挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

序章

5/408

秋の洗濯室(ローンドリ)

目次構成を変更しました。
 夏が終わり、ヘンリーは全寮制の寄宿学校に戻って行った。

 朝の決まった時間になってもヘンリーが来ない。わかっているのに、サラは朝から落ち着かなかった。ティーテーブルで、一人で朝食を食べる。いつものように、あれこれうるさく言うヘンリーはいないのに、サラは出された朝食を、時間をかけて、少しずつ口に入れながら全部平らげた。
 食べ終わると、いつもの場所に座って、別れ際にヘンリーのくれた『純粋数学要覧』のコピーに目を落とす。

 欲しいものはない? と聞かれて、この本が読みたいと言った。古いものだから手に入らないと知っていたのに。なんとなく、口から出てしまった。ヘンリーなら、サラの望みを叶えてくれるような気がして。

『本は手に入らなかった。でも、ほら。本の中身はコピーしてもらえたよ』
 と、分厚い紙の束を差し出された。
 『友達のお父さんが大学教授なんだ。友達に頼んで、そのお父さんのツテで探して貰えたんだ。この本、大学の所蔵品として残っているだけなんだって。ラッキーだったよ。
 友達は、お父さんから、ラマヌジャンが読むのかって笑われたって。
 ラマヌジャンって誰? サラは、知っている?』

 サラは、ヘンリーの言葉を、一言一句思い出していた。
 『純粋数学要覧』は、インドの数学者ラマヌジャンが、子供の頃使用していた数学の書物だ。大学初年級までに習う六千近い定理が、ほぼ証明なしに並べられている。
 ヘンリーが次に戻ってくるのは、十月半ばだと言っていた。それまでに、できる限り証明してみよう。ラマヌジャンのように。きっと、ヘンリーが戻ってきたとき褒めてくれる。
 サラ、すごいね。
と言って、きっと、いつものように、頭を撫でてくれる。
 こうやって数学に没頭していれば、この落ち着かないイライラした気分を忘れられる気がした。


 毎日、淡々と同じ日々が繰り返されて行く。
 朝起きて、シャワーをあびて、朝食を食べて、定理の証明をして、夕食を食べて、定理の証明を続けて、いつの間にか眠る。サラの日常は機械のように繰り返される。
 土曜日には、いつも決まった時間にヘンリーが電話をかけてきてくれた。当たり障りのない会話の後、ヘンリーはいつも必ず、
 『ちゃんと食べるんだよ。サラは夢中になるとすぐ忘れてしまうから』
 と、締めくくって、電話を切った。
 だからサラは、毎日、食欲もないのに、我慢してベイクド・ビーンズをつつき、トーストをかじる。ヘンリーがいる間に、ベーコンとソーセージ、目玉焼きは出さないようにしてくれたから、なんとか残さないで済む。
 いつの間にか、昼食の替わりに角砂糖をかじるようになった。お腹が空かない。イライラする。

 十月になり、気温がぐんと下がりどんよりした曇り空の日々が増えてきた。部屋から出ることの無いサラは、相変わらず薄手のパンジャビ・スーツを着ていた。部屋の中は快適な温度に空調されているため、秋がきていることさえ、知らないのかもしれない。
 コンコン、とドアがノックされ、間を置いてドアが開いた。
「お嬢さん」
 マーカスが呼びかける。案の定、サラは床に座って何か書いていて、マーカスの声は届いていないようだった。
「サラお嬢さん」
 マーカスはサラに歩み寄り、もう一度声をかけた。
 近距離で呼ばれ、サラはびくりと跳ねるように顔を上げた。
「パソコンの部品が届きました。ご覧になられますか?」
 サラは無表情のまま立ち上がった。
「地下は冷えるので、何か羽織られた方がよろしいですよ」
 首を横に振って断った。

「こちらです」
 使用人専用の階段を下りた先にあるドアを開けると、がらんとした部屋の一方に段ボール箱が山と積まれている。
 カビ臭く湿っていて、じっとりとした独特の空気が籠っていた。今は使われていない使用人用のダイニング・ルームだ。
「土曜日には、スミスさんが来られるそうです。除湿器を持ってきて下さるそうなので、今よりは、マシになると思いますよ。作業はここで行って、組み立てた後、隣へ運ぶようにと聞いておりますが……」
 マーカスは、早速座り込んで段ボール箱を開けに掛かっているサラの背中越しに声をかけた。
「カッターナイフを持ってまいりましょう」
 やはり返事はなかった。

 ダイニング・ルームの続き部屋は、かなり広々とした洗濯室だった。
 スミスの指示で、今は使われていないその部屋をパソコンルームにすることになった。パソコンの部品が届くまでの間に、急いで工事が進められた。元々は石造りの床は、振動を吸収する特殊なゴム製の床材で底上げされたため、入り口に階段が組み足されている。白い漆喰塗りの天井の空調設備工事は、ぎりぎり終わったばかりだ。部屋の中央にはすでに、五段のメタルラックが二組ずつ五列組まれて設置されている。

 ジョン・スミスが、連れて来たエンジニアはこの部屋に入るなり、
「すごいな!」
 と驚嘆の声を上げた。
「外観に騙されましたよ。ここは、ナショナルトラストが管理するようなマナー・ハウス(領主館)で、中は博物館だと」
 エンジニアはおどけて言った。
「その通り。上階は19世紀の博物館だな。ここだけが二十一世紀だ」

 作業部屋に入るとスミスは、サラの組み立てた基板を見本にして同じ物を作り、出来上がったら隣室のメタルラックに並べていくように、と簡単な指示を出し、二人を残してさっさと部屋を後にした。
 日の当たらない底冷えのする地下室だというのに、エンジニアは速攻、窮屈そうなジャケットを脱ぎ、ネクタイを外した。カッターシャツの袖をまくり上げ、作業に取り掛かる。
 作業台の傍に、大きな段ボールが並べられ、番号が振られている。これがエンジニアの割り当てらしい。中身はすでに仕分けされていて組み立てるだけで良さそうだ。
 エンジニアは、しばらく見本の基板をじっくりと眺めていたが、驚愕の面持ちでサラを凝視した。
「ヘテロジニアスコンピューティング……」
 卓上で作業するエンジニアとは違い、床に胡坐をかいて作業しているサラは、黙々と手を動かすのみで、声をかけても、顔を上げることさえしなかった。
 エンジニアはいきなり立ち上がると、部屋を飛び出した。

「スミスさん! スミスさん!」
 大声で呼びながら、階段を駆け上がり、通ってきた廊下を逆行した。
 玄関ホールまで戻ったところで、執事に声をかけられ、スミスのいる広間まで案内して貰えた。
「スミスさん、本当にあれを作るんですか?あんなもの、作ったって動きませんよ」
「どうして?」
 ソファーに腰かけ、煙草をくゆらせていたスミスは面倒くさそうに尋ねた。
「ストリーム・プロセッシングをどうするんです?」
「わかるように言ってくれ。私は、専門家じゃないんだ。君と違って」
「プログラミングです。ハードを作ったって、ソフトがなけりゃ、ただのパーツの寄せ集めですよ。GPUをあんなに組み入れて、並列処理するなんて、まともじゃない!」
「その辺はあの子に聞いてくれ。私じゃわからない。それに……、きみにプログラミングまで頼んだかな? きみの仕事じゃない。」
 スミスはエンジニアを冷たく見据え、そして、煙草をくわえたままニッと笑った。
「まともじゃないんだよ、あの子は。言っただろう? きみごときが理解できるような、まともなことをするわけがないだろう? それより、楽しめよ。本物の天才の仕事だ」

 エンジニアは作業室に戻ると、何かとサラに話しかけ、質問してみた。だが、サラが一切しゃべらず返事もしないので、諦めて黙々と作業に専念するより仕方がなかった。
 静まり返った部屋に、カチャカチャと、金属音だけが小さく響く。

「このペースなら、一週間もあれば組み上がりそうですね」 
 エンジニアは、ほっとして、ティー・セットを運んできたマーカスとスミスに話しかけた。
「でも、組み立てよりも配線の方が、時間が掛かるからなぁ。五十台もクラスタリングするなんて、信じられない……」
「配線は一人でできるわ」
 サラが、作業の手を休めることなく呟いた。
 エンジニアは手を止め、目を大きく見開いてサラを見つめた。
「お茶になさいませんか」
 マーカスがエンジニアに声をかけた。
「サラお嬢さんも」
 サラは床に座ったまま首を横に振った。さすがに寒さが堪えたのか、パンジャビ・スーツの上にカシミアの大判ストールを羽織っている。
 サラの座っている場所には、小型のカーペットが敷いてあった。常に床の上で作業するサラを気遣ったマーカスの配慮だ。

 作業台とは別に用意されたティーテーブルについて、エンジニアは紅茶にミルクと砂糖をたっぷり入れて一口飲み、大きく切り分けられたヴィクトリアンケーキを頬張った。カップを何度も口に運びながら、向いに座っているスミスに何か尋ねたそうな視線を送る。だが当のスミスは素知らぬ顔で紅茶を飲んでいる。
「で、基板の組み立てに一週間かかるって?」
 しばらくして、やっとスミスが話を振ってきた。
「早くてそれくらいですかねぇ」
 エンジニアは、マーカスに視線を向けて、
「これ、旨いですね。俺のお袋のより断然旨いですよ」
 と、二個目のケーキに取り掛かりながら言った。スミスにいろいろと聞きたいのに知らぬふりをされ、エンジニアも少しヘソを曲げていた。
「ありがとうございます。家政婦のボイドさんに、伝えておきます。喜びます」
 マーカスは、エンジニアとスミスのカップに紅茶を継ぎ足し、ちらりと自分の腕時計に目をやった。
「少し、失礼します」
 マーカスは、サラに歩み寄ると、小さな声で何か囁いた。
 マーカスがいつも以上にサラに接近したことで、サラは露骨に嫌そうな顔をしたが、すぐにいつもの無表情に戻り、頷いて立ち上がった。そして素直に、マーカスに従って部屋から出て行った。

「何なんですか、あの子は?」
 サラがいなくなるなり、エンジニアはスミスに顔を付きだすようにして額を寄せて、早口で声を潜めて聞いた。
「説明しただろう。インドの天才エンジニアさ。目の前で見ていれば、充分わかっただろう?」
 眉をしかめて、スミスもまた、小声で答える。
「目の前で見ていても、信じられませんよ!」
 エンジニアは、自分のカップに砂糖を何杯も入れ、ガチャガチャと神経質にかき回した。
「しゃべれないのかと思っていた。配線は一人でやるって! あんな子どもが!」
「あんな子どもが、組み立て作業もやっているだろう。君より、速い。いいか、あの子のことは国家機密なんだ。二千年に一人出るか出ないかのIQ二百越えの天才児だ。国の宝だよ。世界中から狙われているんだ。絶対に漏らすなよ。しゃべったらMI6(秘密情報部)に消されるぞ」
 エンジニアは緊張した面もちで唾を飲み込み、頷いた。脅しはきいているらしい。だが、それとは裏腹に、瞳は好奇心に輝いている。この奇妙な秘密の共有に満足しているらしい。
「しゃべりませんよ。絶対に」
 エンジニアは力強く何度も頷くと、真面目な面持ちで言った。
「約束します」

 スミスも頷いて真顔のままティーカップを口に運ぶ。だが内心、笑いを噛み殺すのに必死だった。

 こんなバカ話を信じる奴が本当にいるのか! 

 ここに来るまでの道中、仕事の内容を説明した。サラに関しては触れたくなかったのだが、サラがいないとそもそも組み立てられない。仕方なく話すと、必要以上に興味を持たれてしまった。開き直って適当に話を盛って、面白おかしく尾ひれを付けたら、頭から信じ込んでしまい、冗談だ、の一言が言えなくなってしまった。
 まぁ、全てがでたらめという訳でもない。自分でしゃべっていても、十分バカらしかったが、こいつは本物のバカだ! 推理小説の読みすぎだ! まぁ、いい。こんなバカ話で、こいつの口を塞げるのなら。
 地元の名士、リチャード・ソールスベリー、マーシュコート伯爵に私生児が、―それも混血児が―、いることが知れ渡ってしまうよりは、よほどましだ。
 スミスは、この純朴なエンジニアに、にこやかに笑いかけて言った。
「そのケーキ、そんなに気にいったのなら、土産用に頼んでおこうか?」


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ