挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜 作者:ルンパルンパ
32/108

32.戦いの足音 1

 翌日、ライルは商品を受けとると商隊を引き連れて出立した。
 この時、次回以降の取引は新バーバニル銀貨で行うという取り決めがなされている。

【新バーバニル銀貨】【売却値】2800円

 その後、一ヶ月、二ヶ月と時が過ぎていく。
 エルザが代表を務めるポーロ商会との交易は、これ以上ないほどに順風満帆。
 俺の懐には、金、金、金、が集まり、『町データ』の資金が湯水が湧くように貯まっていった。

 それに伴い、俺の普段の生活も少しリッチになった。
 最近ハマっているのは美食である。

 最高級の霜降り牛肉。
 特製のステーキソースに絡めて一口食べれば、肉は柔らかく、肉汁が口の中に広がり、なんともいえない幸福感に包まれる。

 マグロの大トロは、比喩でもなんでもなく口の中で“溶けた”。
 大トロとは溶けるものなのだと異世界に来てはじめて知り、感動と情けなさが入り雑じったくらいだ。

 他にも、うに、あわび、キャビア、蟹、天然鰻、松茸などなど、元の世界では決して口にできなかった食材の数々を、俺は味わっていた。

 たまにジハル族長の下に行って、高級食材を使った料理を食べさせると、彼はその美味さに目を丸くしたり、逆に不味さを堪えるように食べたり、なかなか面白い反応を見せてくれる。
 これもまた、俺のささやかな娯楽の一つだ。

 何も不自由がない生活の中での、食事の充実。
 もはや、元の世界での生活よりも完全に恵まれているといっていいだろう。

 さて、美食もいいが、そればかりにかまけていたわけではない。
 軍事面についてもしっかりと金を使っている。

 とりあえず俺は、俺の安全のために【装甲車】を購入した。

【96式装輪装甲車】130億円(定価1億3000万円)

 ちゃんと防弾のフロントガラスがあり、オートマチック仕様で、冷房も付いている、新しい型の車両だ。
 少し狭っくるしいのが難点ではあるが、安全のためだ、背に腹はかえられない。
 ともかくも、これで至近距離から矢を放たれたとしても平気だろう。

 さらに【装甲車】の購入にあわせて、【73式大型トラック】の運転手も育成している。
 今のところ、育成対象者は狼族の者数人だ。
 有事の際、俺が【装甲車】に乗ったならば、彼らには空いた【トラック】に乗ってもらう場面があるかもしれない。
 俺一人で何もかもをやるには限界がある。
 何かあった時のために、手数を増やすのは悪くないはずだ。

 他にも、各城壁には【四斤山砲】を多数取り揃え、また獣人達には【足軽胴】などの防具を渡してある。
 日本式の甲冑を着た獣人達は、石垣などの風景もあり、まさに戦国時代さながらの様相であった。

 軍事に関しては大体こんなところだろう。

 軍事以外には、町の拡張にも資金を使いたいところであったが、俺は能力を未だ人前で晒したことがない。
 もっとも、どこからか現れる資材を獣人達は不審に思っているだろうし、今さらな話かもしれないが。

 一度コボルト族に、木材をどうしたのかと聞かれたことがある。
 俺が答えることを拒否すると、二度と尋ねてくることはなかった。
 こちらに気を使っているのだろう。

 なんにせよ、俺の能力は最終最後の奥の手であり、おいそれと見せることはできないということだ。

 ――そして夏、秋と過ぎ、冬がやってくる。




 冬のある日のこと、招かれざる来訪者が北の方角から現れた。
 明らかに軍勢だと思われる砂煙を、北の物見が捉えたのである。

 すぐに町は戦闘体制へと移行した。
 そして現在俺は、北門の上にて進軍してくる軍勢の様子を、睨み付けるようにうかがっているところである。

「フジワラ様、大砲の準備を!」

 北門に集まっていた各城壁の砲兵が声をあげる。

「……トラックより砲弾を下ろす! 砲兵は弾薬を受領しろ! ただし、大砲の覆いは合図があるまで取るな!」

 北、東、西にはそれぞれ8門ずつの【四斤山砲】が設置されていた。
 それらは普段、幕をかけられており、【砲弾】と【薬包】に関しても、事が起こった時にのみ俺が配ることになっている。

 石垣を下りて、トラックの荷台から皆と共に弾薬を下ろしていく。
 それが終わると、俺は再び石垣へと上り、再び北の軍勢をうかがった。

 やがて、軍勢は止まった。
 双眼鏡を覗けば、見覚えのある赤い竜の旗がたなびいている。

「赤竜騎士団か」

 俺は小さく呟いた。
 その停止位置はここより数キロも離れており、大砲でも届くか届かないかという距離だ。
 前回行った小銃射撃。
 それの攻撃範囲がどこまであるのかを、敵は測りかねているのだろう。

 すると、敵の軍勢の中から騎馬が四頭飛び出した。
 騎乗者の二名は鎧を纏っておらず、その内の一名は真っ赤な髪をした女性――エルザであった。

 そういうことか、と俺は思った。
 武具をつけていないもう一人の者は外交官だろう。

 前にエルザに頼んだことがあった。
 交易が国に露見した際には、外交官を派遣するように提案してくれ、と。

 あの軍勢はこちらを威圧し、交渉を有利に運ぼうとするためのもの。
 そして彼らが布陣している位置こそ、こちらを恐れている証拠である。

「フジワラさん、ウチや! 攻撃はやめてや!」

 四騎の先頭を走っていたエルザが、必死の声を上げた。

「皆さん、絶対に攻撃しないように!」

 弓を構えた者達に、矢を射たないよう命令する。
 その後、眼下の四騎のうち武装していない男性がこちらに向けて叫んだ。

「私はイグナーツ・ブラウニッツェという者だ! サンドラ王国の外交官をしている! 町の長であるフジワラと話がしたい!」

 ブラウンの髪を七三に分け、鼻下には左右にピンと跳ねた髭を持つ男性だった。

「私が藤原だ!」

「そなたがフジワラか! 腰を据えて話がしたい!」

「ならば馬から下りて武器を地に置いてもらおう!」

 俺の指示に、ブラウニッツェをはじめとした、エルザ以外の三名が少しばかり話し合う。
 そして四名は馬を下り、地に剣を置いた。

「では門が開いたなら、そのまま中に入るといい!」

「待て! 我らは町の外での会談を望んでいる!」

 ブラウニッツェ外交官の提案。
 何かの策か? とも思ったが、この場でということならば何も問題はないだろう。

「門の前でならいいだろう!」

「よかろう!」

 俺の申し出をブラウニッツェ外交官は受け入れた。

「では、暫し待て!」

 俺はトラックで自宅前に戻ると、パイプ椅子を四つ積んで再び北門へと戻る。
 ジハル族長を供に、俺の後ろにはさらに二名の狼族。
 石垣の上では獣人達が油断なく弓を構えている。

 そして門を開けた。

 パイプ椅子を設置すると、折り畳みの金属椅子に少し驚いた顔をするブラウニッツェ達。
 俺とジハルが座り、その正面にブラウニッツェ外交官とエルザが座った。
 俺の後ろには狼族の者が立ち、ブラウニッツェ外交官の後ろには、少し離れた位置で馬の手綱を引く二名の騎士が立っている。

「率直に言おう。我が国に入れ。税さえ納めれば、この地はそのままだ」

 開口一番、ブラウニッツェは横柄な態度で傲慢ともいえる言葉を放った。
 サンドラ王国という国家と、たかだか一都市である俺の町。
 その差を考えれば、当たり前ともいえる発言だ。

「お断りします」

 俺の答えは当然ノーだ。
 しゃぶり尽くされるのは目に見えている。
 もし獣人達を抱え込んでいなかったなら、飛び付いた話かもしれないが、今となっては獣人達の生活も守るべきものである。
 もちろん最優先とすべきは、俺の生命だが。

「爵位を得ることも可能だぞ?」

「この地では爵位などなんの意味もありません」

「後方の兵が見えないのか」

「蹴散らせというのなら、蹴散らして見せましょう」

「ふむ……」

 ブラウニッツェ外交官が俺の瞳を見つめる。
 俺はドキリとした。
 もちろん変な意味ではない。

 ブラウニッツェ外交官の双眸は、こちらの心を覗きこむようであった。
 外交のプロ、というやつなのだろう。

 エルザもまた商売のプロと言えるが、彼女はこちらの機嫌をうかがうような下心があった。
 だがブラウニッツェ外交官にはそれがない。
 蛇が蛙を睨むように、ただ上から見下ろし観察する。
 どう効率よく餌を手に入れるか、そんな感じだ。

 しかし、俺は蛙は蛙でも猛毒の蛙だ。
 このサンドラ王国より遠く離れた地なればこそ、俺の圧倒的な優位は動かない。
 だからこそ、決して引かないという強い意思をもって、俺はブラウニッツェ外交官を見つめ返した。

「……よかろう、では商売の話だ」

 ブラウニッツェ外交官はこの地の領有を実にあっさりと諦め、取引の話になった。
 もっと話がこじれるものと考えていたから、こちらとしては嬉しい限りである。

 まず今後の取引について説明を受けた。
 なんでも、これからはエルザ率いるポーロ商会を隠れ蓑にして、国が主導で商売を行うそうだ。
 エルザの販売網を活かしたかったのと、表だって国が利益をあげれば、他国の反発は免れないからだという。

 そして売買品については、一回の取引量を増やす代わりに販売価格の減額を要求された。
 別に突っぱねてもよかったが、俺はその要求をのんだ。

 この町の価値を知られた以上、戦争へ向け時計の針が動き始めたといっていい。
 彼らは交易だけでは収まらない、必ずこの地を手に入れようとするはずだ。
 だから、それを少しでも遅らせるために、ある程度の利益をサンドラ王国に与えようと思ったのである。

 他にも、この地の資源について根掘り葉掘り尋ねられたが、俺は黙秘を貫いている。
 ブラウニッツェ外交官は獣人の鎧を見て、特に【鉄】について興味があるようだった。

「一年前の戦いで一名を捕虜にしております。名前をローマット」

 取引の話が一段落つくと、俺は未だ旅館にいる捕虜のことを口にした。
 すると、ブラウニッツェ外交官は後ろの騎士に顔を向ける。

「バイデンハルク家の嫡男“だった”者です」

 騎士が答えると、ブラウニッツェは、なるほどといったように頷き、またこちらを見た。

「その者は返還してもらえるのだろうな」

「相応の対価をいただければ」

「捕虜の返還は、双方の友好の門出にふさわしいと思うのだが?」

「いえ、親しき仲にも礼儀ありと申します。片側が寄り添うだけでは主従の関係と変わりません」

「まあ、よかろう。では、しばらく預けておく。家督の問題もあるのでな」

 こうして会談は終わった。
 サンドラ王国軍は最初から商取引を行うつもりだったらしく、多量の銀貨を運んできており、いつもの倍の規模となる商品の売買を行った。

 エルザとは個人的に少し話をした。
 まず国に交易が露見したことを謝られたが、それは元より承知のことである。
 俺が商会はどうなのかと聞くと、今までよりも利益は下がるが、国が後ろ楯についたので安全にはなったとのこと。

 そしてサンドラ王国軍は町よりはるか遠くにて夜営し、翌日には去っていった。
 夜間には、農場の近くをうろつく人間がおり、獣人が雄叫びを一つあげるといなくなったそうな。
 全く、油断も隙もない話である。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ