挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
進め戦車よ!VRなど恐るるに足らず! 作者:トクメイさん

Es braust unser Panzer Im Sturmwind dahin.

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/54

お次はスキル

 ここら辺りから戦車の名前が出始めます。イラストでも描いて挿絵としたいのですが、現状は難しいので・・・各自で検索して頂けると、イメージしやすいかと。
『た、ただいまです!』
「お、お帰りだ」

 消えた時と同じ様に、空間に白い光が現れたかと思うと、キラリと一際輝いた後に、光の粉を散らしながら姿を現した。

『結果から言うと、OKです。ただ、いきなり強い戦車はNGです。例えば、えーと、アイエス?とかタイガー?とか後は・・・てぃーさんじゅうよん?は駄目だそうです』
「成程、当然だな。判った」

 流石に初っ端から最強レベルの戦車は流石に遠慮したい。いきなり力を手に入れて無双しても、ただただ虚しくなるだけだ。何事も、弱い初めが肝心であり、そこからどう成長するかが、途中に存在する試行錯誤かが楽しいのだ。
 さて、初めからTigerは却下されたから無しだ。残るはパンターや四号、三号だが、それらも十分強い。

「そうだな・・・ドイツの二号戦車はどうだ?」

 あれだったら強すぎないだろう。それにあれは訓練用だ。自分には丁度良いな。一号もあるが・・・あれは遠慮したい。

『ちょっと待ってください・・・あ、これですか、ちっちゃくて可愛いですね!』

 妖精の前にウィンドウが現れて、そこに直線で形作られた戦車の画像が出る。二号戦車の・・・F型かな。
 そして二号に可愛い、か。うむ、同感だ。

「この戦車にしたいんだけど、いいかな?」
『ちょっと待ってくださいねぇ・・・はい、大丈夫です!これなら出来ますね』
「おっし!」

 来た来た来た!もうこの時点で最高な気分だ!

「これでOKだ、さぁ行こう。今すぐ行こう。直ぐ行こう!」
『ちょちょちょ、待ってください!まだスキルや見た目が終わってませんよ!?』
「あ・・・そうだったな」

 落ち着くしよう。慌てなくともゲームは逃げない。

『確認ですが、いいんですね?この・・・』
「二号戦車F型」
『はい、それです。大丈夫ですか?』
「うむ、それで構わん」
『判りました・・・次はスキルです』

 スキルか・・・戦車として戦い易くする、つまり補助に徹底するか。いや、足回りが壊れないようにするとか・・・て、ちょっと待て、一寸待て。

「足回りが壊れたり、弾や燃料が切れたりしたらどうなる?」

 これは大事だぞ。

『一応、生き物扱いなので、壊れても再生します。ただ、度が過ぎると自己修復の限界を超え、修理して貰う必要があります。剣を例にすると、刃毀れは大丈夫だけど、折れたら鍛冶屋で直して貰わなくてはいけません』
「戦車はどうなる?鍛冶屋で直るのか?」
『さぁ?戦車は専門外です!』
「そ、そうだったな。すまん」

 成程、修理する手段が必要というで、それを見つける必要もある訳か。

『弾や燃料などは、時間と共に回復します。また、それらを作る事も出来ます』
「作る?弾や燃料をか?という事は、より高品質なものを作れば性能が上がるという事か?」
『それは判りません。作り手によりますね』
「ほうほう、成程。本当に楽しくなってきたな」

 ついつい笑みを浮べてしまう。それに釣られてか、妖精も笑顔になる。可愛い奴だ。

『スキルに移りますよ?大丈夫ですか?』
「うむ、大丈夫だ。続けてくれ」
『数多くあるスキルの内、貴方が使用できるスキルを出します。数は10個までですので、ちゃんと考えて選択してください』

 またしてもウィンドウが現れた。検索欄があるだけだが、恐らくキーワード検索でもするのだろう。

 戦車で戦闘するに当たって、敵が戦車であろうが歩兵だろうが、対戦車砲だろうが関係なく共通する、勝つ為ではなく生き残る為の前提条件。自分は、それは敵より先に敵を見つける事。そして見つけられる前に撃破するか、隠れる。これだと思う。
 スキルは、兎に角生き残る事を、出来うる限り死なない様なアセンにしよう。

 まず敵を発見する為のスキルだ。索敵に使えるのを洗い出そう。


 ・目星
  あらゆるものを調べる事ができる。が、鑑定眼に劣る性能。
  使用するには、対象がしっかりと見えていなければ行けない。
  他スキルと併用可能。

 ・拡大眼
  遠方を拡大して視認する事が出来る。初期の倍率は2倍。
  他スキルと併合する事が出来る。
  目星と併用するとより遠方の対象を調べる事ができる。

 ・熱源探知
  周囲の熱源を探知する。
  目星と併用するとサーモグラフィーの様な視界になる。だが、熱源探知の限界より先にあるものは見えず、真っ暗になる。

 ・音源探知
  音源を探知する。
  目星と併用すると音源がある場所に波紋が現れる。だが、音源探知の限界より先にあるものは察知できない。

 ・マッピング
  通ってきた場所がマッピングできる。他スキルと併用できる。
  視界の何処かにマップを置く事で、ミニマップの代わりになる。

「これのスキルが欲しいんだが、自分の熱や音は大丈夫か?」
『えぇっと、はい、大丈夫です。取得しますか?』
「そうしよう」
『所得しました。後5個です』

 次は攻撃補助にするか。
 えっと、”銃の才能”?これはどうしようか。

 ・銃の才能
  ~の才能系スキル。~に当てはまる武器の扱いに補助が入る。

「この”銃の才能”ってスキルは、砲や機銃にも適応されるのか?」
『”銃の才能”のままでは機銃の補助が限界で、砲の補助は別のスキルが必要です』
「スキルを成長させれば良いのか?」
『はい、そんな所です』
「この補助というのは?」
『剣ならスムーズに振れるように、弓なら確りと弦を引けるようにモーションが入ります。ただ、上級者になるとこのモーションが逆に邪魔になるそうですが・・・』
「銃の場合は?」
『射撃の反動を上手く逃がす、とかですね』
「要らないな、自分には」
『そうでしょうね』

 戦車にはちゃんと砲撃の衝撃を受け止める為の装置、駐退機が存在する。このスキルは要らないな。
 では、魔法で補助するというのはどうだろう。

「魔法で空気抵抗を減らすとかは出来るか?」

 100m先でも、2000m先でも貫徹能力に差がない攻撃とか、とても強力なのだが。

『出来なくは無い、と言っておきます』
「うむ」

 つまり工夫次第では出来るという事だな。
 幸い、自分の種族は魔法適性もあるらしく、魔法のスキルもあった。

 ・風魔法
  空気を操る魔法。風を起こすは当たり前で、レベルが高いものだと小規模の竜巻を起こせる。

 ・火魔法
  火や温度を操る魔法。火球を作るは当たり前で、レベルが高いと大規模な爆発を自在に起こせる。

 魔法はこれらにしよう。風で空気抵抗、火で温度を操る事が狙いだ。風は弾丸の空気抵抗と、エンジンに送る空気の酸素濃度を弄れたらなと考えている。火は熱関係を弄れれば、エンジンや砲身の冷却に使えないかと考えている。全ては試行錯誤だ。
 後三つだが、これらにしようと思う。

 ・迷彩
  自身の周囲の環境に適した迷彩色へ変化する。

 ・隠密
  自身が発生させる音を減少させる。

 ・走破
  地形走破性能が向上する。泥地や沼地、砂地等で沈み難くなる

 迷彩と隠密は敵からの被発見率を減らす為、走破はより行動範囲を広げる為だ。

『その三つで宜しいですか?』
「あぁ。お願いしたい」
『はい、完了しました。これでスキルの決定を終えました』
「うむ。次は何だ」
『自身が操作するキャラクターの見た目を調整する筈でした。はい』
「でも自分の見た目って戦車だろう?調整のしようが無いよな?」

 戦車の見た目を弄るねぇ・・・。いや、好きだけどね、ここでする必要が無いというね。

『そういう事です。つまり、全工程が終了しました』
「え、これで終わり?ステータス割り振りとかは」
『そんなのある訳ないですよ!戦車のステ振りとかどうやるんですか!』

 確かに。俊敏地に極振りして、時速50kmで走り回る超重戦車とか嫌過ぎる。

「やはり、他のプレイヤーはやはりステ振りはするのか?」
『そうですね、HPやMP、STRなどのステータスがあり、それにポイントを振り分けます。ただ、このポイントは成長し易さを上げるもので、レベルが上がってもポイントを得る事は出来ません』

 成程、レベルアップでポイント得て、それをステータスに割り振るってタイプでは無いのか。

『また、ゲーム開始と同時にステータスは非表示になります』
「は?」
『見えるのはHPバーやMPバー等です。貴方の場合は燃料や砲弾の残量バーでしょうか。ただ、数字での表示はありません。バーの減り具合で己や敵の残り体力等を考える必要があります』


 ぐぬぬ、それでは自分がどれ位強くなったか判り難いな。計画的なレベリングや、最適な狩場の判断が難しくなるが・・・そこは何度も繰り返して経験を積む必要があるな。
 だが、気になる点がある。

「燃料はバー表示でも納得できるが、残弾はどうなる?残弾は残りが明確に判ると思うのだが」
『安心してください。残弾は確り数で表示されます。その様な例外的なステータスもありますからね』
「それを聞いて安心したよ」

 残弾が判らないと退くべきタイミングが判らなくなるからな。何時弾切れになるか分からない恐怖と戦う必要は無いようだ。本当に安心した。

「ステ振り不要ならば、これからスタートか?」
『その前にチュートリアルがありますよ』
「成程、それは楽しみだ」

 戦車を操縦する訳だからな、楽しみで仕方ない!

『では、チュートリアルエリアへ移動します!』

 視界が真っ白になり、浮遊感を覚えた後、視界が変った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ