挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

宮沢弘の文学論

創作雑感 Revised 1

作者:宮沢弘
 創作についての雑感です。
 カクヨムに書いたものの再構成版。結構違います。
1: 表現
1−1: 「正しい日本語」は存在しない
2016年 08月 31日
1−2: 漢字を開く・ルビ・強調
2016年 08月 31日
1−3: 方言(訛り)
2016年 08月 31日
1−4: 形容と説明、描写は悪手
2016年 09月 01日
1−5: 夢、あるいは言葉の限界
2016年 09月 02日
1−6: どこまでが文芸か
2016年 09月 03日
2: わかりやすさ
2−1: わかりやすさ(用語)
2016年 09月 03日
2−2: わかりやすさ(冒頭)
2016年 09月 06日
2−3: わかりやすさ(世界・設定)
2016年 09月 06日
3: 構成
3−1: タイトル
2016年 09月 07日
3−2: 捨てろ!
2016年 09月 08日
3−3: 話を主導するもの
2016年 09月 08日
3−4: 構成(キャラクター)
2016年 09月 09日
3−5: 構成(リズムと終わること)
2016年 09月 10日
3−6: 構成(テンプレート)
2016年 09月 12日
3−7: 先が読めるか読めないか
2016年 09月 12日
3−8: 書くか書かないか
2016年 09月 13日
4: 設定・考証
4−1: ジャンル
2016年 09月 13日
4−2: 設定・考証
2016年 09月 14日
4−3: 設定・考証(世界の構築)
2016年 09月 15日
4−4: 引用と用語の借用
2016年 09月 15日
4−5: モチーフなどの繰り返し
2016年 09月 16日
4−6: オリジナリティ
2016年 09月 17日
5: 思弁
5−1: 思弁・思索/メッセージをどう書くか
2016年 09月 20日
5−2: 思弁・思索(それは本当に問題なのか?)
2016年 09月 21日
6: 文章技法
6−1: あおり
2016年 09月 22日
6−2: スタイル
2016年 09月 22日
6−3: スタイルをどう作るか
2016年 09月 23日
6−4: モンタージュと視点移動(映画の技術)
2016年 09月 24日
6−5: リアリティ (文章技法)
2016年 09月 26日
6−6: キャラクター
2016年 09月 27日
6−7: わかりやすさ?言葉の破壊?
2016年 09月 28日
7: その他
7−1: 読むとはどういうことか
2016年 09月 28日
7−2: SFは高尚か?
2016年 09月 28日
番外編
φ−1: セリフ
2016年 11月 04日
φ−2: いわゆるテンプレものについて
2016年 11月 24日
φ−3: 神話素の組合せ
2017年 01月 12日
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

上屋敷梁子のふしぎな建物探訪

 【この物語は、近未来×オカルト×空想科学×恋愛といった感じの建物探訪ヒューマンドラマです】  女子大生の上屋敷梁子(かみやしきりょうこ)は自分の家の繁栄のた//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全104部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/22 21:06
小話の部屋

置き場に困った小話やIF話などをこちらにまとめます。何が出るか分からないのでRつけておきます。 詰め合わせギフトボックス的なものですので、評価・ランキングは除//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全1部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/13 16:00
ある冬の日に

 ある冬の日に、父が息子に語った初恋の話と、ある娘と若者の愛の物語。  この物語を、2016年CWCの鹿島アントラーズと、「季の美」と吉田君にささげます。

  • 童話〔その他〕
  • 完結済(全5部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/12/23 14:36
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全145部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/13 19:41
クレーム ~受話器の向こうに潜むもの~

「受話器の向こうから悲鳴が聞こえる・・・?」賃貸マンション管理会社の事務である伊藤美紅(みく)は、裏野ハイツの住民からの電話クレームに、毎日頭を悩ませていた。そ//

  • ホラー〔文芸〕
  • 完結済(全18部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/08/10 19:00
ワガママな読み手、自己満足な書き手の備忘録

なろう利用体験談と疑問のまとめ。テーマごとになるべく作者としての視点と読者としての視点の双方を書くつもりです。考察も多分あると思いますが、超個人的な意見です。書//

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全13部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/01/23 23:43
おとぎ話の時間です

北沢遥、普通の中学二年生。 引越し先のこの街でひょんなことから出会ったのは、ヒトだけではなかったみたい……? これは、すこし内気な女の子とすこし訳ありの男の子が//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全20部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/20 16:00
萌えるラブシーンを考えたい

内容が内容だけにいちお、R15入れときました

  • エッセイ〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/10/06 08:40
読み手の気持ち、書き手の気持ち

このサイトで作品を読んでると注文をつけたくなるもんですよね。でも書き手もいろいろ思っているんです、という話。  【最新の投稿タイトル:《私が人様に書くのを勧める//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全130部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/18 10:02
ご近所生き物記

身近で出会った生き物の事を色々と書いてます。

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全56部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/03 21:38
感想とレビューでばよえーん!~読者と作者のWin Winな関係~

感想ってどうやって書くんだろうという方。レビューなんて難しそうだよねー。という方。 実はこの二つは作者の創作意欲の最大の糧です。いただくと小躍りするような宝物で//

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全2部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/09/15 11:41
鬼木の山

「鬼木の山」そこは、鬼の住む山であった。そこに踏み入れてしまった千里は鬼に襲われる。それを救った青年。しかし、彼もまた「鬼」であった。蘭国で起こる襲撃事件。灯馬//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全48部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/12 23:53
タチアナ様とお呼び:名前から作る物語の背景

 この話は、森の本屋様の「コードネームは(白い魔女)」の感想欄のやり取りから生まれたものです(各章に登場する「タチアナ」とは、該当作品の登場人物です)。物語の背//

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全4部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/10/01 08:16
『テンプレ』小説を書くのは本当に面白いのか?

前作『テンプレ』小説を書くのは本当に簡単なのか? の続編となります。 http://ncode.syosetu.com/n9508cz/ 『なろう』において//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全9部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/11/11 18:00
私は隣の田中です

鈴木麻衣は『闇の慟哭』という現代サイキックホラー小説の最新刊を買ったその日、エレベータで謎の物体に襲われる。気が付くと、田中舞という人間の中に入っていた。田中舞//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全47部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/01/06 00:00
妄想 今晩のおかず

材料ひとつで、おかずを妄想するというそれだけのお話。 基本、日常ごはんであります。 レシピは基本あまり詳しく書きません。あくまで妄想でございますので。 ※感//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全36部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/01/14 11:20
薬屋のひとりごと

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全148部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/26 04:09
東北国境守備隊第25隊の隊長さんと部下たちの日常

軍団大隊長から左遷された国境守備隊第25隊の今期隊長。彼のいい加減な言動に振り回されたり、彼と共に事態を加速させる部下たちや、時に素朴でしたたかな町の人々との、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全57部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/12/01 20:20
趣味語り そのいち

のほほんと楽しくやりたい人、汚くないエッセイが読みたい人、ギスギスしない真面目な議論をしたい人を歓迎します。 ランキングは載せると周りがギスギスするので、載せ//

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全65部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/11/11 12:15
よろず歌詠む、化生守の調べ

守屋の家には、あやかし――化生(けしょう)が伝わる。 実の父母も、育ててくれた祖父母も亡くし、天涯孤独となった為斗子(いとこ)は、その化生が共に在ることを望んだ//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全10部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/07 17:25
一週間の魔法

シーラは国立魔法研究所に勤める魔法使い。 十歳から魔法の勉強して早十五年。もう二十五歳。 残業を終えてボロアパートに帰ってきた時に、上から血だらけの猫が落ちてき//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全7部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/05 12:00
朱の呪紋士

この世界はいつも、私から全てを奪う。 救世の御子の処刑に始まった滅亡と争乱によって、全てを失った彼女は、一人の男に出会った。 「私を飼いませんか?」 生き//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全80部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/09/30 01:52
0から始める小説の書き方徹底講座!

「小説を書きたい」あなたへ捧げる執筆技術向上講座です。  想像を膨らませて物語を考えるのはとても楽しいことですが、それを他者へ伝えるにはちょっとした技術が必要に//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全61部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/03/13 14:43
甥と私と、それから彼と

姉夫婦の忘れ形見である甥と暮らす私の元へあらわれた、突然のお客さま。義兄の兄だというその人とのあれやこれやを、主人公の一人語りで。 糖分自己補給用作品でした//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/10/21 18:35
誤用だ誤用だ! 神妙にしやがれ!

ネット小説を読んでいて、あるいは日常会話で、時々見かける「明らかな誤用」を自分なりに調べてみました。 基本的に筆者の忘備録です。 お暇な方、チラッと覗いてってく//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全6部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/09/22 20:15
谷の橋姫 錫の日高

家族のように仲睦まじく育った二人の男女は、十六で迎えた成人祭の日に他国の強襲で故郷をなくした。四神から生まれし神宝の宿命を背負ったハツメと、自身の生い立ちに向き//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全165部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/23 06:50
コードネームは(白い魔女)

時は今からはるか未来。地球に統一国家が誕生し、人類はその手を太陽系の外に伸ばしつつあった。そんな時代の物語。 いかなる変異が人類にもたらされたものか、特異な力を//

  • 宇宙〔SF〕
  • 完結済(全27部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/12/16 16:48
小説のネタを考えるための50音エッセイ

小説のネタを考えるための雑記。 50音順に思いつくまま気の向くままとりとめなく書いていきます。 自分の教養を深めるために覚えたばかりの雑学なんかも記録していこう//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全11部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/22 15:00
人工重力覚書

ちょっと某所で話題になったので覚書

  • エッセイ〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/08/25 23:07
日本人じゃない私の日本語小説書き事

台湾人の自分は何故日本語小説を書きたいについてのエッセイであります。

  • エッセイ〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/04 23:08
宿命の星~したたかに見えてポンコツなお嬢様とやる気のないチャラい騎士のおはなし~

これは、もう二度と誰かを愛するつもりなんてなかった騎士と、誰かを愛し子を産めば死ぬさだめの少女のはなし。 アウストラル王国の伯爵令嬢エトワール・ブラン・ノレ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全25部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/23 11:00
【西洋風ネーミング雑話】その姓、なにモノ??  《追記あり》

『我が名は、ショウ・セツカ・ニ・ナロウ!』 異世界物を書く場合、登場人物の名前にはいろいろとこだわったり、悩んだりするかと思います。実在する西洋人の氏名などを//

  • エッセイ〔その他〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/10/31 17:10
『テンプレ』小説を書くのは本当に簡単なのか? 連載版

『異世界転生』『異世界転移』といった、いわゆる『テンプレ』小説を書き始める前にちょっとだけ考えてみてほしいこと。 3回に分けた短編を連載版に差し替えました。続き//

  • エッセイ〔その他〕
  • 完結済(全32部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/04/10 19:39
小説での、ときめく男キャラの条件

趣味全開で書いてみました。皆さんの好みのキャラ、お待ちしてます。

  • エッセイ〔その他〕
  • 短編
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/08/10 13:27
ネタの細道

書き手であり、読み手である私が、創作(主にファンタジー)に関することをつらつら書いていくだけのものです。 ※毎週土曜日 15時更新の週刊の予定です。 ※たまに気//

  • エッセイ〔その他〕
  • 連載(全58部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/01/22 11:19
星蒼玉

封魔を生業とする晃志郎は、なじみの口入屋で鳩屋の娘から依頼を受ける。事件のカギは、「夢鳥」という謎の絵師。封魔奉行の娘、沙夜、その兄、龍之介とともに、晃志郎はし//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全33部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/20 11:18
↑ページトップへ