っていない装甲車を先頭にして、門を潜り、荒野を走る。
 敵の陣営地まではわずか4キロ。
 トラックが牽引している【四斤山砲】をひっくり返さないために、ある程度速度を抑えて道を進んだ。

 10分ほどが過ぎ、敵の陣営地が近くなる。

 すると陣営地の方から、カンカンカンカンと鐘の音が鳴った。
 夜襲を知らせるためのものだろう。
 ヘッドライトを点けているため、俺達が来たことは相手側に丸分かりだ。
 まあ、何の問題もないが。

 各車両を陣営地からおよそ500メートルの位置に停止させる。
 獣人達が下車し、砲兵が【四斤山砲】の準備をする中、俺は運転席から【12.7㎜重機関銃M2】を装着したキューポラ(展望塔)へと移動した。

【12.7㎜重機関銃M2】6億円(定価600万円)

 取り扱いについては、自衛隊の【教本】で学習済みである。
 12.7㎜という大口径の弾丸に、その優れた連射性能と1キロを超える有効射程。 
 はっきりいって、これさえあれば大抵の敵は倒せるんじゃないかと思う。
 もっとも、今回の夜襲での使用は敵が向かってきた時のみだ。

 やがて【四斤山砲】の砲撃準備が整った。

「射撃用意……撃てぇ!」

 俺の合図によって、二門の【四斤山砲】の砲身からドンッ、ドンッという音が鳴る。
 どこかを狙ったというわけでもない砲撃は、敵の広い陣営地のいずれかの場所に着弾した。



 ――夜。

 陣営地の天幕にて、ミレーユは鎧も脱がずに、寝台で体を休めていた。
 目は閉じてはいたが、眠ってはいない。
 敵のことを考えるとどうしても眠れなかった。

 すると、カンカンカンカンと物見台に設置した鐘が鳴り響いた。
 まさか、と思いミレーユは身を起こす。
 そして、その“まさか”は当たっていた。

「敵だっ! 敵が来たぞっ!」

 外から聞こえたのは、敵の来襲を知らせる声。

「くっ!」

 ミレーユは、顔に苦渋の色を浮かべながら、立て掛けてあった剣を取って天幕を出た。

「逃げろ! 殺されるぞ!」
「早くここから出るんだ!」

 外は混沌としていた。
 誰も彼もが戦う気などなく、ただ陣営地から逃げ出そうとしているのだ。
 これでは抵抗などできようはずもない。
 ミレーユは即座に退却することを考えた。

 だが、退却するにも、やらなければならないことがある。

「誰か! 輜重はどうなっている! 知っている者はいないか!」

 さしあたって、輜重の管理は最重要事項であった。
 食物がなければ、人は生きてはいけないのだから、これは当然のことといえよう。
 されど、ミレーユの声に誰も耳を傾けるものはいない。
 皆は北へと逃げ惑うばかりであった。

「おい、お前!」

 ミレーユは、目の前を通りすぎようとした騎士の腕をつかんだ。
 騎士は鬱陶しそうに、ミレーユをギロリと睨みつける。
 まるで上官を上官とも思っていない、その態度。
 しかし、それを責める暇すら今は惜しい。

「今から食料がどうなっているか見に行く、ついてこい」

「……なせ」

「なに?」

「離せよ!」

 その騎士は、もはや上下の関係を取り繕う余裕すらなくなっていた。
 騎士がミレーユの腕を振りほどこうとする。
 しかし、ミレーユの力は魔力によって人一倍強く、簡単にはいかない。
 すると騎士は吐き捨てるように言った。

「食料なんざ輜重隊の仕事だろーが! そんなに気になるんなら、てめえ一人で行けよ!」

 ミレーユは、もう騎士の腕を掴んではいなかった。
 ただ騎士が走り去っていく後ろ姿を呆然と眺めるだけである。

 そして南の方から、ドンッという音が聞こえた。

 “あの”音だとミレーユは思った。
 獣人の町でも聞こえた不可視の攻撃音。
 そしてその直後に、脳髄にまで響くような激しい音が、陣営地内から聞こえた。
 これにより兵達の混乱はいっそう激しくなり、皆、必死の形相で陣営地から逃げ出していく。

 ある男などは、天幕の前に繋いでいたミレーユの馬に乗って、去っていった。
 ミレーユはそれを咎めることもできず、ただ見つめるだけである。

 南から、再びドンッという音が聞こえ、陣営地のどこかで激しい音が鳴り響く。
 ミレーユの胸に、昼間の恐怖が甦る。
 だがその時、ミレーユはあることに気がついた。
 落ち着いて“音”を聞いてみると、その音源は二つしかないのである。

 獣人の町では、何十とあった敵の攻撃音。
 それがたった二つ。
 もしかすると、軍が一丸となれば敵に勝てるかも知れないとミレーユは思った。
 だが、すぐに首を振る。

(今さらなんだというのだ。
 こんな軍の有り様では、もうどうしようもないではないか)

 もはや軍の体を成していない。
 それは自身の将軍としての未熟さ故のことでもある。

 もしバルバロデムが生きていたなら、どうであっただろうか。
 そんなことを考えながら、ミレーユは己の不甲斐なさを噛み締める。

「くそ!」

 ミレーユは悪態を一つ吐き、余分な考えを全て捨てた。
 今考えることはそんなことじゃない、食料についてだ。

 食料は必須。
 北の村までは、ここから25キロ近く離れていた。
 だというのに、この状況では誰も食料を運んでない可能性がある。
 それゆえ、ミレーユは食料庫へと急いだ。

 食料庫につくと、食料を荷車に積み込んでいる一人の農民兵がいた。
 向こうもこちらに気付いたようで、互いの目が合った。

「騎士様」

 その農民兵は一言呟いて頭を下げたが、手を休めることをしない。
 ミレーユは近寄って言う。

「お前は逃げなくていいのか」

「へへっ、みんな腹すかせちまうでしょ。これでも俺は、輜重隊の班長なんで。他の班員四名は逃げちまいましたがね」

 赤茶けた肌の農民兵であった。
 髪はボサボサ、無精髭が生え、その笑った顔はお世辞にも綺麗なものとは言えない。
 だがミレーユは、そんな彼を誰よりも立派な“騎士”であると思った。

「手伝おう」

 己もできることをやらねばならない。

「あ、それなら馬を引いてきてはもらえませんか」

「ああ、わかった」

 ミレーユは男の指示に従い、馬繋ぎ場へ駆ける。
 そして、走りながらミレーユは思った。

 いた、と。
 まだ、いたのだ。
 自分の役目を全うしようという兵が。
 ただそれだけで、ミレーユの心は温かくなった。

 その後、すぐに輜重隊の馬繋ぎ場へとたどり着くが、そこに馬はもういない。
 誰かが乗っていったのだろう。
 ミレーユは一つ、二つ、三つと、馬を探して陣営地内の馬繋ぎ場を回っていく。

 ――そして四つ目。

 そこには、馬が一頭だけ手付かずで残っていた。

 馬は興奮しており、手綱が結ばれた『コ』の形をした杭を引き抜こうと暴れている。
 危なくて誰も近寄れなかったのだろう。

 ミレーユは馬の手綱をつかみ、その豪腕で引っ張ってから叫んだ。

「静まれ!」

 力強い一言。
 馬は一瞬ビクリとし、頭を垂れる。
 ミレーユが強者であることを、従うべき相手であることを、馬は知ったのだ。

「よし、いい子だ」

 ミレーユが馬の首を撫でる。
 乗馬用の細い馬。
 本当ならば牽引用の巨馬がよかったが、贅沢は言えない。
 ミレーユは馬を引いて、食料庫へと向かった。

 早足で道を行く。
 もう陣営地には人はいない。
 されど、依然として敵の攻撃の音は聞こえる。
 その攻撃の箇所は定まっていないらしく、陣営地の各所で激しい音が聞こえた。

 やがてミレーユが食料庫にたどり着く。
 すると、その口から小さな声が漏れた。

「え……?」

 それは驚き。
 なぜならば、食料庫となっていた大型の天幕が倒れており、食料を積んでいた荷車が無くなっていたからである。

 いや、違う。

 荷車については無くなってはいない。
 そこにはバラバラになった荷車の破片が確かにあった。
 つまり、敵の攻撃がここに起こったのだ。

 そして――。

「あぁ……」

 ミレーユの唇が震えた。
 倒れた天幕の入り口部分には足が見える。
 一体、誰の足か。
 ミレーユは震える腕で天幕を捲った。
 そこには、先程の農民兵が血みどろとなって倒れていたのである。

「おい! お前!」

 近寄って肩を揺すったが、何の反応もない。
 当然だ。
 その腹には大きな穴が開いていたのだから。

「あぁ……ああ……!」

 何故だ、とミレーユは思った。
 敵の攻撃の音は一度にたった二回しかない。
 この広い陣営地で無事な場所は幾らでもある。
 なのに何故“ここ”なのだ。
 納得のできない、行き場のない気持ちが、ミレーユの胸の辺りからじわりと染みだした。

「神よっ! ああ、神よっ!」

 天に向かってミレーユは叫ぶ。
 それは嘆き。

「我らが一体何をした! なぜこのような試練を我らに与えたもうのか!」

 叫ばずにはいられなかった。
 この広い陣営地内。
 農民兵がいた場所に“たまたま”敵の攻撃が起こるなどという偶然は、神の差配としか思えなかった。
 なればこそ、獣人達にされるがままの現状もまた神の仕業ではないのか、とミレーユは天に向かって思いの丈をぶつけたのである。

 だが、天から声が返ってくるわけもない。
 ミレーユは一頻り叫ぶと、近くにあった食料が入った袋をとって馬に乗った。

 気付けば攻撃の音は止んでいる。
 背後からは火矢が飛び、陣営地が燃えはじめた。

「さらばだ」

 名も知らぬ農民兵に別れを告げて、ミレーユは馬を駆けさせた。

 馬は北へと進む。
 その途中、通りすがる者達にミレーユは叫んだ。

「北へ、足の動く限り北に行け!」

 敵はわざわざ陣営地に攻めてきた。
 ならば、逃げる者へ追撃があるのは必然である。

 ミレーユは、何人が生き残れるのだろうかと心をむなしくさせた。
 だが、意外なことに敵の追撃はなかった。

 約25キロの道のり。
 陣営地から5キロ離れた地点で、敵の追撃がないとわかると、ミレーユは兵をまとめ、川沿いをいった。
 食料はほとんどない。
 そのため幾つかの馬を潰し、それを食料とした。

 皆疲れ果てていた。
 睡眠もとっていない。
 だがそれでも、何かに追いたてられるように足を動かした。

 そして夜が明ける。
 日が顔を出すと、夏の日差しがさらに体力を奪っていく。
 一人また一人と、集団から遅れていった。

 村はまだだろうか、もう見えるころだろうか。
 そう何度も思い、ミレーユは幾度も遠くへと目を凝らす。

 やがて見えてきたのは、村があった場所より立ち上る黒い煙であった。

 まさか。
 まさか、まさか、まさか。

 ミレーユの胸を強い焦燥感が襲った。

「くっ!」

 ミレーユが、集団を離れて馬を走らせた。
 駆けて駆けて、そしてたどり着く。
 そこにあったのは、真っ黒い燃えかすとなった村。
 木でできた物が、未だところどころで燃えており、黒い煙を上げていたのである。

「ああ……」

 もう何度思っただろう。
 ミレーユは、何故、どうしてと心の中で呟いた。

 ミレーユが馬を返し、一団へと戻る。
 ここで立ち尽くしていては、他の者がやって来てしまう。
 彼らにこの村の姿を見せてしまったら、心が折れてしまうだろう。

 集団に戻ると、騎士の一人がミレーユに尋ねた。

「団長、村は……?」

 ミレーユは答えなかった。
 歯を食いしばって言葉を飲み込んだ。
 口に出してしまえば、弱音までも吐いてしまいそうだったから。
 将として、毅然であらねばならない。

「ここで休憩をする」

 それだけをミレーユは伝えた。
 皆も悟っていたのだろう。
 何も言わなかった。

 この休憩で、ミレーユが乗っていた馬も食料となり、一団は再び北へ向かう。

 ゆっくりとした歩みの中、先程の騎士がミレーユに再び質問した。

「団長、次の村は……」

 その騎士が言葉を最後まで紡がなかったのは、不安の現れだろう。
 もしかしたら、次の村にも獣人の魔の手が伸びているんじゃないのか、という不安。

「大丈夫だ。きっと大丈夫。だからもう少し頑張ろう」

 偽りの励まし。
 ミレーユの心にも、ただ不安だけがあった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ