挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜 作者:ルンパルンパ
40/108

40.戦争 4

 先頭には俺が運転する装甲車、その後ろには二台のトラックが縦に並んで、夜の荒野を砂煙を上げながら走る。
 やがて到着したのは、サンドラ王国軍が補給地として利用していたという、南から数えて“二つ目”の人間の村。

 村については、町の防衛戦で捕らえた者から、一通りの話は聞いている。
 なんでも町を攻めるために、わざわざ下層の民を入植させて、町まで一本の線となるように村を幾つもつくらせたとのこと。

 ちなみに一つ目の村は、既に焼却済みだ。
 その際、村人に危害は加えていない。
 クラクションで村人をたたき起こし、サンドラ王国軍の末路を説明したのちに、急いで旅の支度をさせて村から出ていってもらった。
 一方的な話し合いではあったが、三台の大型車両の威容に、村人達も逃げないわけにはいかなかったと思われる。

 さて、今俺の目の前にある二つ目の村。
 木の柵で囲まれた敷地内に、天幕が幾つも並んでいる。

 俺は、まずは挨拶代わりに、クラクションを思いっきり鳴らした。
 静かな土地だ。これで起きない者は、そういないだろう。

 運転席の上部ハッチを開けて耳を澄ますと、人のざわめきが聞こえてきた。

 そして、次に取り出したるは、【拡声器】である。

『サンドラ王国軍は敗れたぞ! 村の長は出てこい!』

 拡声された俺の声が、夜の荒野一帯に響き渡る。
 暫くして、村人達がなけなしの武器や、武器とも呼べぬ農具を持って現れた。
 一番前にいる壮年の男がおそらくは村長だろう。

『お前が村の長か!』

 たとえ近くにいたとしても【拡声器】の使用はやめない。
 声の大きさによって、相手を威圧するためだ。
 すると男は、おっかなびっくりといった様子で頷いた。

『サンドラ王国の軍は敗れた! これは事実だ! お前達にはこの村から出ていってもらう!』

「そんな!」

 村長の悲鳴のような声。
 村人達もざわざわと騒がしくなる。

『お前達に与えられた選択肢は二つ! この地に留まって皆殺しにされるか、それとも荷物をまとめて北へ逃げ出すかだ!
 既に、南にある村は燃やし尽くしたぞ! さあ、どうする!』

 無論、彼らを殺すつもりはない。
 彼らは下層の民。
 国から援助を受け、開拓民としてこの地にやって来た。
 つまり、彼らはなにも悪くはないのだ。

 敵国の人間とはいえ、そんな者を殺すのはあまりに忍びない。
 とはいえ、俺の言葉を受け入れてもらえない時は、村に火をかけてでも、無理矢理に出ていってもらうことになるが。

 そして村長と村人達はその場で話し合い、「すぐに出ていく」と言って準備に戻った。
 やがて、村人達が去ったのを確認すると、獣人達が松明を持って各所に火を放っていく。

 空気が乾燥しているため、よく燃える。
 村は真っ赤な炎に包まれ、昼間のように辺りを照らし出した。

「お疲れさまでした」

 戻ってきた獣人達に、慰労の言葉をかける。
 空はもう、夜明け前だ。
 真っ暗だった空は、地平線の端から白い光を浴びて、その色を僅かに明るくしている。

「今から、一度町に戻ります。その前にここで休憩していきましょうか」

 俺はそう言って、装甲車の後部座席から【弁当】を下ろして、獣人達に渡していった。
 もちろん、はじめから用意していたものではなく、ついさっき【購入】したものだ。

【ハンバーグ弁当】【×63】5万円(定価500円)×63=315万円(定価3万1500円)

 わざわざ夜襲に参加させている者達である。
 少し位、贅沢させてもいいだろう。
 まあ、贅沢とはいっても、実際は高々500円のコンビニ弁当なわけであるが。

 それでも皆は、ソースがかかったハンバーグを口に運ぶと目を丸くし、次いで美味しそうに頬をほころばせた。

 食事の後、車両は進路を町へと向ける。
 町までの直線距離は80キロといったところだが、今はまだ敵兵に見つかりたくないので、川がある東側とは逆の西側に、大きく膨らむような進路をとって、町に戻った。

 夜襲に参加した獣人達には半日の休憩を与え、その後、再び出撃となる。



 ミレーユは、生き残ったサンドラ王国軍を率いて、川べりに沿って北へと歩いていた。
 その数は1000人余り。
 隊列は組んでおらず、烏合のように秩序のない人の群れである。

 そして、もう食料はなかった。
 少しでも歩く速度を上げるために、農民兵も騎士も鎧を脱ぎ捨てて歩く。
 だが、戦いによる心身の疲労に加え、空腹まで重なった行軍はそう易くはない。
 特に騎士の消耗が激しかった。
 飢えることに慣れていないのだ。

「騎士団長様、これを」

 ミレーユが先頭を歩く中、赤い髪をした農民兵が横にやってきて声をかけてきた。
 その手には、大きめの鼠が握られている。

 この撤退行進の最中に捕まえたのか、とミレーユは驚いた。
 そして、騎士にはないたくましさだ、とも思った。

「そうだな、少し休憩にするか。
 私はいい、それはお前が仲間達と分けあって食べよ。
 皆の者、休憩だ! しっかりと水を飲んでおけ! 暑さにやられるぞ!」

 ミレーユが叫ぶと、乱雑とした集団は歩みを止め、ある者は川へ、またある者はその場に座り込んだりと、思い思いの行動をとり始める。

 疲れたとミレーユは思った。
 声を出すのも億劫。
 座ってしまえば、もう立ち上がれないかと思うほどに、心身共に疲れ果てている。
 だが、軍を率いる者としての責任が、己の体をなんとか動かしていた。

 ぐぅ、と腹が鳴る。
 あまりの空腹に胃液が喉元まで迫り上がった。
 といっても、食べるものなどない。
 先程の鼠も断ったばかりだ。
 ミレーユは仕方なしに水辺まで下り、腹一杯に水を飲んで空腹を誤魔化した。

 すると、肉の焼ける香ばしい匂いが漂ってくる。
 先程の者かと見てみれば、少し状況が怪しいようだ。

「おい下民、それを寄越せ」

 農民兵達が、火を囲んで肉を焼いているところに、騎士の数人がそれを横取りしようとしていたのである。

「何をしている!」

 無論のこと、ミレーユが止めにはいった。
 だが騎士達は、一瞥をくれたのみで素知らぬ顔。
 そして、騎士達の中の一人が串に刺さった肉を手早く奪い、集団の後ろへと去っていく。
 農民兵達は恨めしそうに、それを見ていた。

 ミレーユはどうしたものかと考える。
 あの騎士達を斬ることは簡単だ。
 だが、そうすれば、騎士達が造反を起こすかもしれない。

 結局、ミレーユがやれることは、あの不埒な騎士達に成り代わって、謝ることだけだった。

「すまない」

「いえ……」

 しかしミレーユが謝罪しても、農民兵の返事は芳しくない。
 その顔は、少しも納得していないようであった。

 ミレーユはその場を離れ、本当にこれでいいのか、と自問する。
 仲間割れは避けねばならない。
 だが、そのせいで農民兵が泣きを見るはめになっている。

 多くの騎士は、もうミレーユの指示を聞こうともしない。
 ただ、人が多くいるところに、安心を求め、この集団に加わっているにすぎなかった。

 ミレーユが、ハァとため息を吐く。
 強くさえあれば、指揮官が務まると思っていた。
 だが、弱者に落ちた時、もう己にはなんの価値もないことを知ったのである。

 休憩が終わり、再び集団は歩き始める。
 身は軽いというのに、皆の足は重く、集団は前へと進まなかった。
 これでは次の村まで、一日ではつきそうにない。
 やがて夜となり、早めに野営をすることになった。
 前日は夜襲によって、皆ほとんど眠れていなかったためである。

 そして一夜が明け、翌日の昼過ぎのこと。
 荒野を頼りない足取りで歩くミレーユ達の前に、村の影が見えた。
 その外観は、近づけば近づくほどに、ハッキリとしてくる。

 ――村は、ただ黒い灰が舞うだけであった。

 すると、ミレーユの足からフッと力が抜けた。
 片膝と両腕を地につけて、その眼前にあったのは乾いた大地。
 そこに、ポツリポツリと雨のようにシミができる。
 それはミレーユの涙であった。

 嘆く気力すらない。
 ポキリと心の柱が折れてしまったように、もう無理だとミレーユは思った。
 涙でできたシミは、乾いた風にさらされて消えていく。

 ――その刹那。

「……て、敵だ! ば、化物だ!」

 集団の中から上がった声。
 ミレーユは力なく緩慢な動作で顔を上げた。
 そして見る。
 馬もなしに動く、四角い巨大な物体。
 それが三つ。

「なんだあれは……」

 ミレーユの口から漏れた驚愕の声。

 ここまでの行軍、ミレーユはただ皆を励ましながら歩いてきたわけではない。
 その途中、陣営地で敵の夜襲を知らせた物見兵より、敵について話を聞いていた。

 物見兵が見たものは、光の魔法を明かりとして、大きな馬車が三台あったのだという。

(大きな馬車? 違う。あれに馬などいない)

 それは独りでに走る、巨大な箱車であったのだ。

 驚くべきなのは、その大きさにもかかわらず、馬もかくやという異常な速度。
 あんなものに轢き殺されては一溜まりもない。
 太刀打ちする気など起きようはずもなかった。

「これまでか……」

 ミレーユは静かに立ち上がり、ただ一言呟いた。
 逃げる者はいない。
 誰も彼もが、心も体も消耗し尽くしていたのだ。

 すると、三台の箱車はミレーユ達をその車体で蹂躙することなく、一定の距離をおいて停止した。

 そして、一人の男が箱車より顔を出す。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ