挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
おいしいパンを作りましょう。 作者:パン大好き
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

71/142

番外編 その20.特別編「熊本への思いを込めて」

 4月14日から続く熊本地震。
 強い余震がいまなお続いています。
 不安な生活を強いられておられる九州・熊本のみなさまに、お見舞い申し上げます。
 みなさまのご無事を心よりお祈りいたします。
 月並みな言葉となりますが、負けないで頑張ってください。
 そして、どうか、ご無理をなさらないように。
 一日も早く揺れが収まり、平穏な日々に戻ることができますように。


 今回は特別編として、熊本への思いを込めたパン紹介です。

挿絵(By みてみん)

 スーパーの棚に見えたくまモンの笑顔。
 その周りには褐色の牛たちがたわむれております。
 ああ、熊本ゆかりのパン…手にとって購入いたしました。

 熊本の思い出。

 平成9年。当時はまだ、くまモンもいませんでした。
 学生最後の年だった当方は、友人と車で九州一周を敢行しました。

 旅の記憶を辿たどると…湯布院方面から、やまなみハイウェイを経て熊本・阿蘇山へと向かいました。
  両サイドにススキの波が延々と続く道
  広大な草千里ケ浜、草を食む放牧馬たち
  灰色と茶色が支配する、戦場のようなコンクリートの退避壕たいひごうが印象的だった噴火口

 まさに自然の美しさと厳しさを感じた地でした。

 もう一つの思い出はビール。
 実は、すでに撤退しているのですが…「銀河高原ビール」の工場が阿蘇にありました。
 その工場に併設されたレストランで飲んだ、キメ細やかでフルーティーな銀河高原ビールの味わいが思い出されます。
 その施設は車でしか行けないような立地だった記憶があります。
 我々もマイカーで行って、そして、ビールをたらふく頂きました。
 …って、安心してください。吐いてませんから。
 じゃなくで、安心してください。運転してませんから。

 実は飲んだ後、友人ともどもレストラン近くの空き地で野宿したからです。学生の頃はこんなことばかりしていました。あんまり安心じゃないですね…

 さてさて、ヤマザキさんの「牛乳パン 阿蘇小国ジャージー牛乳入りミルククリーム」です。

 今回のパンに使われているジャージー牛乳とは…
 ご当地のJA阿蘇小国中央支所さんのHPで、勉強いたしました。

 ジャージーというのは乳牛の種類です。
 乳牛と聞いて真っ先に思いつくのは、白と黒の模様が特徴のホルスタイン種ですね。
 農林水産省の資料(畜産をめぐる情勢「基本的な事項編<全体版>」)によりますと、国内で飼育されている乳用牛の99%以上がホルスタイン種とのこと。
 ホルスタイン種の牛乳が超スタンダードなので、敢えて「ホルスタイン牛乳」とは言わないようですね。

 では、ジャージー種とホルスタイン種、その違いは?
 特徴を比較してみます。

【ジャージー種 jersey】
 体重400キロ▽乳量5600キロ▽乳脂肪率4.94%▽乳タンパク質3.8%

【ホルスタイン種 holstein】
 体重600キロ▽乳量8200キロ▽乳脂肪率3.70%▽乳タンパク質3.1%

 ※JA阿蘇小国中央支所さんのHPから。すべて平均。乳量は1年(305日換算)

 ジャージー種の方が小型の牛なのですね。
 乳量が少ないのも、恐らくその体格の違いを反映しているのでしょう。

 一方で、乳脂肪率やタンパク質などの栄養価は高いことが分かります。
 製品の成分でも通常の牛乳は200mlあたり135キロカロリーですが、ジャージー牛乳は160キロカロリーとハイカロリーです。

 乳量は少ないけれど、採れるお乳はリッチで濃厚というところでしょうか。

 さて、この小国地方(HPでは小国郷と表記)は、阿蘇山の北に位置する熊本県小国町と南小国のエリアとなります。
 昭和32年。地域の農家の収入源にとジャージー種が導入されました。
 オーストラリアから98頭がやってきたそうです。
 その2年後には地元の学校給食への提供をスタート。
 流通・販売ルートを徐々に拡大させ、現在、年間生産量4400トン。
 小国地方はジャージー牛乳で全国2位の生産地となっています。

 では、「牛乳パン」開封いたします。

挿絵(By みてみん)

 ふむふむ。
 これはコッペパンの香りですね。
 懐かしさが漂っています。

 体重104グラム、347キロカロリー。
 身長は20.5センチ、幅7センチで厚みは4センチ。
 パン生地は上下に切り分けられており、その間に真っ白なクリームがはさまれています。

挿絵(By みてみん)

 原材料名には「牛乳フラワーペースト(阿蘇小国ジャージー牛乳6%)」と記載されています。
 ジャージー牛乳は牛乳パン本体ではなく、クリームに使われているのですね。

 さっそく、いただきます。

 柔らかくモフモフした口当たりの牛乳パン。
 少し甘めです。口どけも悪くありません。

 そして、ジャージ牛乳入りのクリーム。
 むほっ。これは甘~いです。
 でも、甘さだけでなく牛乳のコクと香りをカナリ感じます。
 濃厚。「まるで練乳のよう」と思ったら、材料に加糖練乳とありました…むむう。

 牛乳パンの素朴な風味。
 それを支えて、広げるジャージー牛乳入りクリームの力強い味。 
 その2つが相まって、とても優しい味わいに。
 遠い阿蘇の地に思いをはせながら、頂きました。

 今回の熊本地震に関して、先述のJA阿蘇小国中央支所さんのHPによりますと、
「現在、牛乳処理工場・乳製品加工場・ヨーグルト工場・肉類加工場など通常とかわらず稼働しております。」(4月15日現在)
 とのことでした。
 少し安心いたしましたが、今度は雨の心配が持ち上がっているようです。

 熊本地方を中心にいまだ強い余震が続いております。繰り返しとなりますが、一日も早い日常の回復をお祈りいたしております。
 みなさまが、くまモンのような笑顔を取り戻す日が来ることを信じて。

挿絵(By みてみん)

 パン大好き
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ