挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
オール・ブラック 作者:fsc
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/3

α - 腦//Nous (後編)

どれだけ時を過ぎたかは全然確かめない。今、僕の思考は全く休めている、こんなに夢のない眠りなのに、僕は安らかく休めない。この孤独な時間は落下な感覚に破れてた。体は急に高い所から落ちるような、重く感じる。でもその落下は感じなかった、ただその後のショックは僕を驚かした、そして僕を起こした。

「あっ!」

七人と抗った、その同じ部屋に目を覚ました。息を弾ませているでも、僕は安に目覚ました、今度は周りを確認するや自分を守り反応必要がない。この静けさは状況を判断するチャンスをくれた。

今僕は小さい船の保健室にいる。前回と違う、今度は寝台からユックリ降りて、そしてドレープの向こうの廊下を見つけた。この保健室はこの廊下の果てにある、ここから行き先はたった一方しかいない。

この船のゆらりのせいで、壁に手を掛ける。この廊下の壁と床は鉄製から、手と裸足は寒くになった。

歩くながら、僕の視界に歪みている白衣を着る黄色の幽霊たちが現れた。その影の存在も何かの雰囲気音を引き起こさせる、ベラベラの声をしている。その影が現れた後、また鼻下に潤って気がする。その辺を擦ると、確かに鼻穴から何かの液が滴る。手を見ると、指が血に濡れている。自分の様子を心配が、でも手を下がったとたん、もう黄色の影とその声が消えてしまった。

廊下の果てにあった戸口に、光が突き刺さっている。その眩しい光に近づくながら、目を塞いでる。この果てにある小さい階段を登る、上甲板に着いた。上甲鈑には少しずつ眩しさに慣れている。僕はなんか「これは久しぶりの陽光と青空」って信じた。目が適応しているほど、この船は漁船だと気づいた。

上甲鈑には四人がオロチョロしている。一番目は取り舵に座っている、彼は保健室に倒した強いそうな男だった。二番目は同じく取り舵に立っている、ただ一番目からチョット遠くだけ、彼は一番目男比べにチョット低い、彼のならでは彼を被る赤い鍔の黒い帽子。次は面舵に四番目男と話している。三番目は半ズボンを着る、そして最後は炎色縞の白いシャーツを着る。帽子の男と半ズボンの男は僕の存在を気づいた、彼らはその他の二人を知らせて、そして半ズボンの男は下甲鈑への戸口のとなりにあった扉を入った。

「ねっ、お前大丈夫か?」

僕が倒した男は近寄って、握手を供えて。疑いてる彼の手を見つめて、そしてシブシブに返事する。彼は以外に気が安い、前回と違って、でもそれは僕のせいだろう。

「オレはモリー、お前ドクターに話せば?」

「ドクター?」

自然に、最初に浮かんでたはアインホーンの名前、でもそう簡単にはないはず。それでも僕にあった事は僕とアインホーンを別れたんだろう。

「あぁ、ティムが呼んで行った。」

彼は目を逸らした、そしてさっきの半ズボン男入った扉に指した。

「キタキタ。」

彼が指した扉から二人の男が出ると見ると、彼は元に戻った。その二人は半ズボン男と、思い当たったら、気絶の前に最後見た男だった。

「ドクター?」

「そう。私はヨルダン。キミはもう元気かね?」

彼の正体の確認が僕にガッカリをした。チョットだけモリーが付せた「ドクター」は「アインホーン」って欲しかった。だがヨルダンがその扉から出たとたん、彼とアインホーンの影は格好と声が違うって僕は認め始まった。

「まぁ。僕に何があった知ってますか?」

「それは言えないねぇ。」

また何も知らない一般人だ。

「正直、我らもキミがそれを説明を貰うかと思った。」

ヨルダンは平手で下甲鈑に指す、そして保健室に僕を導く。

「で、僕に何があったでしょうか?」

「我らも検討が付けない。キミは最後に覚える事は何だ?」

「えっと、僕は海に浮かんでいる。夜で...」

「イヤイヤ、キミ自身のことは?」

「...」

また自分の事を思え出せ見る。でも自分の思考は記憶隠しが上手くすぎて、一斑でもなく、何も思え出せない。まるで僕は昨日で生まれたバッカリ。

「悪い、何も覚えてない。」

「そうか。」

彼は一言をした。彼の声は憮むく聞こえた。

このお喋りが終わるとき、僕らは保健室に着いた。ヨルダンはドレープの戸口を開けそして入った。僕は彼の後ろに付けてそして止まった、彼の話を待つ。

「待って、どれだけ無意識した?」

「14時間くらいかもね、その前にキミは5時間くらい無意識した。」

「僕が起きるそして仲間と抗って前にでしょうか?」

「アハハ、そうだよ。」

彼は愨むく笑った。

「モリーってこの船に一番強い、でもキミはソイツを倒した。」

「えっ、本当に?」

「キミは四人の抑制から破れた。」

今は違うだろうな。

「どうしてそれがやったのか分からない。今の僕はあの椅子を動かせるとは思えない。」

「多分アレはアドレナリン急増かも。」

そうかも知れない、あの時の僕はすごく凶暴だったし。

「キミが見つかったら時、キミはこれを着るんだ。」

ヨルダンは壁の鏡の隣にあったコートを取る、そして僕に渡した。このコートはトッテモ厚い、そのフードに皮が飾った。なんか冬の上着見たい。すぐそのコートのポケットの中身に手掛かりを探して。そのサイドポコッと、そして懐、だが何も見つからない。一つ気になるのは左の懐の上に付けたネームタグ。

「セオドア・クエンティン」

「キミの名のか?」

ヨルダンは僕がネームタグに集中してるを気づいた。今僕の脳はこの名を侵略的な照合をしている。頭が痛むほど自分が思い出しを努めている。その痛みを抑えて、指を左目に圧す、だがこんなに痛いのに、僕は何も思え出せない。

「やはり何も覚えてない。」

「無理しなくてもいい。」

もし僕が急に倒れる場合、ヨルダンは僕を寝台に座らせていて。こうは気に入らないが、でも仕様が無い。

「何が悪いんだ?何で僕は何も覚えてない?」

「...」

ヨルダンは僕に睨めている、彼の目は好奇心で藪睨みしている、彼が同じ質問を聞いているとは分かる。

「私の見立ては、キミは酷い記憶喪失している、キミの長期記憶は患わった。神経科医はないから、私は詳しく言えない。」

「ウッ―」

頭の痛みを抑えるため、指をもっと固めく左目に圧す。この痛みのともには、僕の視界に歪みている幽霊が現れて。でもさっきと違う、今度はイロイロの色の幽霊たちが現れた。クスクス笑っているながらアッチコッチにこの部屋で遊んでいる。

「どうした?」

僕が急に彼の肩から手を話したそして自分の顔を圧してると、ヨルダンは叫んだ。彼は僕を抑えて、そして寝台に僕を眠らせて。

「ヨルダン、アレを見るか?」

僕が見えた幽霊たちに指しているながら、僕は聞かせた。

「何が?」

彼は見えないな、その幽霊たちは僕しか見えない。

「いいえ、何でもない。」

その幽霊たちは一人一人で消えてしまう、一人が消えて度に、頭が楽になる。

「正体の手がかりがいなかったら、じゃ僕セオドア・クエンティンで読んでもいい。」

「...」

彼は沈黙した、僕に睨めていて。今度は彼の目から審査が感じた。

「昨夜我らはキミの事を調べて見たんだ、キミは飛行機事故で探されている。」

「飛行機事故?」

「キミは私立企業に護衛していた見たい、そして事故があった、キミの記憶喪失はその製かも。」

「そうか。で、僕が護衛された飛行機の行き先は?」

「インド。」

「じゃ、僕が行くべき場所はそれな。」

「明後日、我らはモンバサに上陸する。ソイツらはモンバサの港にキミを向かってくると揃えた。」

「ありがとう。」

「気にしない。」

「ね、僕あなた達に何かを手伝えないかな?」

その朗報を貰ったは嬉しい。ヨルダンさんとの仲間がいなかったら、僕は海に終わったんだろう。せめてお礼にこうくらいならやる。

「いいよ、キミは休め。」

「そうはいけない。」

なんか息気に燃えてる気がする。自分で保健室から上甲板へ出す、何かのやれる事を探す。それに前回の頭痛からには、今の僕は力が持つ。今の頭痛はただこの船のゆらりからだけ。

「キミは休め方がいい。キミはまだスッカリ検査してないから。」

「いいえ、今は大丈夫。それに僕が出来る事見たんだろう?仲間全員倒した。」

廊下に早歩きする、また陽光が眩みついた。何かをやりたいのは保健室から見えない陽光と青空をもっと見たいから。

上甲鈑に着くと、一人の乗員がいなくなった、ここは三人だけしかいない。強いそうのおとこと半ズボンのおとこと炎色縞シャーツのおとこだった。

「本当か?」

「あぁ、もう随分治った。」

半ズボンの男は僕らを気づいた、彼からには僕たちは喧嘩している見たいだろう。

「よヨルダンさん、どうした?」

「おう、ティム。キミらまだ紹介してないよね?」

「あぁ、まだ。」

「じゃセオドア君、こっちはティム。それでティム、こっちはセオドア。」

ヨルダンは僕とティムを紹介する。この人は昨夜の抗いからに覚えてる。

「どうも、あの時は済まなかった。」

「大丈夫。それよりさ、モリーよりお前のほうは非常につよいな。四人まで破れたし。」

ヨルダンは首を振って、ティムと内談に招いた。僕はその招を分かって、少しだけ下がった。

この距離からは、ヨルダンが何かを囁いてく話しているみたい。ティムは賛成そうはしてない。囁いてく、彼らは争ってるみたい。

漸く彼らは賛成を着いた。話のあと、ヨルダンは僕に戻って、それにティムは仲間の元に。

「悪い、用事があった。」

「僕のせいか?」

「いやいや、キミなんかじゃない。キミは知っているよね、これは漁船とは。」

「そう。」

「前回の嵐で、我らは一人を失った。八人でも、あの時はギリギリ生き抜けた。」

ヨルダンが話しているながら、ティムは他の乗員を集めている。この間みた乗員ともう一人の上甲鈑の扉から出たの見たことない開けっぱり青いシャーツを着る男。

「今日の予報は言った、モンバサに航するなら、また嵐が通り過ぎてないと。」

「あっ、僕らは人が足りないんだ。」

青いシャーツ男は会話に交わり。彼は僕らに向いていない、彼は地平線に集まった積乱雲に向いてる。

「その嵐が生き抜けたいなら、お前の力が必要だ。」

「あぁ、扶けする。」

「夜の島風がこの船を押し遣る前に、その嵐に着きなきゃ。」

「そう言えば、セオドア君。キミはまだ全員紹介してないよね。」

ヨルダンがそう言ったら、青いシャーツの男は近づいて、そして握手を供えて。彼は僕よりチョット背が高い、手の亘りだけくらい。少しイジイジしているが、僕は彼を返事する。彼の握りはけっこ強い。

「俺はダサン、この船の船長。」

「セオドア・クエンティン。」

ダサンの手が放す前に、次の男は待っている。それを知ると、すぐ手を移動する。次は半ズボンの男。

「ティムです。」

2秒だけ彼は僕の手を放った、そして僕は次の男に移動する。今度はモリーと言う男。

「知ってるよね、オレはモリー。」

彼の握りは強すぎて、僕は最初に手を放った。彼の顔から彼はなんか満足している。あの時の返しか?まいい。次は炎色縞シャーツの男。この中には、彼は一番気が安い格好している男。

「僕はアルヴィ。」

アルヴィの握りは最弱、弱いでも彼は最初に放すなかった。最後は一番若い男。僕は握手を供えてたら、彼はハイタッチを供えた。気まずいでも、僕はその手を返事させた。

「僕はペピー。」

それで全部になった。何も言わずに皆に眺めている。こんな騒がしい組に会ったら、僕はなんか不安になった。

「実は八人目の乗員がいた、だが彼は前回の嵐に亡くなった。」

ヨルダンは下甲鈑に指して、彼はその八番の死体が休めている部屋に指しているだろう。その方向なら、保健室のとなりの部屋だろうな。

「彼の名はベンだった。波が満ちると日が沈む前にまだ四時間がある。その前に俺らはその嵐に着いてなきゃ。」

ダサンが言った。

「そう、ダサンの言うとおり。」

ティムが賛えた。

理由は大体分かった。真昼から夜中までは海風が吹く。それを使ったら陸に到るのは楽になる、僕たちはただ波を乗ってるだけ。

「あぁ、時間がないんだ。荷物が保ってらない。」

甲鈑にあった穴に指しながらペピーが言った。

乗員全員がザワメキ始めた。全員異見なし。でも皆、同じ顔をしている、心配と遠慮。彼らの顔からには、皆は恐れている、あの八人目みたいに終焉が怖がってる。

「あの、済まんが。」

左手を上がってながら僕は交わった、彼らの気を引く。僕の意見を知らせる前に、僕は彼らのザワメキが止むまで待った。

「僕は無関係ですが、でもあなた達なんか友達にあった事に恐れているかと思って。」

「...」

「僕はあの人じゃないけど、彼ほどガンバル。いいえ、彼よりもっとガンバル。」

彼らの虚ろ顔からには、僕は正しいだったような。僕は彼らにとって全く無関係な人。でも彼らは僕を助かった、今度は僕が彼らを扶けないと。

「でもこうなら僕らはその嵐に生き抜かない。シッカリしなきゃ。僕はガンバル、あなた達もお願いする。」

「良い事言ったな。そうだ。ソイツの言う通り。俺らはいつもベンのことを悼みついてるにはいかない。弔意かと思った、でもこれはもう恐怖だ。」

ダサンが話すと、乗員の顔が明るくになった。

「良い事言った。」

彼が甲鈑の扉入る前に、ヨルダンが笑ってそして言った。

モリーもアルヴィもペピーも一人ひとりの持ち場に戻る前に僕の肩を扣いた。アルヴィとペピーは下甲鈑へ行った、モリーとティムは甲鈑に待ち受けてる。それで僕はダサンと二人になった。

「ベンはモリーとティムに帆係する。アイツらに手伝ってくれ。」

「あぁ、そうする。」

ダサンと僕は別れた。ダサンが甲鈑の扉に向かっているながら、僕はそして面舵にあってティムに近づいてる。

「おう。」

積乱雲の地平線に眺めているティムを挨拶した。

「...」

また地平線に眺める前に、彼はチョットだけ僕に向いた。彼はなんかまだその嵐に通り抜ける準備をしている見たい。

「ダサンがあなた達もに手伝ってくれって。僕はどうするの?」

「結び目のつなぎ合わし方してるか?」

「あ— あぁ。」

っていうか、どうやって僕はそんなことをしっている?一昨日の事が覚えてないのに、でもなんで結び目のつなぎ合わし方知っている?

「それなら大丈夫。」

少し間を置いたら、船はよく進めた。そうながら潮の沫が僕の顔に繁吹き。嵐に近づくほど、空はドンドン暗くなる、そしてそよ風も暴風になる。

「全員覚悟出来たな!」

船橋からダサンはさけんだ。

「ほらっ!綱を取っていけ!」

モリーが帆檣に登り始めた見るとティムは僕に叫んだ。

檣の下にあったニ本の綱を拾って、そしてその一本はティムに投げた。その綱を貰ったあと、彼は何かを僕に投げた。それを両手で不器用に受けた取った。手に見ると、アレはフォールディングナイフだと見つけた。まぁ、綱に結びすると、ナイフ持ってるのは自然だし。

「モリーが帆を下したらすぐ巻いて!

彼の命に僕は頷いた、そしてモリーが帆を下ろすを待って、そのフォールディングナイフをポコッとに入れた。彼に見上げたら、雨粒は降り始まった。

「一週間で嵐が二回なんて、オレ付いてねな。」

ティムはため息して、戯評をした。僕はただそれに返事を苦笑した。

「出来たぞ!」

帆檣の上からモリーが叫んだ、そして僕達に帆を落とす。ティムはその帆が甲鈑に着く前にそれを捕まえた、そして帆を巻いて始めた。

「何をボーッとしてるの?サッサと巻いて!」

ノロノロの僕にティムは叱った。彼は帆を随分巻いた。僕は追い付けないと。それで僕は巻いて始めた。巻きが平らったら、ティムはすぐ巻い続ける。かれは追い付かないほど巻くが早い。

その速さなら、7Mの帆を巻くは長くない。ティムはそして甲鈑の柵を乗って、その帆を棡に置い。彼は僕に向いて、そして帆柱に指す、僕に「帆を置い締めるに扶け」って言ったように。

その間に、モリーは帆柱から下ろした、僕らに扶けていく。この中には、僕は「何をするか」が分からない、一番鈍い。

「そこに登って、帆を締めろ!」

モリーは僕が棡に登るって命じた。何も言わずに、そうする。ティムは待っている間に、彼は帆の巻きを取って。

モリーは僕の方に帆を捧げて、そして僕がその帆を縛り上げてを待って。この雨はもう豪雨になった。何分だけで僕らはビショビショ濡れている。モリーの長髪のせいで、彼は髪を何度も繕ってた。僕の髪はそんなに長くないから、そうはいらない。

結節を結ぶ前にその帆巻きは十回くらい縛った。その後僕はモリーにサインをする、それを見ると、彼はティムの所に移動する。これを見ると、確かにモリーは僕より強い。この前帆巻きを捧げ見たら、僕は出来なかった。

「ティムさん、僕は手伝おうか?」

難しているティムに僕は叫んだ。

「いいえ、そっちにして!」

強風と船のユラリがティムを揺るがす。引っ掛けるだけではセイッパイなのに、でも彼は頑張り続ける。そんなでも、彼は僕の手を断った。

「アッ!」

「何があった?」

痛いそうな叫くが聞こえた。ティムを見ると、彼は左手の親指と人差し指の間にを吸いてる。彼は手を切ってしまった見たい。

「大丈夫か?」

モリーが聞かせた。

「ナイフ落とした!」

そうだった。彼は手を切ったとナイフが落とした。でも彼はまだ帆を縛ってない。僕は縛るのも早めてる。

「ちょっと待って!すぐ終わるから!」

彼らはシッカリしている見たいけど、でも彼らは早くと欲しいだろう。

「よし!出来た!」

帆柱から飛び降りて、そしてティムとモリーのもとに行く。でも甲鈑に着くと、船は潮流にぶつかった。そのショックは僕とモリーとティムを投げ飛ばした。僕は立ち上がるながら、モリーもティムを立ち上がらいてる。

そのナイフを彼に渡す、だがティムは首を振った。彼が吸いてる手からには血が流れてる。その傷ふかそうな。

「オレ機関室に向かってくる、ここには役立たないし。代わりにアルヴィやペピーを頼むする。」

「いい、ティムさんはそこでいい。」

僕とモリーは彼の用事を片付けなきゃ。アルヴィとペピーは甲鈑係にならない。それだからティムの提案を断った。

「あぁ、お前はアイツらを扶け。」

モリーが賛成した。

それに、アレはいらなかった。ティムが下甲鈑に入った直ぐで、僕は帆を縛った。その結び目は堅くないか確かめて、少し揺られた。

「出来たか?」

モリーが聞いた。

「あぁ。」

「じゃ、ここには終わったな。船橋でまってよう。」

僕がナイフをポケットに入れたら、少し空に眺めていて。この景色、なんか覚えてるな。僕が何も出来ずにただこう見たいの空を眺めてた、現実を見わからない時と同じ。

「何してるの?」

モリーが船橋の扉から僕に叫んだ。声が大きでも、嵐の声があったらよく聞こえなかった。でも少しだけ、彼の声が聞こえた。

「あぁ、今行く。」

「危ない!」

下甲鈑から急に悲鳴が聞こえた。ティムの声ではなく、アレはペピーの声だった。

「どうした?」

ペピーが慌ててる走っているを見ると僕は聞いた。

「機関がオーバーヒートしている!」

「何だと?」

「エンジンがオーバーヒートしているって!」

「どうすればいいの?」

「冷やさなきゃ!水を撥ねてみて!」

「分かった!ダサンに伝えて来る!」

ペピーと別れた。僕はすぐ船橋の扉へ向かって。

「ダサン!エンジンがオーバーヒートしている!」

その部屋の開けた扉からに叫んでた、声が大きかった気がしたし。

「クソッ!消す!消すんだ!冷やせてくれ!」

そうに決まってる。それを聞くとすぐ、ピシっとドアを閉めて、そして下甲鈑の機関室へ行った。でも下甲鈑に入る前に、アルヴィと出会った。彼とブツカリ惜しいかった。彼が持っているは四丁の桶。

「この桶に注げてくれ!」

「おぅ、後ダサンがエンジンを消すって。」

「分かった!」

彼はその四丁の桶を僕に渡した、それですぐ雨水を詰める。詰めるには長くない、桶が四半分詰めていると、他の三丁の桶はもう一つに詰み込んでる。そしてその一杯のおけを機関室へ持ち上げていた。

「水だ!」

「エンジンに潑れ!」

何も言わずに、アルヴィの手順を従える。一息で桶の中身をエンジンに被る。水蒸気がボヤボヤに散らせて、それじゃエンジンはまだ焼いてる。

「水を持って来る!」

止まらせずに上甲鈑に走った。桶は全部溢れている。この空っぽの桶は置いて、そして二杯の桶を持ち上げていた。

「津波だ!」

「ハァ?」

誰かが船橋から叫んでいた、雨粒が顔に痛いが、でも見上げると、ヨルダンが船橋から覗けている。

「取り舵から津波が来る!エンジンを点けろっ!」

「まだ焼いている!」

「舵を切れないと撃沈しまう!」

また下甲鈑に走った、今度は二杯の桶を持っている。この廊下の果てに着くと、僕は保健室の向いにあった機関室を入った。

「エンジンを点けろ!」

機関室入った途端、僕は叫んだ。ティムもアルヴィもペピーは僕を不服に睨んでいる。彼らが僕をまだ睨めているながら、僕は桶を被されている。

「何を言ったお前?エンジンはまだ焼いているだろう。」

アルヴィが返事をくれた、そうながら彼は平手でエンジンに指している。

「分かってる。でも津波がくるそう。舵を切れなきゃ。」

「エンジン爆発しまうぞ!」

「僕らが渡り合える中、その津波は止まらずに近づいてるだろうが。エンジンを点けるしかいないだ!」

空っぽの桶を置いた、そして次の桶を被る前に僕は返事をした。

「クソ。エンジンを点けろ。」

アルヴィは諦めた、エンジンがまだ焼いても彼はティムとペピーにエンジンを付けるって命じた。僕は桶を被れている中、彼らはまだエンジンをつけている。ペピーは発電機に索条を包む、そして発電機を点けるにその索条を何度も引っ張った、僕が桶を被った後、その発電機はやっと点けた。

「僕は水を持ってくる、そしてダサンに言われてくる!」

桶を拾って、そして上甲鈑に走り抜けた。甲鈑に着くと僕が持っている桶を取り返して、その後僕は船橋に見上げてる。

「エンジンは点けた!」

「もうダメだ!何かに捕まえろ!」

ヨルダンは注意した。目の済から見かけた。取り舵から、最初は空かと思った、10Mくらいの津波は立ち伸びている。僕は怯えてて、桶まで落としちゃた。

逃げるもないか。

正気になったら僕はすぐ取り舵甲鈑の柵に走ってそして捕まえた。機関室の連中も言われたかった、でも時間がない。でもなぜか、僕は柵に捕まっている時、僕はまた鼻血が出るそう。なんてタイミングだ。

「じゃ———君、海を見に行くは約束ね。」

「何?」

誰かの囁きが聞こえた。どうして?誰かがここで叫んでも、ギリギリに聞こえてるのに。だがこの囁きはハッキリ聞こえた。

その癒し系な声は知っている。アレは夢に会った白い影の声だった。僕今夢していないよね?それを確かめて、僕は親指を噛む。痛い。夢じゃない。じゃ何でその声を聞こえてるの?

津波が落ちたら、その水勢は船に45度傾けている。流れていて、この船はもっと傾けていく。ちょっとだけ傾けると、この船は転がりする。

今は、頭に鋭い頭痛している、鼻血も止まらない。痛みを抑えてに目を閉じて浜で摩せて、目に右手で押した。でもどうしてもこの頭痛は鋭すぎて堪まらないた。

「...」

しばらく目を閉じると、不思議な物があった。雨の音は急に止まった、その代わりに穏やかな波の音になった。ソット目を開けると、頭痛の痛みは消してゆく。目が適応しているうちに、僕を見ることはありえない風景だった。

何の千の、いや、何の百億の雨粒が目の前に浮かんでいる。空はまだ暗いでも、嵐が消えた。

「何があっ——」

ティムとアルヴィとペピーは驚いた顔で下甲鈑から出していた。僕はそっと立ち上がってこの状況を理解して見た。ヨルダンとモリーとダサンもそんな顔をしている。

一つの雨粒を触ると、その雨粒はゲル見たいに広がってく。指が下がっても、その雨粒は元の形に戻らない。甲鈑にあった男たちもそうやって見たら、結果は同じ。

最初にこの幻想的な現象から戻ったはダサン。海が冷静しているうちに、彼はすぐ船を動かせる。このままで、僕らはこの嵐を生き抜けた。その後も、何があったか僕らはまだ分からないまま。

乗員全員は合理的な説明を話してみた。でもペピーの超自然な話以上には、皆は毛唐が付かなかった。でも僕はなんか、それは自分のせいかもしれないとか思った。

何時間の後、僕が夜の穏やかな地平線に眺めている時、ヨルダンは僕に会った。彼は僕に気に入ったココアをくれた。

「今日はどう思う?」

彼がそう聞いたら、目が怪しく見えた。彼は僕が何かをしたかと思うだろう。

「僕も分からない。」

彼は何を思ってるかは分からないけど、でも彼はぼくに信じているみたい。

「それよりさ、ありがとう。」

「なにを?僕は何もしてなかったよ。」

彼はまた沈黙した、答えを考えてた。

「一つ言いたい事がある。」

「何だ?」

「私がソイツらがキミをモンバサに向かって来るって言った時覚えるな?」

「そうですが。」

「私は嘘をついた、ソイツらはキミに向かって来れない。」

「いいよ、僕はインドに何とかする。」

「そうじゃない。」

「ん?」

「私は言うのは、ソイツらはキミを向かって来る為に待ってるではなく。」

「ヨルダンさん、何言ってるの?」

「昨日我らがキミの事を報告すると、我らは知ったんだ。キミは飛行機事故の被害者じゃなくて、キミは飛行機事故の加害者だって。」

「えっ?」

「キミが探されている理由は、キミはグレヤ・アインホーンの私立企業のヘリコプターを崩落しただって言った。」

彼が言ったことは僕にショックを当たった。感情が複雑になった。思考はその情報を捌いてるに忙しくて、自分の目も膨らめた、全ての周りに聞こえなくなる。

「いま、何と言った?」

またあの名だ。自分が何度も聞いてた名前だった。その名は重要だって分かる、でも何だって?僕は飛行機を崩落した?僕に何があったんだ?記憶を失って、何度も夢想を見た、自分の本名まで知らないのに、そしてこの前の在った事は...

僕は一体何者なんだ?

http://anssenverse.blogspot.com/2015/09/allblack-alpha-kouhen.html
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ