挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ジェノヴァの瞳 ランシィと女神の剣 作者:河東ちか

第一章 神官グレイスの章

16/74

第四話 ふさわしい強さと心 1-1

 大人が座るにはちょっと小さい鏡台の椅子も、ランシィには十分な大きさだった。凝った刺繍の施された布張りの、背もたれのない四角い椅子を、ランシィは最初、座るものだとは思わなかったようだ。物珍しそうに眺めるその小さな体をきちんと座らせ、湯気の立った陶器のカップを差し出したのは、金髪の美しい歌姫パルディナだった。
 カップの中では、赤茶色の液体が湯気と一緒に甘い香りを漂わせている。ランシィは不思議そうに、パルディナとカップの液体を交互に見やると、おそるおそるそれに口をつけた。なにに驚いたのか、目をまん丸にしてグレイスを見上げる。
「それは、コアコアって言うんだよ」
 沸かした湯を次のカップに注ぎ、棒でかき回しながら答えたのは、歌姫の舞台でリュートを弾いていた男だった。間近で見ると、思っていたよりも年配のようだが、細身ながら姿勢もよく声にも張りがある。町のおしゃれな酒場で酒でも作らせたら、しっくりしそうな雰囲気だった。
 ユーシフと名乗ったその男は、ランシィの後ろで肩身狭そうに立っているグレイスにもカップを差し出してきた。
「あまり多く飲むと逆に目が冴えてしまうんだが、体を温めるにはいいだろう。その子のは、ちょっと甘めに作ってあるよ」
 ユーシフはそう言うと、自分は暖炉の前に持ってきた椅子に腰掛けた。グレイスは受け取ったカップの表面を眺め、さっきのランシィと同じようにおそるおそる口をつけた。
 赤土を溶かしたような見た目とは裏腹に、甘くて、多少苦みはあるがコクもある不思議な飲み物だった。確かに、これなら体が温まりそうだ。パルディナは自分もカップを片手に、物珍しそうにコアコアを飲んでいるグレイスとランシィをしばらく眺めていた。
「あなたも、遠慮してないで座れば?」
 言いながらパルディナは、自分が椅子代わりに腰掛けている寝台の隣を意地悪く示した。
 防戦一方の情けない自分の姿が思い出されて、グレイスはぎこちない笑顔で首を横に振った。その態度がまた不満だったのか、パルディナが判りやすく頬をふくらませ、グレイスは内心で冷や汗をかいた。
「もう、そのくらいにしときなさい。その神官さんはお前を助けに入ってくれたんだろう?」
 苦笑いしながら、ユーシフがパルディナをたしなめる。パルディナはいたずらがばれた子供のように肩をすくめた。
「だって、悔しかったんだもの。今まであの歌の最中に、横を向いてお喋りする男なんかいなかったんだから」
「だからあれは絵のことを……」
「それはさっき聞いたわよ」
 つい言い訳がましい口調になってしまうグレイスを、パルディナが冷ややかに見返した。言葉に詰まったグレイスをしばらく眺め、今度はくすくす笑い出す。
 化粧を落とし、丈の長い夜着に着替えたパルディナは、舞台での大人っぽさが嘘のようだった。ひょっとしてグレイスよりも年下なのかも知れない。美しさに変わりはないが、細めた目元にはあどけなさまで感じられる。化粧は見た目を補うためではなく、歌にあわせて雰囲気を演出するためのものなのだろう。
「いいわ、その子に免じてもう許してあげる」
「それはどうも……」
 反射的に頭を下げてから、なぜ自分がここで礼を言わなければならないのか、思わず考えてしまった。許すも許さないもなにも、自分はなにひとつ悪いことはしていないはずなのだが……
「で、時の選びし者とか、ジェノヴァの剣とか言ってたのは、あれはなぁに?」
 両手でカップを抱え、大事そうにコアコアを飲んでいたランシィの動きが止まった。灰色の服の男との会話を思い出したのだろう。しかし、あの男の声がいくらよく通るものだったとはいえ、パルディナはあの場にはいなかったではないか。
「商売柄、耳はいいのよ。様子を見るのにちょっと扉をあけたら聞こえてきたんだけど……」
 問うように見返したグレイスに、パルディナは形の良い自分の耳を指さした。
「あたしからは見えなかったけど、あなたたち以外にも、誰かいたわよね? ジェノヴァがどうとか言っていたのは誰?」
 確かに、歌姫にとって耳は喉と同じくらい大事なものだろう。しかし、あの距離で声色の違いまで聞き分けるのか。グレイスは内心舌を巻いた。
 別に、ここでパルディナに全てを語る必要はない。歌姫とは今日初めて出会ったばかりで、ランシィなどまともな会話は今が初めてなのだ。
 しかしランシィは、いろいろ思いを巡らすグレイスにはお構いなしで、灰色の右目で真っ直ぐにパルディナを見た。
「左目を取り戻したければ、強くなれって言われた」
 そう言われてパルディナは、左目を覆うほど伸びたランシィの前髪の意味に気付いたようだ。
 ランシィの左目はまぶたが開かないだけで、一見しただけでは異常があるようには見えない。見る者は、横着で髪を整えてないだけのように思うらしかった。
「ジェノヴァってあの絵の女の人なんでしょう? あの人が剣をくれたら、目が見えるようになるの?」
「ジェノヴァって……女神ジェノヴァの事よね?」
 ランシィの言葉を、パルディナはいぶかりも笑いもしなかった。
「カーシャムの半身で、戦と裁きを司る、隻眼の女神。王国サルツニアの伝承では始祖シャール大帝を守護する証として、自分の『裁定の左目』の入った神剣ジェノヴィアを与えたのよね」
 グレイスの知識にはなかった、サルツニアの始祖の名前まで知っている。
 一般に、歌姫や吟遊詩人と呼ばれる者たちは、歌そのものだけではなく、各地の伝説や古い文化にも詳しい。歌の背景にある人間関係や人々の生活にも精通しているからこそ、人の心に訴えかける歌が唄えるのだろう。
 パルディナはしばらくランシィを見た後、どう答えていいか判らないでいるグレイスに目を向けた。
「あなた、なにも言わなくていいの? サルツニア国内にある神剣ジェノヴィアは、カーシャム教会の見解では、本来の女神ジェノヴァとは無関係なことになってるんじゃないの?」
「それは……」
 現状の教会の見解にあわないからと、頭から話を否定する必要はないと、グレイスは思っている。神剣ジェノヴィアに関しては、証拠になるものをサルツニアが外に出さないから、教会側の考察や検証が進んでいないだけなのかも知れないのだ。
 だがそんな理屈よりも、グレイスには、あの絵を見た時に思い出したサルツニアの騎士剣に埋め込まれた紋章の意味が、すとんと腑に落ちてしまったことの方が重要に思えた。
「……あの絵以外にも、この子と女神ジェノヴァが関わるような心当たりが、あなたにはあるのね?」
 なんと聡い娘なのか。確信を持ったパルディナの瞳に、グレイスは否定も肯定もできず黙り込んだ。
「グレイスさん、だっけ?」
 それまで黙って話を聞いていたユーシフが、静かに笑みを浮かべた。
「あんたみたいな若い神官さんが、こんな冬の時期に、小さな女の子を連れて旅をしているっていうのも、なにか理由があるんだろうね。見た感じ、妹さんってわけでもないようだし」
「はぁ……」
「神官さんなら、教養もあるだろうし頭も働くだろうが、パルディナには、あんたの知らない、いろいろな伝説や伝承の知識がある。俺はただの旅芸人だが、あんたにはない人生の経験ってものがある。なにか変わった事情があるのなら、知恵を貸すくらいのことはできるかも知れないよ」
 確かに、一人で考えることには限界があるかも知れない。王都までたどりつければ、カーシャムの教会に限らず公的機関に相談もできるが、それまでは一人でランシィを守らなくてはいけない。
 相談までいかなくても、客観的な意見を言ってくれる者がいればそれだけで心強いかも知れない、とは思う。
「ひとつの視点からじゃ見えないことが、ほかの人間の目からならあっさり見えることもある。たとえなにもできなかったとしても、人に話すことで流れが整理できて、今後のことを考える助けになるかも知れない。どうだろう」
 だが、出会ったばかりのこの二人に、ランシィの事情を簡単に話してしまっても良いのだろうか。グレイスは伺うようにランシィに目を向けた。
「……このひと達に、君のこれまでのことを話してもいいと思うかい?」
 すっかりカップを空にして、底に残る赤茶色の粉をもの惜しげに眺めていたランシィは、グレイスの声に目を瞬かせた。少し考えて、
「『外套着せたって、足が雪の中に埋まってたら冷たいじゃない、早く戻ってきなさいよ』」
「え……?」
 パルディナとグレイスが揃って声を上げた。はっとしてグレイスがランシィの足を見ると、だいぶ乾きかけてはいたが、雪に埋まった部分の服の裾に濡れた後があった。
「このお姉さん、いい人だと思う」
「あれが聞こえたの? ……まいったわね」
 パルディナが離れた場所から雪の中での彼らの会話を聞きわけたように、ランシィにも、離れた場所で見ていたパルディナの呟きが聞こえていたのだ。双方の声量に差があった分、聴覚の鋭さはランシィの方が上のようだ。
 パルディナの表情が、子供を見る大人の顔から、対等の相手を見るものに変わったのを、グレイスは見て取った。
「最初から、あなたに聞くべきだったわね。ランシィ、あなたの事情や、さっきの雪の中の出来事を、教えてもらって構わないかしら?」
 ランシィは小さく、だがはっきりと頷いた。
 ランシィには、知識や経験のある者から積極的に意見を取り入れようとする柔軟さがある。今はランシィの判断を尊重してみよう。グレイスはカップの中の液体を口にしながら、なにから話すのが一番判りやすいのか、思案を巡らせ始めた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ